気になるあの会社を応援!クラウドファンディングの仕組みとは?

気になるあの会社を応援!クラウドファンディングの仕組みとは?

Bu facebook
Bu twitter

最近話題のクラウドファンディング。私も気になるプロジェクトを応援してみたいけれど、いまいち仕組みがわからないんだよね……。

クラウドファンディングって、どんな仕組みなのかな?と気になっている方に。近年、拡大しつつあるクラウドファンディングの仕組みと活用方法について、今回は解説したいと思います。

■クラウドファンディングとは?

少しずつ耳にする機会が増えてきた「クラウドファンディング」という言葉。いったい、どういう仕組みなのかご存知でしょうか?

クラウドファンディングを「クラウド」と「ファンディング」の二語に分けると、理解しやすいでしょう。

・クラウド=群衆から、インターネット上の
・ファンディング=資金調達

つまり、主にインターネットを通じて、事業やアイディアの実現のために、広く不特定多数の方から資金調達をすることと考えれば良いでしょう。通常、株式上場や銀行借り入れにより資金調達を行いますが、これから事業を起こそうとしている個人や団体では、そうはいきませんよね。そこで、SNSなどを利用して、インターネット上で趣旨や目的などを宣伝し、賛同してくれる人たちから資金を調達するというわけです。そして、集まった資金をもとに事業を行っていくのです。結果的に事業が成功した場合には、出資金に対しての見返りがあるかもしれません。詳しくは後述しますが、金銭的な見返りのこともあれば、そうでないこともあるようです。

■クラウドファンディングの種類と特徴

そんなクラウドファンディングですが、いくつか種類があります。まず最初の分類方法として、出資したお金に対してリターンがあるか否かがあります。出資金の戻りが無いタイプを「非投資タイプ」、戻りがあるタイプを「投資タイプ」と呼びます。そして、「非投資タイプ」「投資タイプ」のなかでも、さらにいくつかのタイプに分かれていますので、以下で詳しくみていきましょう。

【非投資タイプ】

非投資タイプのなかでも、さらに2つに分けることができます。

1.寄付型:その名のとおり、社会貢献として寄付を募るタイプです。震災時の寄付などをイメージすると良いでしょう。

2.購入型:直接的なお金のリターンはありませんが、事業活動のサービスや製品でリターンを受けられるタイプです。たとえば、スポーツチームの活動資金に出資したとしましょう。その場合に、出資への対価として「選手のサイン入りユニフォームがもらえる」といったイメージです。

【投資タイプ】

その名のとおり、投資の手段として考えるタイプです。「何を目的として投資するか?」によって、以下の3種類に分かれています。

1.ファンド型:出資金だけでなく、収益の一部を受け取るイメージです。非投資タイプの購入型同様に、製品やサービスでリターンを受けられることもあります。たとえば、パン屋の開業資金に出資したとすると、事業が順調に拡大した結果、出資金とともに売り上げの一部や新製品のパンがもらえるようなことをイメージすると良いでしょう。

2.貸付型:いわゆる「融資」です。融資金額に対して、融資金額分が返済されるまで毎月一定額の金利を受け取れる仕組みです。ご自身が銀行の代わりになったと考えると理解がしやすいですね。

3.株式型:出資金が株式として換算されるタイプです。いずれ上場を考えている企業などであれば、将来的には大儲けなということもあるかもしれません。個人というよりも、ベンチャー企業などへの投資といったイメージに近いかもしれません。

■税制面の優遇はあるの?

では、いざクラウドファンディングをした場合、何か税制面の優遇などはあるのでしょうか?今回は、出資金のリターンが無い「寄付型」で考えてみましょう。

クラウドファンディングの場合は、残念ながら税制の優遇はありません。そのため、「確定申告の際に諸手続きを!」ということもありません。ふるさと納税であれば物品のプレゼントだけでなく、税制の優遇措置もあることを考えると、クラウドファンディングは損をしている気がするという方もいらっしゃるかと思います。しかし、自然災害などに対する募金をしても特に特典がないことを考えると、税制の優遇がないことも納得できるかもしれませんね。

ただし、寄付先が「特定寄付金」に該当した場合は、確定申告をすることで税金が安くなるということもあるようです。とはいえ、特定寄付金に該当するようなプロジェクトは、あまりないようですが……。

■FPから見た活用方法と注意点とは

では、クラウドファンディングは、どのように活用すれば良いのでしょうか?

まずは、自分に合うのは「非投資タイプ」なのか?「投資タイプ」なのか?を考えましょう。投資タイプを選択する場合は、通常の株式や投資信託と比較することもお忘れなく!その際には、主に事業立ち上げのフェーズになるので、通常の株式などよりも倒産リスクが高いということをきちんと理解しておく必要があります。一方、非投資タイプを選んだ方は、ご自身が応援したい事業であるか?を考えると良いでしょう。もし、応援したい事業なのであれば、購入型であればオマケもついてくるので、一石二鳥ですよね。

今後、起業のための大きな選択肢になるのでは?と期待されているクラウドファンディング。興味のある方は、こまめにチェックしてみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP