授乳クッションは手作りできる!簡単な作り方と材料をご紹介

授乳クッションは手作りできる!簡単な作り方と材料をご紹介

Bu facebook
Bu twitter

赤ちゃんに授乳する時に、あると便利な授乳クッション。ベビーグッズのお店や販売サイトでもいろいろな種類がそろっていますね。実は、手作りすることができるのです!

簡単な作り方をご紹介しますので、自分だけのオリジナル授乳クッションを作ってみてはいかがでしょうか。

【簡単な手作り授乳クッション(1)】授乳クッションとは?いつまで使う?

便利で長く使う授乳クッション、簡単に手作りできます

オリジナルのクッションをリーズナブルに手作り,授乳クッション,手作り,簡単

授乳クッションとは、授乳の時に赤ちゃんを支えてくれるクッションです。授乳の際には、赤ちゃんをママの腕だけで支えていると疲れてしまいます。

赤ちゃんと腕の下に授乳クッションを敷くことで、ちょうど良い高さが保たれ、授乳しやすくなります。

また形状によっては妊娠期から抱き枕として使えたり、赤ちゃんのおすわりを支えるクッションとしても利用できます。

このとっても便利な授乳クッション、実は簡単に手作りすることができますのでご紹介します。

【簡単な手作り授乳クッション(2)】授乳クッション手作りの材料

必要な材料はこの3つ!100均でそろえられるものも

好きな色柄の布を用意,授乳クッション,手作り,簡単

今回は、もっともポピュラーな形のコの字型クッションの作り方をご紹介します。

必要な材料は次の3つです。

<材料>
・80cm×70cmの布 2枚
・綿 800g~1000g
・縫い糸

布は赤ちゃんに触れるので、肌触りの良いものが向いています。古いシーツなどを再利用してもよいですね。

綿は高さと丈夫さを出すためにたっぷり用意しましょう。糸はミシンを使用する場合はミシン糸を、手縫いの場合は手縫い糸を用意します。

この他に、次の道具が必要となります。

<用意するもの>
・型紙用の紙(新聞紙やチラシなどを利用してもOK)
・チャコペンシル
・断ちバサミ
・ミシンまたは縫い針

また、洗えるようにクッションカバーも作りたい場合は、さらに布を2枚とファスナーを用意すると良いでしょう。

レースやリボンやアップリケなどを付けても可愛いですよ。

【簡単な手作り授乳クッション(3)】作り方・1 型紙を作ります

サイトで無料の型紙も

一般的なコの字型のクッション,授乳クッション,手作り,簡単

サイトなどでお好みの形やサイズのものを探して紙に切り抜きます。

「授乳クッション 型紙」で検索すると無料の型紙がたくさん出てきますので、お好みの形やママの体に合いそうなものを選ぶといいですね。

そのまま印刷して使用できるものの他、寸法が記載されているサイトもありますので、新聞紙など大きめの紙に写して切り抜きます

一般的なコの字型のクッションの場合、胴周りが直径約20cmくらいの半円に、幅を30cmほどもたせた形が多いようです。

【簡単な手作り授乳クッション(3)】作り方・2 布を裁断します

裁断しましょう

布を裁断します,授乳クッション,手作り,簡単

型紙を布に置き、チャコペンシルでなぞります。

なぞった線から1.5~2cmほど外側を断ちバサミで切ります。この1.5~2cmが縫い代となります。

もう一枚の布も同様に切ります。

【簡単な手作り授乳クッション(3)】作り方・3 縫い合わせます

チャコペンシルの線に沿って縫い、最後は残します

手縫いでもOK,授乳クッション,手作り,簡単

チャコペンシルで描いた方を表にして2枚の布を合わせて、チャコペンシルの線に沿って縫っていきます。

縫い始めの手前20cmほどまで縫ったら糸を留め、布を裏返します。

【簡単な手作り授乳クッション(3)】作り方・4 綿を詰めます

たっぷりと綿を詰めましょう

たっぷりの綿,授乳クッション,手作り,簡単 出典:www.amazon.co.jp

縫い残した部分から綿を詰めます。たくさん詰めればクッションに高さが出ますし、へたりにくくなるので授乳が楽になります。

惜しまず、たっぷりと詰めましょう。実際に体に装着しながら量を調整するといいですよ。

このスポットの基本情報、口コミはこちら

【簡単な手作り授乳クッション(3)】作り方・5 縫いとじます

綿を入れた部分を縫えば完成!

コの字クッションの完成,授乳クッション,手作り,簡単 出典:www.amazon.co.jp

綿を入れた部分を縫いとじれば完成です。

たっぷりと綿を入れていると縫いにくいので、その場合はゆるく縫って最後に引きしめてもいいでしょう。

【簡単な手作り授乳クッション(3)】作り方・6 ちょい足ししてアレンジしても

レースやリボンを付けたりカバーを足せばオリジナルクッションに

カバーを変えて気分転換に,授乳クッション,手作り,簡単 出典:www.amazon.co.jp

クッションにレースやリボン、アップリケなどを付けてもいいですよ。イニシャルの刺繍などを付けてもおしゃれになります。

また別の布を用意し、クッションより少し大きめに縫って最後の縫い終わりにファスナーを付ければカバーにも。

洗い替えや気分転換のために何枚か用意してもいいですね。

まとめ

探してみるといろいろな種類がある授乳クッション。どれにするか迷ったら手作りしてみるのもいいです。

意外と簡単でリーズナブルに作れるのでおすすめです。

赤ちゃんとのスキンシップが豊富な授乳期から長く使えますので、ぜひお好みのものを作ってみて下さいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP