子供の脳を育てる!アナログゲーム『アルゴ』で論理的思考力を身に着けよう!

子供の脳を育てる!アナログゲーム『アルゴ』で論理的思考力を身に着けよう!

Bu facebook
Bu twitter
5398254250_0a691d9804_z

テレビゲームや携帯ゲーム、タブレットなどの電子機器が普及し、幼児期の子供が手慣れた様子で扱う様子を目にすることも珍しくなくなっていますよね。雨の日が多いこの時期、外で遊べない子供達は、家の中でゲームに熱中しているのではないでしょうか。

しかし、視力低下などの悪影響も考え、「電子ゲームではなく他の遊びをしてほしい」と考えるパパ・ママも多いはず。

そこで今回は、幼児期の子供でも楽しめる、脳トレに役立つアナログゲーム『アルゴ』をご紹介したいと思います!

頭の良くなるゲーム『アルゴ』って?脳への効果は!?

『アルゴ』は1~4人で遊ぶ、相手の持っているカードの数字を当てるゲームです。考案者は、算数オリンピック委員会や東京大学数学科の学生有志、数学者のピーター・フランクル氏たちという豪華な顔ぶれ!

<遊び方>

  1. 白と黒、それぞれ0~11までの数字が書かれた24枚のカードを2人のときは4枚、3人のときは3枚、4人のときは2枚ずつ配る。
  2. 配られたカードを、小さい順に右から並べて伏せて置く。(※同じ数の時には黒の方が小さいものとして扱う)
  3. 余ったカードの山から1枚カードを引き、相手のどのカードの数字を当てるか決める。狙ったカードの前に山から引いたカードを伏せたまま置き、推理した数字を言う。
  4. 当たっていた場合には、カードをオープンする。外れた場合には、引いたカードをオープンして自分の手持ちのカードと一緒に並べる。

このような流れで、さまざまな条件から相手のカードに書かれた数字を推理していきます。先に相手のカードを全てオープンさせた方が勝ちです。

一見難しく思えますが、子供たちがチャレンジするとあっという間にルールを覚えて大人と互角以上に勝負ができることも珍しくないのだとか! その奥深いおもしろさに、大人も子供もどんどん引き込まれて行きます。

アルゴでは、伏せたカードの数字を覚えておくことで記憶力や集中力が身に付き、楽しみながら論理的な思考力を高めることができる、まさに『脳をトレーニングするためのゲーム』です。勝つことで味わう達成感や負けたときの悔しさが、考え抜くことの喜びや取り組むことへの意欲を育みます。

“学習効率が高い脳”が育つ!

幼児期から家庭学習を習慣化させようと、テキストを用意して机に向かわせたり学習塾に通わせたりと、教育熱心なご家庭も増えていますよね。それらの勉強をより効率良く身に付けさせるためにも、アルゴは効果的。多くの学習塾や英語教室などでも取り入れられています。

子供は特に、「楽しい!」「好き!」と感じるものに対して脳が活発に働き、ぐんぐん伸びていきます。アルゴという楽しい遊びを通して脳機能を高め、それと併用して学習を進めることで、より効率良く知識を身に付けさせることができるのです。脳機能を高める習慣付けは、小学3年生までの低学年が重要なので、ぜひ早いうちから取り入れたいものです。

家族のコミュニケーションアイテムとして!

アルゴゲームの対戦人数は1人~4人。幼児から大人までという幅広い年齢層が対象なのも魅力です。紹介した基本の遊び方以外にもいろいろなプレイスタイルがあり、2対2のペアプレイをすることも可能です。親子でチームを作って、まずはパパ・ママに協力してもらいながらゲームに慣れるのもおすすめです。

親も一緒に遊ぶことで、家族のコミュニケーションアイテムとしても役立ちます。また、1回の対戦時間が約5分という短さなので、忙しい毎日の中でも日常的に入れることができますし、小さな子供でも飽きることなく遊ぶことができますよ。

幼児には『初めてのアルゴ』もおすすめ!

通常版のアルゴは紙製。乱暴に扱うと、角が折れて数字がわかるようになってしまうことも。また、小さな子供の場合は、自分が伏せたカードの数字を覚えていることができず、確認のために何度もめくります。カードに折り目が付くのはもちろん、1回のプレイに時間もかかってしまいます。

その点、『初めてのアルゴ』はプラスチック製で、数字は自分の方に向けて置くため、見ながらスムーズに進めることができますし、破損の心配もありません。プラスチックなので、汚れたら洗って半永久的に使うことができます。形もかわいいらしく、「難しそう……」なんて先入観を持たずに始められることでしょう。

他にも脳トレに役立つアナログゲームはたくさん!

『アルゴ』以外にも、子供におすすめしたい脳トレに役立つゲームはたくさんあります。駒の数や動きを簡略化した『どうぶつ将棋』、脳トレボードゲームの定番『オセロ』、大人数で瞬発力と計算力を養う『ハリガリ』等。また、6月30日には、アルゴと同じ“頭の良くなるゲーム”シリーズとして、『スター・ウォーズ カードゲーム』が発売されます。

対象は小学生からとなっていますが、これを機会に、家族で楽しむアナログゲームを見直してみてはいかがでしょう!

公式サイト/アルゴ

関連コラム

子供の脳の育て方~『食べる・飲む』時の親の接し方とは
子供の脳の育て方~じっくり『見せる』ことで集中力を養おう
集中力が高まる!年齢別粘土遊びの方法って?
幼児用ドリルを活用してみよう!選び方のポイントとおすすめ幼児ドリル

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP