働くママは要チェック!10月から新たに登場する『106万円の壁』とは?

働くママは要チェック!10月から新たに登場する『106万円の壁』とは?

Bu facebook
Bu twitter

働くママを悩ます新たな『106万円の壁』をご存知ですか? この10月からパートやアルバイトの社会保険への加入条件が拡大されます。自分が該当するのか、どのように対策すべきか、働くママは要チェックですよ!

対象者は約25万人、その条件とは?

これまでにも“103万円の壁”“130万円の壁”についてmamaPRESSでも取り上げてきましたが(実は『103万円の壁』より大事!『130万円の壁』ってナニ?)、今回、新たに登場する『106万円の壁』とはどんなものでしょう?

これまで社会保険(健康保険・厚生年金など)に加入しなければならないのは、年収130万円を超える場合でしたが、その基準が拡大されます。その対象条件は

  1. 勤務時間が週20時間以上
  2. 月額賃金88,000円以上(年収106万円以上)
  3. 勤務期間1年以上見込み
  4. 学生は適用除外
  5. 従業員501人以上の企業で働いている

以上の5項目すべてに該当するママが対象になります。2の年収が引き下げられたことから『106万円の壁』と呼ばれるようになりました。この壁の出現により、該当する場合は社会保険に加入するか収入を抑えるかを選択しなくてはならないことになります。

社会保険に加入するか?年収を抑えるか?

年収106万円を超える場合、社会保険に加入すべきか年収を抑えるか、どちらがいいのでしょうか?

例えば月収10万円で働くママの場合、社会保険に加入すれば約1万4千円程度が引かれることになります。(年齢・地域などで変わります)そうなると手取りは約8万6千円。106万円の壁となる月額8万8千円よりも低くなります。どうすべきか悩むところですね。

社会保険に加入するメリット

手取りは減りますが、社会保険(厚生年金・健康保険)に加入することでメリットもあります。

将来の年金受給額が増える

厚生年金の加入で将来の年金受給額が増えます。例えば、夫の扶養内で国民年金のみであった場合(厚生年金未加入)、年間約78万円の受給額になります。そこに月収10万円で厚生年金に10年加入したとして、年間約102万円の受給額になります。加入期間や受給期間が増えるほど、総受給額は増えていきます。

また、病気やケガで後遺症が残った場合の“障害厚生年金”も、障害の基準が国民年金よりも緩いなどのメリットがあります。

『傷病手当金制度』がある

健康保険加入で病気やケガで仕事を休んだ場合でも、収入に応じた金額が支払われる制度です。働けないときでも収入が保証されるのは、大きな安心感になりますね。

『出産手当金』が支給される

健康保険に加入することで、働くママでも産前42日と産後56日の最大98日間は仕事を休むことになっていますが、その間も収入に応じて出産手当金が支給されます。二人目三人目の出産を考えているママにはうれしい制度。

ほかにも、夫が退職した際に家族を扶養に入れたり、健康保険組合の福利厚生や、保養施設などのレジャー関連が扶養家族として使うよりもお得に利用できることもあります。

収入だけでなく将来設計ややりがいを考える

どのような働き方にするかを決めるにあたり、収入面だけではなく将来の人生設計や、自分自身のやりがいについても考える必要があるでしょう。

子どもが小さいうちは急な欠勤やこなせる仕事量を考えて、106万円以下に抑えた働き方もあります。一方、やりがいのある仕事や職場との縁があれば、収入は減っても長い目で見れば続けることで将来的な安定が見込めます。

『106万円の壁』は、働くことを考えるすべての女性にとって、今後のライフプランについて考えるよい機会ではないでしょうか。出産・育児・家事・仕事、これらをどのようにこなしていくか、改めて考えてみるのもいいかもしれませんね。

参照/
東洋経済ONLINE「パート主婦を新たに悩ませる「106万円の壁」」
All About「パートの「106万円の壁」どう考える?良い働き方とは?
マネーの達人「パートの壁は夫しだい?夫の職業と所得で決まる「103万円の壁、130万円の壁、106万円の壁」
老齢厚生年金シミュレーション

関連コラム

実は『103万円の壁』より大事!『130万円の壁』ってナニ?
シングルマザーになったら…活用しよう!『公的制度』
働きたいママ必見!仕事を始める『前』に知っておくべき3つのこと
年収103万以下は税控除を受けられる『配偶者控除』が見直しへ!子育て世代への影響は!?
賢いママは持っている⁈100均の使えるおもちゃを厳選してご紹介!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP