叱っても大丈夫?子供の噓泣きへの対処法4つ

叱っても大丈夫?子供の噓泣きへの対処法4つ

Bu facebook
Bu twitter
a4c9c22fd7d3cfc095ac9d1c5bb96d85_s

自分の思い通りにならないと、わんわん泣いてわがままを言う…。「これってもしかして嘘泣き?」と思うことは多いはず。子供が嘘泣きをするとき、親は叱ってもよいのでしょうか? 子供の嘘泣きへの対処法をご紹介します。

なぜ嘘泣きをするの?

最も大きな理由は、「親の気を引きたいから」。少しでも自分の思い通りにならないと、泣くことで親に構ってもらおうとするのです。
しかし、子供が泣くたびに構っていては大きくなって嘘泣きが癖になってしまいます。かといって責めたり、間違った対処をしたりすると、かえって子供が激しく泣き逆効果に……。どのように対処すれば良いのでしょうか。

嘘泣きを癖にさせないために。嘘泣きをやめさせるポイント4つ

子供が嘘泣きをしたときは、以下のようなポイントに気を付けて対処しましょう。

1. 泣けばなんとかなるとは思わせない

子供の泣き声を聞くのは辛いもの。外で泣かれると周囲の目も気になります。ですが、早く泣き止ませようと、大人が折れるのは絶対にNG! パパ、ママが折れると子供は「泣けば思い通りになる」と味を占め、嘘泣きで自己主張する癖をつけてしまいます。パパ、ママは、焦る気持ちをグッと抑えて「泣いてもダメなものはダメだよ」毅然とした態度でいましょう。

2. 叱るときは理由をきっちり説明する

「こら!」や「だめ!」だけではなく、なぜいけないのかを子供にきちんと説明してあげましょう。
大声で叱るだけでは効果は全くありません。怒鳴ってしまうと嘘泣きが本泣きになってしまいます。

3. パパ、ママの意見に一貫性を

パパ、ママの言うことが違ったり、日によって叱る内容が違うことがないようにしましょう。一貫性がないと子供も動揺し、毎回嘘泣きで大人を試すようになります。しつけの上でも、何が良いのか悪いのかがはっきしないので子供の判断力も育ちません。パパ、ママが一枚岩となり、常に一貫した姿勢でいましょう。

4. その場を少し離れてみる

「泣いてたらお話できないでしょう?」や「泣き止むまであっちで待っててあげるね、もう大丈夫になったらおいで」と優しく声をかけ、その場を離れてみましょう。
子供が嘘泣きをしているときに、親がずっと側にいると、子供に「嘘泣きをすれば優しくしてくれる」と子供に刷り込んでしまいます。

パパ、ママが、とにかく泣いても動じない、取り合わないという態度でいれば大丈夫だと思います。我が家では子供がぐずった時には、明るく「良い子の練習ね」と言って取り合わないようにしていました。

嘘泣きの対処は、子供が小さいうちが肝心! パパ、ママの根気の勝負どころでもあります。きちんと対処できれば泣きわめくこともなくなり、わがままの芽を摘むことができますよ。

参照/
マーミー「泣きやまないわがままな子供の上手な叱り方・接し方7つ」
Itmama「叱るのはNG!子どもが嘘泣きをピタッとやめてくれる親の態度」

関連コラム

あなたの叱り方大丈夫?子供に対するNGな叱り方とは?
子供の学力は「親の言葉遣い」で大きく変わる!
子供のためになる褒め方・叱り方って?~みんなが悩む子供の教育~
言うことを聞かない子供にも届く!魔法の言葉と伝え方

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP