海外の教育事情を紹介!世界教育システムランキング1位の韓国の実態とは

海外の教育事情を紹介!世界教育システムランキング1位の韓国の実態とは

Bu facebook
Bu twitter
韓国 教育システム

世界40カ国の学校教育の効率性をランクづけする「世界教育システム指数」で首位を獲得した韓国。日本以上に学歴社会で、教育に非常に熱心な韓国では、一般的にどのような教育がされているのでしょうか。

ヒートアップする韓国の教育熱

韓国では、「教育熱」「早期の教育熱風」という言葉があり、ほとんどの家庭では子供が満2歳になる頃から、ハングル、算数、英語などを学び始めるんだとか。0歳児の頃から教育を始める家庭も珍しくなく、満5歳になる頃にはほとんどの子供がピアノ、美術、テコンドーなどを民間経営の塾や「ハグォン」と呼ばれる学院に通って学ぶそうです。

幼稚園や保育園、託児所でもハングル、算数、美術、英語等を学び、小学校に入学するまでに基本的なことは身につけていることが前提なので、マスターしていなければ小学校の授業が始まってから苦しい思いをすることにもなりそうですね。

なぜそんなに教育熱心なのかというと、韓国では0.8%の大企業が全企業の売り上げの64%以上を占めており、その大企業に入るためにはより良い大学に入ることが必須だからだそう。もちろん、狭き門なので競争は熾烈になり、教育熱が高まっているようなのです。

勉強の強要により精神面に影響も

韓国では、子供が学齢期になると、「学習紙(ハッスッチ)」といわれる学習プリントを始めることが多いそうです。

学習紙(ハッスッチ)とは、日本でお馴染みの「進研ゼミ」「Z会」のような通信教育教材で、子供が一定量を勉強できるように定期的に配布される問題用紙のこと。学習紙は、学院や塾と比較すると経済的負担が少ないこと、先生訪問サービス付きの学習紙もあることから人気が高く、多くの子供が何かしらの学習紙を受講しているそう。

ところが、近年、子供たちの間で「学習紙症候群」なるものが現れているというのです。学習紙症候群とは、子供の気持ち考えずに無理やり勉強を押しつけたために、精神面に悪影響がでること。OECD加盟国など30か国を対象に行われた2014年の調査では、韓国は子供の幸福度が最下位という結果も出ており、熱心すぎる教育が子供に深刻なストレスを与えている状況が問題になっています。

変わりつつある韓国の教育

受験戦争の激化と、それによる子供への肉体的・精神的な不安、大卒者が多くなりすぎたことによる大卒若年層の高い失業率などの問題を受け、韓国の教育に対する姿勢は少しずつ変わっているようです。親や子供の意識が変わり、大学ではなく商業など専門技能を身につけられる学校への進学を選ぶ学生が増えたため、近年の大学進学率は下降傾向にあります。

また、企業側も単に学歴だけではなく能力評価によって採用をするようにしたり、高卒就職への門戸を広げたりといった改革を進め、専門系高校卒業者の就職率が急激に上昇していると報じられています。

子供の幸せのために“本当に大切なこと”とは

子供には幸せになってもらいたいと願うのは、世界共通。将来はしっかりと手に職を付け、経済的に安定した暮らしをしてほしいと多くの親御さんが思っていることでしょう。しかし、はっきりとした目標もなく、ただ子供に何でもやみくもに押しつけてしまうのは考え物です。

子供がどんなことに興味を持っているのか、才能があるのか、何に向いているのかをよく考えずに、ただ周囲よりも良くできればいい、他の子に置いていかれるという不安から子供を追い立てているのであれば、一度立ち止まってみなければなりません。本当に子供の幸せを願うのであれば、子供の立場にたち、子供が何を望んでいるのかを考えることが大切です。

子供の将来のためにいろいろなことを頑張らせたい、と思うことはどの国でも親心として当然ではありますが、子供の心身の健康が第一です。子供が複数の習い事をしていて疲れている様子が見られるなら習い事を減らす、お友達と遊ぶ時間をとる、週末は家族でお出かけする、など、子供がホッとできる環境を親が提供することも大切です。

ときには、勉強から離れて思いっきり遊ぶのもおすすめです。日本と状況が似ている韓国から良い点も悪い点も学びつつ、子供の教育に力を入れていきたいですね。

参照/ エキサイトニュース「世界教育システムランキング、首位は「韓国」、日本は2位」 KONEST「韓国の教育事情」 韓国文化と幼児教育の現状 中央日報「大学進学率OECD1位なのに…大卒者の4割は就職できず=韓国」 ロイター通信「韓国が「子供幸福度」最下位、受験ストレスなど影響=先進国調査」

PHOTO/Marie

関連コラム

バイリンガルで学校好き?オランダの教育事情を紹介
目指せバイリンガル?インターナショナルスクールは進路に注意!
お金持ちへの分かれ道?!英語力と年収の関係とは?
男の子らしさ、女の子らしさって? 海外の性差に対するジェンダー教育

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP