子どもは0円!愛知県の知る人ぞ知るおでかけスポット3選

子どもは0円!愛知県の知る人ぞ知るおでかけスポット3選

Bu facebook
Bu twitter

おでかけする時、ここにも行きたい、あそこにも行きたいと考えていると、出費がかかってしまうもの。特に夏休みや冬休みはお金がかかってしまいます。

そこで、親の入場料はかかりますが「子どもは無料」の施設を集めてみました。親の料金だけで子どもが入れる施設のおすすめを3施設紹介します。

【子どもは0円! 愛知県のおすすめスポット(1)】東山動植物園|名古屋市

中学生以下なら無料の動植物園

イケメンゴリラ、シャバーニ,愛知県,おでかけ,子ども 出典:www.higashiyama.city.nagoya.jp

テレビなどで紹介されているイケメンゴリラで有名なシャバーニがいることで今、さらに注目を浴びている東山動植物園。中学生以下は、入園料無料です。

乳幼児が無料の施設は多いですが、中学生以下ということは高校生に入る前までは入園料が無料でOKということ。

兄弟が多くても、上の子が中学生でも保護者の金額だけで入ることができるのでいいのではないでしょうか。いとこの子とも一緒にでかけるのもよさそうですね。

名古屋市在住の65歳以上なら、入園料はなんと100円。おじいちゃん、おばあちゃんを誘って、三世代で行ってもいいですね。

ゾウ、ライオン、トラやキリン、コアラやカバ、ペンギン、ホッキョクグマ、ゴリラなどたくさんの動物がいるので、1日しっかり遊べますよ。

公式ホームページには、3時間、1.5時間のおすすめコースもあるので、参考にしてみましょう。エサやり体験も充実しているので、おでかけの際にはぜひチェックしてくださいね。

開園時間:9時~16時50分 
休園日:毎週月曜日 
利用料:大人500円 名古屋市在住の65歳以上の人100円 中学生以下は入園料無料

【子どもは0円! 愛知県のおすすめスポット(2)】名古屋市科学館|名古屋市

巨大プラネタリウムを併設の科学館|名古屋市

プラネタリウム,愛知県,おでかけ,子ども 出典:www.ncsm.city.nagoya.jp

ブラザーアースと呼ばれる巨大プラネタリウムを持つ名古屋市科学館。中学生以下は、無料です。

特筆すべきなのは中学生以下ならプラネタリウムの利用料も無料なこと。通常だと、子どもは入館料は無料でも、プラネタリウムの観覧料は別途かかるところがほとんどですよね。

名古屋市科学館なら大丈夫ですよ。理科好きな子どもにするためにも、定期的に訪れてどんどん見せてあげたいですね。無料なら、気軽にリピーターになれそうですね。

大人は、購入日より1年の有効期限の定期観覧券もあり、展示室とプラネタリウムのチケットは3,200円で購入できます。年に4回以上行くのなら、購入を考えてみてもいいですね。

開園時間:9時30分~17時
休園日:毎週月曜日、第3金曜日、年末年始など
利用料:大人展示室とプラネタリウムは800円、展示室のみなら400円
名古屋市在住の65歳以上の人、展示室とプラネタリウムは200円、展示室は100円
中学生以下は入園料無料

【子どもは0円! 愛知県のおすすめスポット(3)】愛知県児童総合センター

モリコロパーク内にある「あそびの基地」|長久手市

チャレンジタワー,愛知県,おでかけ,子ども 出典:www.acc-aichi.org

愛知県長久手市、モリコロパーク内にある「あそびの基地」と呼ばれる愛知県児童総合センターは、雨の日も遊ぶことができる室内の施設です。

館内中央にはチャレンジタワーと呼ばれるらせんの回廊があり、160メートルの標高の展望フロアに行くことができます。

絵本の部屋、発見ゾーン「音や光」、小さい子どものための「とことこのへや」、大型遊具がある「こどもの森」、縁の下に潜れるアトリウムなど、建物全体が遊具になっているユニークな施設です。

子どもは、お天気を気にせず自由自在に思う存分、遊ぶことができます。中学生以下は無料なので、学校が休みの日、雨が降った週末で体を動かしたい時にも利用することができます。

隣接するモリコロパークにも行けます。1日あっても足りないくらい遊べ、子どももきっと大満足するはずですよ。

開園時間:9時~17時
休園日:毎週月曜日、年末年始など
利用料:中学生以下無料 大人、300円 
回数券:11枚つづりで3,000円

住所や電話番号など詳細はこちら

まとめ

親の入場料はかかりますが、子どもは無料の施設を3つ紹介しました。3つとも中学生以下は無料と家計に助かるスポットばかり。

名古屋市科学館なら、プラネタリウムにまで無料で入れるのでお得ですね。出費が多くなりがちな夏休みや、連休、長期休暇のおでかけにも気軽に利用できますね。

いつも近所の公園だけで遊ばせていると、どうしても子どもも飽きてしまうもの。幼稚園や小学校がお休みの日には特別感のあるおでかけとして、”子どもは0円施設”を選んで連れて行ってみてはいかがですか。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP