夏休みに参加しよう!子ども霞ヶ関見学デー

夏休みに参加しよう!子ども霞ヶ関見学デー

Bu facebook
Bu twitter
kasumigaseki

霞ヶ関にある各府省庁が連携し、子供たちが働く大人の姿を実際に見ることによって、広く社会を知るための機会として開催しているのが『子ども霞ヶ関見学デー』です。 今年2016年は7月27日(水)、28日(木)に開催される予定となっています。対象となるのは主に小学生と中学生。原則として親も同伴することになります。 普段、なかなか足を踏み入れることができない府省庁で、大人たちがどのように仕事をしているのか、どういう業務があるのか、どういう施設があるのかなどを勉強できる貴重な機会です。 今回は、この『子ども霞ヶ関見学デー』の見所などをご紹介しましょう。

野菜や果物など身近な食べ物について学んでみよう!農林水産省

農林水産省の子ども霞ヶ関見学デーでは、野菜や果物に関するクイズや、和食文化にふれ、正しいお箸の持ち方などを学べるコーナーなど、子供たちが興味を持って取り組むことができる企画が盛りだくさんです。

子供が大好きなわたがし作りを体験できるコーナーでは、砂糖に関する展示やクイズも楽しめます。 バナナのDNAを取り出す実験をするコーナーでは、科学的な実験もできますので子供たちの自由研究にもぴったりですね。

木製はがきに自由にお絵かきをしたり、子供たちの大好きなチューイングガムの製作工程を見たりと、食材や自然について楽しく学べる機会になるのではないでしょうか。 普段から慣れ親しんでいる食材や自然にまつわることなので、子供たちも気負わず楽しめることでしょう。

農林水産省HP 子ども霞ヶ関見学デー

法の世界を知ってみよう!法務省

法務省で行う霞ヶ関見学デーは、とても勉強になるプログラムがたくさん用意されていますよ。 測量機器を使って法務省の建物の高さを計測して土地家屋調査士のお仕事を体験したり、ルーペを使用して、偽造パスポートを見破る入国審査官のお仕事を体験したりできます。

また、少年鑑別所で実施している性格テストを無料で受けられます。パパママも参加できますので、親子で楽しめますね。 また刑務官や入国管理官の制服を着て自由に写真が取れますので、パパはカメラをお忘れなく! ただ楽しいだけではなく、いじめや人権について考えるコーナーも用意されているので、ぜひ参加してみてくださいね。

法務省HP 子ども霞ヶ関見学デー

乗り物大好きな子におすすめ!国土交通省

乗り物が大好きな子供におすすめなのが、国土交通省の霞ヶ関見学デーです。 事前に申し込みが必要な人気プログラムもありますが、申し込み不要のプログラムも多数用意されていますので、フラッとでかけても充分に楽しめるでしょう。

鉄道の運転を体験するコーナーは、男子にも女子にも大人気! タクシーのミニチュアの展示を見学することで、タクシーのお仕事についてお勉強もできますよ。なんとミニカーの配布も行われるとか! また子どもたちが憧れる空のお仕事(パイロットや整備士など)について学べるコーナーでは本格的なフライトシュミレーターも体験できますよ。ただ、当日整理券が配布されるほどの人気コーナーとなりますので、ご注意を!

ライフジャケット着用推進のためのキャラクター「ウクゾウくん」と帆船を無地で印刷し、子供たちが自由に色鉛筆などで色をつけたものを使って、バッジを制作するプログラムもあります。 完成品を子供にプレゼントしてもらえます。世界でひとつのオリジナルバッジ、子供も大喜びしそうですね。 国土交通省HP 子ども霞ヶ関見学デー

親子で楽しみながら社会見学を!

今年は26の府省庁が、この子ども霞ヶ関見学デーに参加する予定になっており、参加すると「日本国霞ヶ関子ども旅券」というパスポートがもらえ、子供たちは興味のままに自由に霞ヶ関を歩くことができます。これは貴重なチャンスですよね。

この子ども霞ヶ関見学デーに参加することで、子供たちは楽しみながら社会を知ることができ、親も各省庁の施策が理解できるというメリットもあります。 ぜひこの夏休みは親子で楽しみながら霞ヶ関でお勉強してみませんか?

参照/ YAHOO!ニュース 夏休み2016 中央省庁のお仕事を知ろう「子ども霞ヶ関見学デー」 財務省HP 「子ども霞ヶ関見学デー」の参加者を募集します 農林水産省HP 子ども霞ヶ関見学デー 国土交通省HP 子ども霞ヶ関見学デー 法務省HP 子ども霞ヶ関見学デー

関連コラム

工場見学できるスポット『ものづくり体験ができる工場見学』編
学習ついでに試食ができる!家族で楽しめる工場見学のすすめ
どこに行く?ゴールデンウィーク外遊びお出かけスポット2016
親子で楽しむ!今年のクリスマスは親子で飾り付けを作ってみよう

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP