1歳児向けおすすめ絵本の選び方!子どもが喜ぶ人気9選

1歳児向けおすすめ絵本の選び方!子どもが喜ぶ人気9選

Bu facebook
Bu twitter

子どもの頃に絵本をたくさん読んであげると、言葉や心の成長に役立つ、本が好きな子に育つなど色々良いことがあるといわれています。

絵本の読み聞かせをしてあげたいけど、数多くある絵本の中からどんな絵本を選んだらいいか、悩むパパママも多いのではないでしょうか?

筆者の1歳になったばかりの娘は、以前は絵本をあげてもかじる破るの繰り返しでしたが、最近は自分で絵本を持ってきて私のひざにちょこんと座り、読み聞かせを楽しんでいます。

子どもが興味を持ち始めた今がチャンス!とばかりに、今まで破られないよう避難させていた絵本を子どもの手が届く場所に置き換えました。

筆者の子に限らず、1歳頃になると絵本の読み聞かせに興味を持ち始める子が多いでしょう。今回は1歳が喜ぶ絵本の選び方とおすすめの絵本を10冊ご紹介いたします!

ぜひお子さんの絵本選びの参考にしてください。

1歳が喜ぶ絵本って?選び方のポイント

名前を覚えることが大好き!

1歳頃の子どもは、言葉の意味をだんだん理解しはじめ、「パパ」や「ママ」など意味のある言葉を話すようになります。

また、ものを指さすことも増え、そのときにパパママが「これは〇〇だよ」などと名前を教えてあげたりすると言葉の発達につながるといわれています。

子どもが普段の生活で使っているものの名前や、動物の名前などを覚えられる絵本を読んであげると喜ぶでしょう。

筆者の子どもは「ぞうさんはどれ?」などと質問すると、指をさしてくれるようになりました。

また1歳頃の子どもは、単純な言葉の繰り返しなども大好きです。ストーリー性はなくても、単純な言葉が繰り返される絵本を読んであげると、お子さんの言葉の学習に役立つでしょう。

生活習慣を絵本で楽しく学ぶ

1歳頃になると、3度の食事、お昼寝、はみがき、お風呂、就寝など生活リズムができてきますよね。

普段の生活が題材になった絵本を読んであげると、子どもが生活を積極的に楽しむ助けになるでしょう。

筆者の子どもの場合、1歳になる少し前からはみがきを嫌がるようになりましたが、はみがきの絵本を読みながらやることで今は楽しんでくれるようになりました。

絵本で楽しく生活習慣を身につけることができたら、パパママも嬉しいですよね!

【1】はらぺこあおむし|エリック=カール

あらすじとおすすめポイント

はらぺこあおむし,絵本,おすすめ,1歳 出典:amzn.to

この絵本に出てくるあおむしはおなかがペコペコ!そんなはらぺこあおむしが、くだものやケーキ、ソーセージなど色々な食べ物を食べて、ちょうちょに成長するお話です。

子どもの頃に読んだことのあるパパママも多いのではないでしょうか?

「はらぺこあおむし」には果物をメインに食べ物の名前や、数字、曜日が繰り返し出てくるので、絵本を読むことで楽しく学ぶことができますよ。

筆者の子どもも「はらぺこあおむし」が大好きです。あおむしが食べるシーンで、子どもの口にも「パクっ」と食べさせてあげるふりをすると、声をあげて喜びます。

また絵がとてもカラフルで、お子さんが飽きることなくストーリーを楽しめる点もおすすめです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

・参考価格 ¥1,296
・出版社名 偕成社

口コミ

・とてもカラフルで、子どもはその鮮やかな色彩に引き込まれた様子でした。くだものやお菓子など食べ物がならんだページになると、とても喜びます。

・数字や曜日、食べ物の名前を覚えるのに役立ちました。大きくなった今も大活躍です。

・子どものお気に入りで、1日に何度も読んでいます!さすがベストセラーです。

【2】きんぎょがにげた|五味太郎

あらあすじとおすすめポイント

きんぎょがにげた,絵本,おすすめ,1歳 出典:amzn.to

この絵本は、きんぎょ鉢から逃げたきんぎょを探す絵探し絵本です。きんぎょは部屋のあちこち、カーテンの模様やお花の中に隠れています。

指さしができるようになったら、「きんぎょはどこかな?ここかな?」と親子でいっしょに楽しめる1冊ですよ。

また、繰り返しきんぎょを探すことで、注視力や集中力が身につくことが期待できそうです。きんぎょ以外にも果物や動物も登場するので、それらの名前を学習することにも役立ちます。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

・参考価格 ¥864
・出版社名 福音館

口コミ

・きんぎょを見つけると子どもは大喜び!指さしの練習にも役立っています。指さしをはじめた子どもにぴったりです。

・五味さんの絵本は色がきれいで、色の名前を覚えるのに良いです。きんぎょ探しは親子で楽しめます。

・1歳の子どもが一生懸命きんぎょを探します。何度読んでも飽きず、楽しんでいます。

【3】がたん ごとん がたん ごとん|安西水丸

あらすじとおすすめポイント

がたん ごとん がたん ごとん,絵本,おすすめ,1歳 出典:amzn.to

この絵本は、まっ黒な汽車が、がたんごとんと出発し、駅で哺乳瓶やコップやリンゴ、ネコなどを次々と乗せていくストーリーです。

「がたん ごとん がたん ごとん」の楽しいリズムの繰り返しが1歳のお子さんにぴったり。

汽車に乗るのは子どもになじみのあるものなので、次の駅は何が待ってるかなとワクワクしながら飽きさせません。

電車が好きな小鉄キッズにもおすすめです!そん

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

・参考価格 ¥864
・出版社名 福音館

口コミ

・子どもが絵本好きになるきっかけになった本です。「がたんごとん」の繰り返しが楽しいようです。

・電車が大好きな子どものお気に入り!読み聞かせをするとからだを左右に揺らして、言葉のリズムを楽しんでいる様子です。

・順番にいろんなものが汽車に乗っていくこの絵本のおかげで、お友だちと遊ぶ時に順番を守れるようになりました。

【4】だるまさんが|かがくいひろし

あらすじとおすすめポイント

だるまさんが,絵本,おすすめ,1歳 出典:amzn.to

「だるまさんが」と来れば「ころんだ」ですよね。この絵本では「だるまさんが」とページをめくると、だるまさんが「ドテッ」、「プー」などと面白いポーズをとって笑わせてくれます。

筆者の子どもが好きな本の1つでもあり、そんなに笑う?というくらいいい反応をしてくれます。

擬態語や擬音語をだるまさんといっしょにポーズをとりながら楽しくまなぶことができますよ!

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

・参考価格 ¥915
・出版社名 ブロンズ新社

口コミ

・かわいいだるまさんの仕草に子どもが笑います!何度も読んでるうちに、だるまさんのマネをするようになりました。

・この絵本を見せると、泣いていても泣き止みます。単純な内容ですが、子どもの食いつきはいいです!

・毎日喜んで読んでいます。ページをめくるたび、子どもだけでなく親も爆笑してしまいます。

【5】はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう|くぼまちこ

あらすじとおすすめポイント

はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう,絵本,おすすめ,1歳 出典:amzn.to

この絵本の主人公たっくんは、はみがきが大嫌いです。でもはみがきれっしゃがやっくると、口があーんと開いてどんどん歯をきれいにしていきます。

はみがきを嫌がるお子さん、多いですよね。なかなか磨かせてくれなくて、苦戦しているパパママもいらっしゃるでしょう。

そんなお子さんにおすすめなのがこちらの絵本です。絵本を読んだ後、しゅっしゅっしゅっと、はみがきれっしゃが来ればお口をあけてくれるかもしれません。

楽しくはみがきができるきっかけになればいいですね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

・参考価格 ¥1080
・出版社名 アリス館

口コミ

・はみがきが嫌いな子どものためのお助け絵本!はみがきの時に口を開けてくれるようになりました。

・この絵本を読み聞かせした後、1歳6ヶ月の子どもが自分からはみがきをするようになりました。

・絵本に感謝!電車が好きな我が子が、はみがきを楽しむようになりました。ストーリーも好奇心をくすぐる良い内容です。

【6】おやさいとんとん|真木文絵、石倉ヒロユキ

あらすじとおすすめポイント

おやさいとんとん,絵本,おすすめ,1歳 出典:amzn.to

「にんじん にんじん とんとんとん」とリズミカルに野菜を切って、鍋にいれて料理をする絵本です。最後は何ができるかな?

1歳の子どもはパパやママの真似が大好き!絵本と一緒にパパやママみたいに野菜を切るごっこ遊びを楽しめます。

また野菜の名前を学ぶだけでなく、野菜が苦手なお子さんが野菜に興味をもつ助けにもなりそうですね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

・参考価格 ¥648
・出版社名 岩崎書店

口コミ

・野菜の名前を覚えるのに役立ちました!「じゃがいもはどれ?」というと指をさしてくれます。

・絵本を見ながら料理ごっこを楽しんでいます。子どもが大好きな絵本で、1日に何度もくりかえし読む日もあります。

・包丁で野菜を切る仕草をしながら読んであげると、大喜び!2歳になった今も楽しんでいます。

【7】くつくつあるけ|林明子

くつくつあるけ,絵本,おすすめ,1歳 出典:amzn.to

この絵本に登場するのは白くてぽっこり丸い靴。くつがお散歩にいったり、走ったり、飛び跳ねたり。

靴を履いてるはずの子どもの姿が描かれていない不思議な雰囲気にに引き込まれます。あんよを始めた子どもにとって靴はお散歩やお出かけをともにする大事な存在です。

そんな靴が主人公の絵本なら興味をもってくれそうですよね。きっと絵本を読んだら、靴といっしょにお出かけすることを楽しんでくれるでしょう。

お散歩中に「だっこー!」っとなってしまうお子さんにもおすすめですね。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

・参考価格 ¥756
・出版社名 福音館

口コミ

・歩き始めたお子さんにおすすめ。この絵本を読んであげてから靴を履いてお出かけすることが好きになりました。

・「ぴょんぴょん」などの擬音がたくさんあるのが楽しいのか、子どもが声をだして喜びます。

・寝かしつけにぴったり!最後の「ねむいねむい」のページを読んだ後、「くつさんと一緒にねんねしようね」と言うとスムーズに寝てくれるように!

【8】うずらちゃんのかくれんぼ|きもとももこ

あらすじとおすすめポイント

うずらちゃんのかくれんぼ,絵本,おすすめ,1歳 出典:amzn.to

この絵本は、うずらとひよこが色と形をうまくつかって、花やひょうたんにかくれんぼをする内容です。色彩が優しくとてもきれいで、本をひらいたら引き込まれますよ。

隠れているうずらちゃんを探すだけでなく、ひよこちゃんは何色かな?うずらちゃんは?などと質問して色の学習をすることもできます。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

・参考価格 ¥972
・出版社名 福音館

口コミ

・絵がとてもかわいくて、子どものお気に入りです!子どもがうずらちゃんを見つけた時の反応がかわいくて、何度も読んでいます。

・色使いが優しく、読み聞かせている大人も癒されます。もちろん子どもも大好きです。

・何度も読んでいるので、ひよこちゃんたちが隠れている場所を覚えていますが、毎回楽しんでいます。

【9】くっついた|三浦太郎

あらすじとおすすめポイント

くっついた,絵本,おすすめ,1歳 出典:amzn.to

「くっついた」が繰り返される楽しい絵本です。ページをめくるごとに、金魚やアヒルなどが「くっついた」。口でくっついたり、鼻をくっつけたり、手をつないだり。

内容が簡潔なので、言葉を理解し始めたおこさんにおすすめです。

この絵本は、次は何と何がくっつくかなとページをめくることが楽しくなります。指先が器用になってくる1歳ころのお子さんなら自分でどんどんめくってくれるかもしれませんね。

実際にパパママがお子さんの顔に「くっついた」をしてあげるとても喜んでくれるでしょう。絵本を読みながらスキンシップもできますね!

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

・参考価格 ¥864
・出版社名 こぐま社

口コミ

・「くっついた!」と言うと子どもがほっぺをくっつけてくれます。言葉を理解し始めた時期におすすめです。

・親子でスキンシップをしながら楽しめる絵本です。子どもだけでなく親のお気に入りでもあります。

・「くっついた!」の繰り返しに子どもは大喜び。絵本のマネをしてほっぺやおでこをくっつけてくれると、親も嬉しくなります!

【10】ごあいさつあそび|木村裕一

あらすじとおすすめポイント

ごあいさつあそび,絵本,おすすめ,1歳 出典:amzn.to

ゆうちゃんの家にいろいろな動物が遊びにきて、「こんにちは」をするしかけ絵本です。筆者の1歳になる子どももこの絵本が大好きです。

まだ「こんにちは」は言えませんが、この絵本を読むようになってお散歩中などにすれ違う人におじぎをするようになりました。

1歳頃から行動範囲がひろがるとかかわる人がふえるので、コミュニケーションの基本であるあいさつができるといいですよね。

まずはこの絵本で「こんにちは」の練習をしてみてはいかがですか?

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

基本情報

・参考価格 ¥734
・出版社名 偕成社

口コミ

・あいさつの練習になればと購入しました。まだ言葉は話せませんが、頭をさげてお辞儀するようになりました!

・1歳の息子のお気に入りです。この絵本をひらくとニッコリ笑顔になります。

・しかけ絵本になっているので、子どもが自分でページをめくるのを楽しんでいます。

まとめ

今回ご紹介した1歳の子が喜ぶ絵本10選はいかがでしたでしょうか?みなさんの絵本選びの参考になればうれしいです。

絵本を通して言葉、生活習慣などたくさん学ぶことはもちろん大切ですが、まずは絵本の楽しさをお子さんに伝えてあげてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP