夏の子どものプール熱とは。どんな病気?|専門家の見解

夏の子どものプール熱とは。どんな病気?|専門家の見解

Bu facebook
Bu twitter

夏風邪は長引くことが多く、せっかくの楽しい夏休みの予定が台無しになってしまうことも!

そんな「夏ならでは」の病気の一つが「プール熱」です。正式には「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」という病気で、幼児から学童にかけての子どもが感染しやすい病気です。

プールの水を介して、目の結膜からウイルスが感染することが多いという特徴があるため、「プール熱」と呼ばれています。

プール熱ってどんな病気?

プール熱,プール熱,とは, 出典:ixil.info

プール熱は、「アデノウイルス」というウイルスによる感染症です。

このウイルスは非常に感染力が強く、流行しやすい特徴があります。7~8月をピークに、夏場に流行することが多いです。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP