年齢別子どもの習い事おすすめを紹介!

年齢別子どもの習い事おすすめを紹介!

Bu facebook
Bu twitter

最近では、小さいお子さんから習い事をさせる家庭が増えています。
中には、4つも5つも習い事を掛け持ちしている!というお子さんも少なくありません。
「ピアノ・ダンス・スイミング・体操」や「英会話・学習教室・ダンス・スイミング」を習っています。など複数の回答をするママが年々増えている気がします。
今回は、年齢別の子どもの習い事おすすめ8選をご紹介します!

1.【0歳~】スイミング

pool-84542_640
ベビースイミングは生後6か月くらいから受講可能のスイミングスクールが多くあります。
2歳くらいまではママ同伴でママも一緒にスイミングを楽しむことが出来ます
もちろん、3歳くらいからや小学校入学頃から初めてもOK。
お水が苦手!という子どもでも、幼稚園などのお友達と一緒に始めれば抵抗なく始めた!という子も。

2.【0歳~】英会話

school-926213_640
英会話は、0歳から受け入れしている教室も沢山あります
筆者の2歳と5歳の息子は、次男は生後2か月、長男は2歳から週一で通っています。
次男は英語にはまったく抵抗なし。長男は楽しそうに通っています(自己紹介や簡単な受け答えならOK)
伸びしろをぐっと感じたいなら4歳以降に、言語として耳を作って上げたいなら0歳から通うのがおすすめ。

3.【1歳~】リトミック

music-818459_640
0歳から通える教室ありますが、あんよが出来る様になる1歳くらいからがおすすめです。
可愛く体でリズムを刻む姿をみればママもとっても癒やされます。
音楽系や体操系の習い事をしたいけど迷っている!というお子さんにも。

4.【3歳~】体操教室

children-334528_640
体が十分に動かせる、走ったり飛んだり自由にきく、3歳くらいから始めるのがおすすめ。
幼稚園のカリキュラムに体操教室が含まれているという園もおおくありますよ。
楽しく体を動かしてほしい。運動が大好きになってほしい!という親子にぴったり。

5.【3歳~】ピアノ

piano-606080_640
ママやパパ世代には定番の習い事だったピアノ。
現在は、家にピアノがなくてもキーボードで気軽に始められる教室も増えています
他の楽器やダンスと併用で、通っているというお子さんもいるようです。

6.【6歳~】絵画・工作

children-834275_640
小学校就学と同時に、発想力豊になる絵画、手先が器用になる工作を習い始めるお子さんが多い様です。
自由におもいっきり自分の感性を表現して欲しい!という親御さんに人気。
家ではなかなかできない、絵の具でおもいっきりお絵かきなどお子さんも楽しく通えるようです。
もちろん、幼児期から受け入れをしている教室はたくさんありますよ。

7.【9歳~】プログラミング

coding-924920_640
大体小学3年生くらいから、受け入れをしているプログラミング。
プログラミング教室は、まだ数が少なくその上人気で定員が満席の教室が少なくありません。
理由は…ゲームをするより、子どもの発想を活かしてゲームを開発するなど学習に意識を向けたいというママ達が増えていること。ローマ字が自由に読み書きできるようになると始められるようです。
まずはワークショップなどでお試ししてみてはいかがでしょうか?

8.【10歳~】学習教室

pencil-968952_640
くもん・学研教室などが有名ですよね。
ベビーくもんのように小さい習い始めることもできますが、学習塾系は幼稚園受験を目指す子は就園前から。
就学前から習い始める子もいるようですが、幼児から小学校低学年までは基礎を中心とした学習教室に通う子がいるようです。
多いのは小学校中学年や高学年ごろから。
苦手な科目が出てきたから苦手克服。や今後を見据えて進学塾に通い出す子が多いようです。

どの習い事に通わせたいですか?

boy-838251_640

習い事をした方がいいのか?しなくてもいいのか?はそれぞれの家庭で考え方が違うようです。
5歳の子どもをもつ、両親が学校の先生という2家族のママに聞いたところ1つの家庭は「習い事はさせない方針、就学後学校の活動や勉強以外に余裕があれば検討」。もうひとつの家庭は「ママが小さいころ習っていたのでバレエ(女の子)を習わせているけど、本人が辞めたいといえばいつでも辞めさせる」とのこと。

習い事をしているからどうとか、していないからどうということはありません。
子どものが「習いたい!」と思えば始めるといいと思いますが、イヤイヤすると伸びないだけではなく、お子さんストレスのなるので臨機応変に対応を!

筆者宅は、英会話の他に、冬期にスキー教室に通っています。
本人のやりたい!の気持ちで通っていますが、とても楽しそうですよ。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP