栄養価アップ! ブロッコリースプラウトで「夏の万能薬味」

栄養価アップ! ブロッコリースプラウトで「夏の万能薬味」

Bu facebook
Bu twitter
夏に必ずストックしている常備薬味があります。

それは以前、和食の名店「分けとく山」の野﨑洋光さんが、万能薬味として紹介されていたもの。これを栄養士的にアレンジして毎年作っています。

野崎さんは、シソ、みょうが、生姜、小ねぎ、かいわれを刻んで薬味にしていましたが、私は小ねぎとかいわれをブロッコリースプラウトに変更して、栄養価アップ!



ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーの「新芽」のことです。新しい生命として芽生えた新芽には、栄養がギュッと詰まっています。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、栄養豊富といわれているブロッコリーよりも、さらに栄養価が高いともいえる、今注目の新顔野菜です。

とくに、体をサビさせる活性酸素を減らすのに役立つベータカロテンは、ブロッコリーの約2倍も含まれているので、アンチエイジングが期待できます。

また、カルシウムや鉄、葉酸、赤ちゃんにとっての成長ビタミンと呼ばれているビタミンB2なども豊富なので、とくに栄養が気になる妊婦さんにイチオシ。

そして栄養もさることながら、とにかくこの薬味、使い勝手がいいのです。
私は卵かけごはんや冷奴、冷やしうどん、炒め物のトッピングなど、なんにでもかけて使っています。
 
 

■ブロッコリースプラウトで!夏の万能薬味



<材料 作りやすい分量>
ブロッコリースプラウト 1/2パック(25g)
しそ 10枚
生姜 1~2かけ
みょうが 2~3個

<作り方>
1、シソと生姜は千切り、みょうがは小口切り(端から輪切り)にする。

2、1とブロッコリースプラウトを合わせる。

今年から家で仕事をしているので、お昼ご飯はどうしても面倒で、ラーメンやうどんなどの簡単なもので済ませがちになっています。

単品ものは栄養バランスが良くはありませんが、この万能薬味をパラッとかければ、ちょこっとだけバランスアップ。

栄養士としての罪悪感が少しだけ軽くなるアイテム。香味野菜の効果で、暑い日でもさっぱりさせてくれるのも、気に入っています。
 
 
(長 有里子)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP