仙台市・栗原市にある科学館に行こう!駐車場無料|宮城県

仙台市・栗原市にある科学館に行こう!駐車場無料|宮城県

Bu facebook
Bu twitter

「次の休日、子どもと一緒におでかけ、どこにしよう…」毎回、行き先を決めるのは結構、悩みますよね。たまには、勉強になる科学館に行かれてはいかがでしょうか?

今回は、宮城県にあるおすすめの科学館を2ヶ所、ご紹介します。仙台市にある「スリーエム仙台市科学館」と、栗原市にある「宮城県 こもれびの森 森林科学館」です。

駐車場も無料で利用できるので、気軽に訪れることができますよ。さらに、「宮城県 こもれびの森 森林科学館」は、入館料も無料ですよ。

遊びながら、楽しみながら、科学の不思議と向き合えます。日常ではなかなか体験できない科学。いつもとは違った目線で子どもと一緒に遊んでみませんか?

【1】スリーエム仙台市科学館|仙台市

体験しながら科学を学べる

エントランスホール展示リスト,科学館,宮城県, 出典:www.kagakukan.sendai-c.ed.jp

「スリーエム仙台市科学館」は、仙台市青葉区の台原森林公園内にある科学館です。3・4階と屋外に展示があります。

中でも、3階は生活系展示となっており、くらしの中の科学を体験することができます。放電の様子を目で見てわかるプラズマ放電球や、シャボン玉の中に入ることができるコーナー、工作・実験ができるチャレンジ・ラボなど、楽しいコーナー盛りだくさんです。

さらに、画面にいっぱいに映し出された地球環境マルチビジョンや、ナウマンゾウの骨格標本など迫力のある展示も。ぜにお子様と一緒に、その目で確かめてくださいね。

館内には、3・4階トイレの前におむつ交換台があります。また、授乳のための部屋が必要な方は、受付に申し出れば保健室を借りることができます。乳幼児をお連れの方も安心しておでかけできますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

短時間だから気軽に体験OK!チャレンジラボ

工作中の女児の手,科学館,宮城県,

いろいろな工作や実験ができるチャレンジラボは午前と午後の1日2回毎日開催されています。所要時間は5分から10分程度と短いので、気軽に参加することができます。テーマは月ごとに変わります。

誰でも楽しめるような簡単な体験メニューが用意されていますので、親子で一緒に楽しんではいかがでしょうか。

この記事に関連するリンクはこちら

常設展示「人力飛行機」は必見の価値あり

人力飛行機,科学館,宮城県, 出典:www.kagakukan.sendai-c.ed.jp

エントランスホールの上部には、2011,12年に鳥人間コンテストを連覇して東北大学サークル作成の「人力飛行機」が常設展示されています。約32mの主翼は展示エリア内いっぱいに広がっていて、とても迫力がありますよ。乗り物好きな子どもは大興奮間違いなし!ぜひ、チェックしてみてくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

自然史系展示室

きのこの標本,科学館,宮城県, 出典:www.kagakukan.sendai-c.ed.jp

4階は自然史系と理工系の展示になっています。自然史系の展示エリアでは卵・巣・まゆ、キノコの標本、ブラックライトで光る鉱物など自然のしくみが知れる展示が揃っています。

「古象の大行進」と題したゾウなどの標本も。7種類のゾウを指標に地質時代について解説されています。他にも仙台平野を飛び回る雁の標本など、見て楽しい動物の標本が多数展示されています。

理工系展示室

ソーラーカー,科学館,宮城県, 出典:www.kagakukan.sendai-c.ed.jp

理工系展示室では、電気や音、元素などについて知れる展示が中心です。

炎色反応や、アクリル柱の中を反射して進むレーザーなど、勉強すると少し難しい題材が視覚的にわかるので、とてもためになる展示が揃っています。

さらに、ソーラーカーの実物も展示されています。普段中々みることのできない珍しい乗り物をお子様に見せてあげてくださいね。

4階展示のガイドツアー

スリーエム仙台市科学館のガイドツアー,科学館,宮城県, 出典:www.kagakukan.sendai-c.ed.jp

展示品を見ているだけだと、ちょっとよく分からない…なんていう場合もありますよね。そんな方のためにガイドツアーもあります。4階の自然史系展示、理工系展示について専門のスタッフが理解の深まるようにガイドをしてくれます。

毎週土曜日・日曜・祝日の13:30~1日1回、開催されています。お休みのおでかけにぴったりですね。

サイエンスショーもあります

光と色のマジック,科学館,宮城県, 出典:www.kagakukan.sendai-c.ed.jp

開催時期は不定期ですが、「スリーエム仙台市科学館」ではサイエンスショーが開催されています。液体窒素、光と色、ドライアイスの性質などを、実験を通して楽しくわかりやすく学ぶことができます。

サイエンスショーは不定期開催です。気になる方は公式HPなどをチェックしましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

スリーエム仙台市科学館の住所、TEL等の基本情報

【住所】
宮城県仙台市青葉区台原森林公園4番1号

【アクセス】
仙台市南北線 旭ヶ丘駅から300m
仙台市南北線 黒松駅から590m
仙台市南北線 台原駅から1220m

【営業時間】
9:00〜16:45

【定休日】
月曜日(祝・休日の場合はその翌日)、
祝・休日の翌日(土・日曜日・休日・10月の第2月曜の翌日を除く)、
年末年始(12月28日~翌年の1月4日)、 毎月第4木曜日(12月・休日は除く)

【お問い合わせ】
022-276-2201

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

【2】宮城県 こもれびの森 森林科学館|栗原市

森の自然、樹木、野草に詳しくなれる

森の中を歩く男の子,科学館,宮城県,

栗原市にある「宮城県 こもれびの森 森林科学館」は、森の入り口にある科学館です。「こもれびの森」は、樹齢200年以上にもなる天然林や、野生鳥獣が生息する森。そんな歴史ある森の手前に、森林科学館があります。

森林科学館では、森林や植物のことを学ぶことができます。夜の森を体験することができるシアターや、葉っぱをバーコードで読み取って詳細を知ることができる「木の葉のカルタとり」など、自然を活用した展示が揃っています。

「こもれびの森」に住んでいる動物を見よう

かもしか親子,科学館,宮城県, 出典:mifi.main.jp

入館してすぐに迎えてくれる、かもしか親子のはく製。「かもしか」って名前は知っているけれど、どんな動物か説明できる大人の方は意外と少ないのではないでしょうか。

大きさはこんな感じ。顔の形はこんな感じ。実物の姿を親子でチェックしてみましょう。

ネイチャークラフト体験ができる

どんぐり工作,科学館,宮城県,

木片や枝、木の実、どんぐりなど自然素材を使った工作を体験できます。小さい工作だけでなく、かご等の本格的な道具作りを体験できます。作れるものや素材などが気になる方は、詳細を科学館に直接お問い合わせください。

野外炊飯場でバーベキューや芋煮会

トングではさんだ牛肉,科学館,宮城県,

屋外に炊飯場やデイキャンプ場があります。そこではバーベキューや芋煮会などを大勢で楽しむことができます。自然を満喫しながらのんびり過ごせますよ。大自然の中での食事はやはり、一段とおいしいですよね。

近くには小川が流れています。水遊びをしたり、水辺の生き物を観察したりと楽しみはまだまだありますね。

森林インストラクターによるガイドツアーやイベントに参加しよう

森の中の子ども,科学館,宮城県,

森をよく知る森林インストラクターと、「こもれびの森」を探検できる自然イベントやガイドツアーが定期的に企画されています。

ツアーに参加したら、森のプロに何でも質問してみましょう。子どもからは、「どうして森の空気はおいしいの?」、「なんで、「こもれびの森」って言うの?」など、素朴な疑問・質問が飛び出すかもしれませんね。

親が回答に困るような質問も、森林インストラクターならお手の物。大人も勉強になるミニ知識をたくさん教えてもらえることでしょう。

親子で森や自然について体験しながら楽しく学ぶことができますね。ガイド付きなら安心して森を散策できるのもありがたいですね。

自然体験イベントや、ガイドツアーは主に小学生以上を対象とした事前申し込み制の場合が多いようです。ご興味がある方は、直接お問い合わせください。

宮城県 こもれびの森 森林科学館の住所、TEL等の基本情報

【住所】
宮城県栗原市花山草木沢角間10-7

【アクセス】
JR陸羽東線 川渡温泉駅から5650m
JR陸羽東線 鳴子御殿湯駅から6470m
JR陸羽東線 鳴子温泉駅から7940m

【営業時間】
4月1日~11月30日 (無休)

【定休日】
12月~3月

【お問い合わせ】
0228-56-2330

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?科学館というと難しそうなイメージがあるかもしれませんね。今回紹介した科学館は、2つともゆったりと落ち着いた気分で見学ができる施設ですよ。

小さな子どもでも楽しみながら体験を通して科学に触れることができます。科学や自然、生き物などに興味を持つきっかけになるかもしれませんね。宮城県を訪れた際は、科学館に行ってみてはいかがでしょうか。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP