オバサン顔にならないために 眉間のシワの簡単予防法

オバサン顔にならないために 眉間のシワの簡単予防法

Bu facebook
Bu twitter
仕事で考え事をしたり、子どものいたずらを叱ったりで、気づくと眉間にシワが寄っていることはありませんか?


© Antonioguillem - Fotolia.com



眉間にシワがあると一気に老け顔に見えてしまうほか、「いつも不機嫌そう」「怖い」という印象を持たれてしまうことも。シワが固定されてしまう前に、毎日の生活の中で予防していきましょう。

■眉間のシワを招くNG生活習慣とは
眉間にシワができる大きな原因が、普段の表情グセです。とくに仕事で長時間パソコンのモニターに向かい合っていたり、集中して家事をしたりしていると、気づかないうちに眉間にシワが寄っていることが。

眉間はもともと皮膚が薄く、意識せずに何度もシワを寄せていると、くっきりと刻みこまれてしまいます。集中するとシワが寄るクセのある人は、普段から意識してリラックスするようにしましょう。

さらに、眉間にシワの跡が残りがちな人は、寝ている間の姿勢が原因になっている可能性も。いつも横向きの姿勢で眠っていると、眉間の脂肪が中央に寄り、シワができやすくなるんだとか。

眠るときは仰向けになり、両腕を体に沿わせて肩甲骨を回し、肩の位置を下げるようにしてみてください。体の緊張がほぐれて呼吸が楽になり、シワもできにくくなるのだそう。


■シワを防ぐ顔エクササイズ
眉間のシワ予防のために、自宅でできる簡単なケアが顔マッサージです。

まずは思い切り目を見開き、おでこの皮膚を持ち上げるような気持ちで視線を上へ向けます。それから舌をぐっと下に出し、その状態のままできるだけキープします。

また、口角を上げて笑顔をつくるのも効果的です。口角を上げると眉間が広がるため、シワを伸ばすことにつながるのだとか。眉間のシワ解消と同時に表情筋も鍛えられ、フェイスラインのたるみ防止にも効果的です。

顔エクササイズは特別な道具も必要なく、気軽に試すことができるのがメリット。気づいたタイミングで、毎日行ってみてくださいね。

■眉間のシワ解消のための簡単マッサージ
眉間のシワ解消にはマッサージもおすすめです。

両手の人差し指と中指、または中指と薬指の2本を使い、眉間から額の中央に向かって軽くなぞります。次に斜め外側、最後に左右に向かって指でなぞればOK。

肌の負担にならないように、マッサージの際にはオイルやクリームを塗りましょう。力を入れすぎず、やさしく指をすべらせるのがコツです。慣れるまでは鏡を見て、位置を確認しながら行うとよいでしょう。

また、紫外線や乾燥などもシワを加速させる原因になります。マッサージなどのケアと同時に、保湿や紫外線対策も忘れずに行ってくださいね。

(かとうともみ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP