地域別!いちご狩りのシーズンはいつ?

地域別!いちご狩りのシーズンはいつ?

Bu facebook
Bu twitter

好きな果物ランキングがあれば必ず上位入賞を果たしている「いちご」、私も大好きです!たくさん食べたーい!という衝動に狩られることもありますよね!しかし、スーパーで購入する1パックは400円から500円ほどの価格で販売されており、お腹いっぱい食べるとお財布が大変なことになってしまいます。

そこで、おすすめなのはいちご狩り!食べ放題プランや、グラム単位での販売などいつもよりお得に食べられるステキなスポットです。
ここでは、全国のいちご狩りシーズンや、おすすめスポットについてみていきます。

北海道

flower-garden-250016_1280
北海道は雪に閉ざされる期間が長く、暖かくなる季節も遅いため、桜は5月頃が見頃と本州とはずれています。いちご狩りはハウスも含めると、12月中旬~7月中旬と長く楽しむことができます

旭川市の「四季採りいちご園 スノー&ベリー」は大人気の動物園「旭山動物園」から車で5分ほどの位置にあるので、一緒に楽しむこともできますよ!予約制なので、予定が決まったら連絡してみることをおすすめします。

四季採りいちご園 スノー&ベリー

【住所】旭川市工業団地1条2丁目1-14
【営業時間】10:00~15:00
【営業日】土曜、日曜、祝日(平日は問い合わせが必要)
【入場料】問い合わせが必要
【電話番号】0166-36-4570
【アクセス】「旭山動物園」から車で5分

東北

0c6abccdaaa4cfbf5365de0801ae2016_s
気温は北海道よりは暖かいですがやはり寒い地域なので、ハウスや露地栽培を含めて12月下旬から6月中旬頃までのところが主流です。しかし、夏いちごと冬いちごを両方栽培して一年中1,500円でいちご狩りを楽しめる施設もあります。東北地方で一番いちごの栽培が盛んなのは仙台で「仙台いちご」というブランドいちごも開発されました。秋田県は比較的イチゴ農家が少なく、いちご狩りスポットも少ない傾向にあります。

さくらんぼが有名な山形では、さくらんぼ狩りをするといちご狩りが無料になるという「槙農園(まきのうえん)」があります。さくらんぼ&いちごが食べ放題ってかなり魅力的ではありませんか!?
東北のいちご狩り事情はかなり熱いようですね!

槙農園(まきのうえん)

【住所】山形県東根市中央東3丁目8-25
【営業時間】8:00~17:00
【営業日】問い合わせが必要
【入場料】3歳~小学生1,000円~
小学生以上1,500円~
【電話番号】080-1811-9304(専務)
【アクセス】JR「さくらんぼ東根」駅より車で5分

関東

tokyo-tower-825196_1280
関東にはたくさんの農業地帯がありますが、時期は露地栽培・ハウス栽培を合わせて12月から6月上旬を目安にするといいでしょう。

トチオトメを産んだ栃木県、いちご狩りスポットが多い群馬などもおすすめですが、変わり種もあります!それはなんと、世田谷区の「ふれあい農園」!東京の高級住宅街的なイメージの世田谷区でいちご狩りを楽しむこともできるなんて、ちょっと驚きではありませんか?食べ放題ではないものの、都会でいちご狩りができる穴場といえるでしょう。

ふれあい農園

【住所】世田谷区中町4-32
【営業時間】10時~16時
【営業日】水~日曜日
【入場料】100g250円(税込)の量り売り
【電話番号】03-3701-5171
【アクセス】東急大井町線 「上野毛駅」下車。徒歩約10分

中部

mt-fuji-477832_1280
温暖な気候の中部では場所によりますが、11月中旬から5月末の間でいちご狩りを楽しむことができます。静岡ではいちごの生産面積が全国6位、愛知県の知多半島あたりはいちご農家が多い地帯であるなどたくさんのいちご狩りスポットをみることができます。

山梨県の富士の裾野でいちご狩りを楽しめる「富士忍野ベリーランド」では、いちごが食べ放題のほかにいちごジャムやいちごパフェを作ったりする体験コーナーもありますので作ることに興味がある子供たちにもおすすめのスポットです。

富士忍野ベリーランド

【住所】山梨県南都留郡忍野村忍草1666-56
【営業時間】AM10:00~PM4:00
【営業日】問い合わせが必要です。
【入場料】大人(小学生以上):2,200円/2,000円
子供(小学生未満):1,500円/1,300円
【電話番号】0555-72-9100
【アクセス】富士山のふもと山中湖のとなり富士の名水、忍野八海の近く。

関西

osaka-98350_1280 (1)
関西には全部で40近いいちご狩りスポットがあります。大阪市には少ないですが、周辺の岸和田や堺市では楽しむことができるのでちょっと足を伸ばせばいちご狩りができる環境が整っているといえるでしょう。

その中でも珍しいのは「いちご畑 はる」といういちご狩りスポットです。大抵はいちご以外のドリンクや食べ物は見かけることがありませんが、こちらではアイスやケーキ、ドリンクバーもあり、なんと無料!なんです。
摘んだばかりのいちごも、チョコや練乳、ソフトクリームと一緒に楽しむことができるので、飽きることなく食べ続けることができるのも嬉しいですね。

いちご畑 はる

【住所】 大阪府岸和田市尾生町2415-1
【営業時間】9:00~12:00
【定休日】不定休
【入場料】大人:2,500円
小学生:2,000円
子供(3歳以上、小学生未満):1,500円
1・2歳:500円
0歳:無料
【電話番号】072-440-0200
【アクセス】南海本線「岸和田駅」、JR阪和線「下松駅」より
南海バス「道の駅 愛彩ランド行き」を乗車し、
「蜻蛉池公園前(とんぼいけこうえんまえ)」下車すぐ。

九州

d9faffcdcb428bb29e7c92f2540a7971_s
九州でも12月から6月までの期間でいちご狩りが行われます。九州のいちごといえば、有名なのは「あまおう」ですね!あまおうは福岡の生まれで季節は11月から4月までで、おすすめの期間は12月から3月といわれています。美味い!美味しいと評判のあまおうも、もちろん食べ放題できるいちご狩り園があります。

いくつかスポットはありますが、おすすめは「里の駅 広川くだもの村」!なんと60分の食べ放題がついて季節によっては大人1,300円という激安ぶり!あまおうをお腹いっぱい食べてみたい方、必見です!!

里の駅 広川くだもの村

【住所】福岡県八女市広川町大字吉常268
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】火曜日
【入場料】大人 1300円 四歳以上~小学生まで 800円(料金は季節によって変化)
【電話番号】0943-32-2413
【アクセス】九州自動車道 広川ICより車で10分

子供も大人もいちごが大好き!

甘酸っぱくて、宝石のようにキレイないちごはみんな大好き!意外と長い間楽しめるのが分かったので、冬休みや春休みのおでかけスポットに組み込んでもいいですね!

大抵のいちご狩りは予約が必要なので、予定が決まったら早めに問い合わせをすることをおすすめします。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP