投資家たちのバイブル「四季報」ってなあに?①

投資家たちのバイブル「四季報」ってなあに?①

Bu facebook
Bu twitter

こんにちは。「きんゆう女子」広報のユリコです。


毎日ランチに1000円かけているような典型的浪費OLだったのですが、近頃お弁当派になりました。(同僚には「いつまでつづくのやら…」と若干懐疑的な目で見られています)


さて本題。

資産運用や投資を考えるとき、

パッと思いつくのはやはり「株」だと思います。


なんか大損しそうで怖い、一種のギャンプルでは・・・そんなイメージを持つ人も少なくないと思うんです。そんな中で、株式投資家のバイブルのような本が存在するのです!

しかも1冊2000円弱。ランチ2回分。


その名は「会社四季報」。(以下 四季報)

http://store.toyokeizai.net/ma...


オンライン版もあります(きんゆう女子の講師、アナリスト藤本先生のコラムも!)

https://shikiho.jp/

https://shikiho.jp/tk/news/lis...


就活のときに「就職四季報」を見ていた人もいるかもしれませんが、そのグレードアップ版といった感じでしょうか。書店に行ってぜひ手にとって見てください。


私も初めて見たときは、

「分厚い・・・」

「なんか数字いっぱい書いてあってクラクラする」

という感想でした。正直。


でもこの中には3000社以上の上場企業の、過去から現在に至るまでの赤裸々なお財布事情だけでなく、記者さんたちが入念な取材の上で集めた情報、それに基づいた「今後の見通し」、つまりその企業が今後どうなっていきそうかといった、展望予想まで書かれているんです。


詳しくはいろいろなサイトで解説されています。

http://123.rheos.jp/labo/trivi...

http://toushi-kyokasho.com/shi...


上手く読み込めば今後どんどん成長しそう、

ダイレクトに言うと儲けさせてくれる企業の目星もつきますし、逆に「ここに投資したら危険?!」という注意信号にも気づけるんです。


そしてざーっと眺めるだけでも今の経済的な流れ、流行のようなものも分かってきたりします。テレビのニュースを見るのが楽しくなるかも。

(人工知能、フィンテック、自動運転…いろんなキーワードがひろえます)


昨日UPした記事(https://kinyu-joshi.jp/blog/36fZBo)にもありましたが、自分の会社の経済状況や、第三者目線でどう市場から評価されているかということも四季報でチェックできます。(上場企業のみ)


そして転職を考える際にも活用できそうですね。

次回は四季報の具体的な使い方についてのセミナーレポートをUPする予定です♪


お楽しみに(^^♪




出典元:Pinterest

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP