海外旅行で余った外貨。どうしたらいいの?

海外旅行で余った外貨。どうしたらいいの?

Bu facebook
Bu twitter
noi

海外旅行に行ったら現地の通貨に両替しますよね。結果、全部使わずに余ってしまった…。そんな経験はありませんか?日本に帰国してから、余った外貨はどうするのがよいのでしょう。
今回は、海外旅行にまつわる何気ないお金の疑問に関するコラムです。

■余った外貨。どうしたらいいの?

海外旅行で困ることの1つが、余った外貨の扱いです。皆さんはどのようにしていますか?

両替をして、日本円に戻すというのが一般的かもしれません。ですが、余った外貨が紙幣の場合は問題ありませんが、硬貨の場合は両替できません。また、両替の度に手数料が取られてしまうので、少し勿体ないかもしれませんね。

よく行く国であれば、次回の旅行のために残しておくのも1つの手ですね。筆者も趣味が海外旅行で、毎年どこかの国に旅行に行っていますが、余った外貨は次回の旅行のために残しておきます。

一般的に空港での両替はレートが悪いので、入国時には両替をしたくないですよね。そんな時に、最初から手持ちの現金(外貨)があるのは便利です。次回の旅行時にすでに現金があれば、次回旅行時にかかるお金が安く済むという効果もあります。
もちろん、友人や家族で同じ通貨圏に旅行する人がいれば、その人に餞別としてあげてしまうのも良いかもしれませんね。

また、自分へのお土産として記念に残しておくというのも良いかもしれません。筆者の自宅にも珍しい通貨が残っておりますが、改めてその通貨をみることでその時の旅行を思い出すので、非常に良いきっかけになっています。

とはいえ、やはり頻繁に海外旅行に行かない方は、極力外貨を余らせないことが大事です。

■外貨を余らせないためにはどうしたらいい?

では、外貨を余らせないためにはどうしたらいいでしょうか?

ポイント①:現地通貨へ多額の両替をしない

「現地で現金がいくら必要になるかわからないから…」と、最初に多額の日本円を現地通貨に両替をしないことがポイントです。なるべく持ち歩く外貨を少なくするということです。

そのためには、クレジットカードを支払方法のメインにするというのも1つです。特にツアーで旅行される方は、ホテルや空港までの送迎代を現地で支払う必要がありませんので、現地で使うお金は限られています。おそらく、現金が必要となるメインの場面は、現地でのショッピングや食事になるでしょう。レストラン等はクレジットカードが利用できることが多いので、カードをメインにするというのは有効ですね。

ただし、「クレジットカードを海外で利用するのは、ちょっと怖い…」という方もいると思います。その場合は、必要な金額を小額ずつ外貨に両替しましょう。

ポイント②:チャージした分だけ!国際プリペイドカードを利用する

NEO MONEYの様な国際プリペイドカードを利用してはいかがでしょうか?旅行前に日本円を入れておくと、現地で現地通貨として引き出すことができるサービスです。
国にもよりますが、ATMは街中のいたるところで見つけることができるのでとても便利です。また、多額の日本円を持ち歩く必要がないので、安全面でもお勧めですね。

ポイント③クレジットカード+現地通貨で使い切る!

ちなみに、筆者は前述の通り、基本余った通貨は次回の旅行用として残しています。ドルやユーロなど流通範囲が広い通貨は問題ないのですが、困るのがマイナーな国の通貨ですよね。

次回の旅行がいつになるかわからないマイナーな国の通貨の場合は、基本的に余らないように旅先で使い切ることを心がけています。出国前に、空港の免税店やレストランで余った外貨+クレジットカードで買い物をします。
現金+カードという買い方を普段はしないと思いますが、実は現金で足りない部分のみカードで支払うという払い方も可能です。店員さんにたまに嫌な顔をされるのが難点ですが…(笑)

■外貨を電子マネーに!?ポケットチェンジとは?

上記以外に、これから硬貨も含め余った外貨を電子マネーに変えられる面白いサービスも始まるようです。ポケットチェンジというサービスですが、実際に7月から羽田空港で導入されるようですね。

帰国する日本人はもちろん、訪日外国人に利用してもらうことを想定しているそうです。まだ、ドルとユーロのみ対応可能ですが、今後は元やウォン、バーツなどアジア諸国の通貨も対応できるようになると面白くなりそうです。今後の展開に注目ですね!

とても楽しい海外旅行。ちゃんと海外旅行保険に加入することもお忘れなく。夏休みでこれから海外に行く方は、気をつけていってらっしゃい!!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP