スポーツは幼児から!?口コミで人気のおすすめ習い事5選

スポーツは幼児から!?口コミで人気のおすすめ習い事5選

Bu facebook
Bu twitter

みなさんは、子どもの習い事について、検討していらっしゃいますか?周りのお友達が続々と習い事を始める中、我が家は?うちの子は?と悩んでいるパパ・ママもいると思います。

習い事って、何が良いのか…。うちの子には、何が合っているんだろう?特に悩むのがスポーツ系の習い事です。

やはり、小さい頃から身体能力を備えて、すくすく成長してもらいたいものですよね。たくさん体を動かして、体を丈夫にしてほしいという思いもありますね。

今回は、スポーツ系の習い事についてご紹介します。おすすめのスポーツ系の習い事と、スポーツを習うことで子どもにどんなメリットや効果があるのかについてなどなど。

見逃せない情報が満載ですよ!

幼児の頃からスポーツを始めることのメリット

早くからスポーツをやるメリット

鏡に向かってポーズをとる女児,幼児,スポーツ,おすすめ 出典:Instagram: shihoco_mさん*写真はイメージです

幼児期(小学校に入るまで)に、スポーツ系の習い事をする子どもが増えているようです。幼児期は、スポンジのように何でも吸収する時期です。

体自体も強くなりますし、スポーツを通していろいろな経験をすることで、自分の自信にもつながってきます。幼児の頃からスポーツを始めることの考えられるメリットは、以下の通りです。

・体力の向上
・運動能力の向上
・肥満防止
・心身ともに健全な発育を促す
・心肺機能、骨形成などに良い影響を与える
・社会適応力の発達
・自己抑制力の発達
・ルールを守る力が身に付く
・協調する力が身に付く
・社会性を養うことができる
・認知的能力の発達(脳の運動制御機能、知的機能の発達促進)

スポーツをやることで身に着けてほしいこと

では実際に、スポーツの習い事をする上でママ・パパたちが子どもに身につけてほしいことは、主に以下のようなことでしょう。

・基礎体力(風邪をひかない丈夫な体になって欲しい)
・自信(引っ込み思案の子がスポーツを通して自分に自信が持てるように)
・根性(負けたくない!という強い意志を持つように)
・礼儀作法(あいさつなどきちんとできる子に)
・将来のために(プロになってほしい。特技を持ってほしい。)

など、様々です。スポーツ系の習い事を通して、たくさんのことを身に着けてほしいと願っている親が多いんですね!

はじめてのスポーツ系習い事の選び方

本人の強い意思から選ぶ

ボールを蹴る男の子,幼児,スポーツ,おすすめ 出典:Instagram: michik015さん*写真はイメージです

実際に習い事を始めようとした時、どのスポーツが良いか選ぶ時に大切にしてほしいことは、習いごとをする本人が持っている希望を聞くことです。

「将来は野球選手になりたい!」という夢や、強い意志があればぜひ、尊重してあげましょう。「将来は魚になりたい(笑)」という夢があるなら水泳を始めてもいいですね。女の子なら「かわいいドレスが着たい!」という理由からバレエを選択してもいいんです。

お子さんが興味のあるもの、スポーツのジャンルから習い事を選んでみましょう。やはり子ども自身が興味がある方が長続きもしますし、打ち込めますよね!

そういう、大人からみるとふわっとした理由からでも、なるべく本人の意見を取り入れることが、結果習い事を継続させることになるかもしれません。

子ども自身の性格などから向いているものを選ぶ

まだ子どもに「コレをしたい!」という具体的な意思がない場合は、親が習い事を選んであげてもいいと思いますよ。その場合は、子どもの性格を考慮して選んであげると良いと思います。例えば、

・内向的な子をもっと社交的にしたい→団体競技(サッカーなど)
・動物が好き→乗馬など
・戦いごっこや、戦隊ものが好き→武道(空手など)
・体を動かすことが好き→ダンス、リトミックなど
・公園などで外遊びするのが好き→体操教室

自分の子どもに「何の習い事が合っているか」よく分からない場合は、体験教室にまず参加してみましょう。体験後、子どもの感想を聞いた上で、子どもに合っているか、楽しく習えそうかなど確認してみましょう。

友達と始められるものを選ぶ

仲のいいお友達と一緒に始めるという方法もおすすめですよ。習い事に行き帰りなども一緒に行けますし、レッスン中の待ち時間も、楽しいおしゃべりタイムになりますね。

ママ同士で、共通の話題が増えますし、習い事の大会やテストなど情報共有から、園のことまでいろんな情報交換ができるのもいいですね。

閉園後、そのまま習い事に通うスタイルもあります

幼稚園や保育園の中には、閉園後の教室や体育館を利用して習い事が行われているところもあります。

園から帰宅しないでそのまま、習い事に連れて行ってもらえる場合もあります。親にとっては延長保育の感覚で、習い事を通わせられるのでとっても有り難いですね。

園へのお迎えと習い事のお迎えを一度できるのでとても便利です。通園している幼稚園や保育園なので、園のお友達が通っているため、子どもにとっても馴染みやすい環境の中で習い事を始められます。

子どもも新しい環境の中で習い事をするよりも、リラックスした雰囲気の中で習い事ができそうですね。親としてもいつもの園での習い事なら、安全で安心できると思います。

幼児向けのスポーツ系習い事をご紹介!

【1】スイミング

水への恐怖感がなくなり、全身の筋力アップ!

バタ足をしている男の子,幼児,スポーツ,おすすめ 出典:Instagram: asuasuasu.sさん*写真はイメージです

幼児期は、なかなか水に顔をつけられないもの。スイミングを始めることで、水の楽しさを覚えれば水に対する抵抗がなくなることも多いようです。

また、スイミングは水の中なので、体への負担が軽減される上に、全身を使うので体全体の筋力がバランス良くアップします!成長真っ只中の子どもにとっては、とてもうれしい効果です!

ぜんそく気味の子にもおすすめ

「喘息には水泳がおすすめ」という話を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。喘息の子どもは、運動するときにぜいぜい、ひゅーひゅーという症状が起きやすいそうです。喘鳴(ぜんめい)と呼ばれる呼吸音です。

運動して起こる発作を運動誘発喘息と言うそうです。「喘息持ちだからうちの子は、普通のスポーツは少し難しな…」というご家庭は、スイミングをおすすめします。

乾燥した、冷たい空気を吸うと喘息の発作が起こりやすくなるそうです。できれば、喘息の子どもは暖かく湿気の多い環境でスポーツを行うことが適しています。

暖かく湿気の多い環境…といえば、そう「温水プール」です。そんな点からも喘息の子どもにスイミングがおすすめと言えると思います。

その子のレベルや泳力によってレッスン内容を調節できる上、無理なくマイペースで筋力をアップしていくことが可能です。

身体を鍛えて筋力がアップすると、息が上がりにくく運動時の発作を少なくなると言われています。筆者の周りも、小児喘息だったという子がスイミングのおかげで治ったというケースも聞きますよ。

スイミングの効果

・基礎体力の向上
・心肺機能を向上
・体温調節機能が向上
・皮膚感覚が強くなる
・関節や骨に負担をかけずに全身運動ができる
・左右対称の動きにより、筋力がバランス良く付く
・空間認知能を鍛える
・水中での呼吸を繰り返すことで、自律神経の発達を促す
・協調性が身に付く

代表的な教室|イトマン

イトマンは、有名オリンピック選手も所属しているスイミングスクールです。幼児教室では「楽しみながら続けること」をモットーに取り組んでいます。

2歳6ヶ月~中学生までが対象の「はじめての体験教室」も定期的に開催されているようです。「短期水泳教室」は、幼稚園の長期休み中に催される水泳教室です。

通年で通うことはまだ考えられないけれども、水泳を覚えてほしいとお考えのご家庭にはぴったりのレッスンですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

受講料の目安

幼児教室(2歳6ヶ月~4歳6ヶ月):週1回:7,560円~

受講料は施設により異なります。詳細は、直接お問い合わせください。

【2】バレエ

きれいな姿勢が身に付く!

バーレッスンをしている女の子,幼児,スポーツ,おすすめ 出典:Instagram: taka83227さん*写真はイメージです

バレエと言えば、パステルカラーのレオタードに、チュチュ、トゥシューズなど…。衣装から女の子の憧れですよね。

バレエは常に背筋を伸ばし、きれいな姿勢を保ったまま動いていきます。バレエを習っていると自然とその姿勢が身に付きます。

美しい姿勢は、何度も繰り返すうちに体が覚えてしまうので、大人になっても姿勢の良い大人にきっとなるでしょう。

体幹・全身の筋肉が鍛えられる

バレエは全身を使って表現をするので優雅ですが、実はとても筋肉を使います。いろいろな体勢をとりますので、体のコアな部分、体幹も鍛えられますよ。

ストレッチを毎回するので、体も柔らかくなりますよ。踊りには、優雅でゆったりとした動きや、素早い動き、ダイナミックな動きなどさまざまな動きの組み合わせで、行います。

さらに、ストーリーや動きに合わせて一緒に表情を作ったり、マイム(身振り手振りで示す言葉)もするので、芸術的要素が強いスポーツとも言えるでしょう。

柔軟性の高いしなやかな体づくりと、脳が活性化できそうですね。最近では、バレエを男の子が習うことも増えてきているようです。男の子のバレエも、かっこいいですよね!

バレエは受講料以外にも出費がある!

バレエ教室の受講料は、他のスポーツ教室の受講料とあまり変わりはありません。が、発表会などがあると、衣装などを用意する必要があります。その都度、費用がかかってきます。

また、発表会に向けての特別レッスンは月謝と別途支払う場合もあります。入会する前には、詳細について確認されることをおすすめします。

バレエの効果

・体が柔らかくなる
・姿勢が良くなる
・体が引き締まる
・柔軟な動きが身に付く
・体幹を鍛えられる

個人の教室が多い!

バレエ教室は、主に個人でやっている教室が多いようです。教室により受講料は異なってきます。詳細は、各バレエ教室までお問い合わせください。

受講料の目安

週1回:6,000円~

有名ダンサーがいる様な教室(プロを目指すような)は高い傾向があります。地域密着型の教室では比較的安めの受講料のようです。

【3】空手

心・技・体が身に付く!

型を決める子ども達,幼児,スポーツ,おすすめ 出典:Instagram: shin53961さん*写真はイメージです

武道は礼儀作法もさることながら、強い精神力(心)も身に付くと言われています。空手は、女の子にもひそかに人気の習い事なんですよ。

全身(体)を研ぎ澄ませた動き、型の美しさを極めるなど、集中力も身に付きます。空手道は、「礼に始まり礼に終わる」と言われています。

丁寧なお辞儀ができるようになったり、大きな声で、目を見て挨拶ができる子にもなるでしょう!

いざという時の護身術(技)にもなるかも!?パパ・ママにとっては、心強いスポーツでもありますね。

痛みを知ることができる

自分の痛みを知ることで、相手の痛みや辛さを分かるようになるかもしれません。自分よりも年齢が下の子に思いやりを持って優しく接することができるようになることでしょう。

特に今の世の中には、とても大切なことかもしれませんね。「自分が痛いと思うこと、人の嫌がることは他の人にやらない」という大切な教えを習い事を通して心身で学べるのはとてもいいことですね。

空手の効果

・礼儀作法が身に付く(特に目上の方に対して)
・体力が向上
・心身ともに強く逞しくなる
・運動能力が向上
・大会に出場することで人前力が身に付く
・全身運動ができる
・バランスの取れた身体の発育を促す
・集中力を養える

代表的な教室|極真カラテ

極真空手を学べる道場を束ねている会館です。極真空手とは、自分が努力して身に付けた技を全力で相手にぶつけます。また、相手の技を全身で受け止めます。

大きな声であいさつ、返事をすることを指導してもらえます。子どもに、礼儀作法を身に着けたいパパ・ママは一度、検討してみてはいかがですか。

この記事に関連するリンクはこちら

受講料の目安

中学生以下:7,000円

別途、入会金などが発生します。また、教室や地域により、受講料が異なります。詳細は、直接お問い合わせください。

【4】リトミック

音楽+体操

リトミックをしている女児,幼児,スポーツ,おすすめ 出典:Instagram: maroyui0723さん*写真はイメージです

幼児期からする習い事の定番化しているリトミック。リトミックは音楽に合わせて楽しく体を動かします。遊びや幼稚園や保育園のお遊びの延長線という形で、子どもも溶け込みやすいかもしれません。

親も一緒に楽しめるレッスンだという点もポイントです。

想像力が豊かになる!

リトミックは別名、リズム体操とも呼ばれています。その名の通り、音楽を聞いて体でリズムを取ったり、体で表現したりするリズム運動とも言えるでしょう。

一般的に「この音楽にはこの動き」といった型がなく、感じたまま体を動かしたり、思った通りにダンスしたりできるので、とっても自由な雰囲気の中、レッスンが進む教室が多いと思いますよ。

音楽を聴く集中力と、心のイメージを体で表現するため想像力が鍛えられます。子ども自身が感じ取り、行動に移すのはとっても大切なことですね!

みんなと一緒に、みんなの前で表現するので人前力も自然につくかもしれませんね。また、先生の真似をしたり、お友達との表現の違いに気付いたり…。

違いを楽しみながら、身体を自由に動かす楽しさを味わえますよ。リトミックは子どもの成長に合わせたプログラムを考えてあります。1歳半頃から、始められるのも特徴です。

リトミックの効果

・運動神経と脳を同時に刺激できる
・しなやかな体づくりができる
・パフォーマンス力が身に付く
・音を聞いて瞬時に体で反応する力
・リズム感が養われる
・音や音楽に耳を傾けることで集中力の向上する

代表的な教室|小林音楽教室

小林音楽教室|幼児リトミック=ソルフェージュクラスでは、1レッスン定員6名と少人数制で親子一緒に楽しめるリトミックの教室になっています。

「リズムと運動」をはじめ、「音楽鑑賞」や「うた」、「読み書き」、「音楽遊び」など多岐に渡るプログラムをバランス良く学べます。

音楽に親しみながら、鍵盤や音符にも興味が広がるようなレッスンです。将来的に楽器を始めたいとお考えの親子には特にぴったりの習い事と言えるでしょう。

受講料の目安

0歳~年長クラス 月3回:7,000円

教室や地域により異なります。詳細は、直接お問い合わせください。

【5】体操教室

体を動かす基本を身につける!

跳び箱を飛ぶ男児,幼児,スポーツ,おすすめ 出典:Instagram: riimaa0916さん*写真はイメージです

体操教室は運動の基礎、体を動かす基本をきちんと学ぶことができます。やはり何をするにしても基本は大事ですよね!

小学校へあがって、他にスポーツの習い事をする時でも、やはり運動の基礎が身に付いていると、習得も早くなります。

運動でケガをしにくくなる

いろいろな運動をすることで、とっさの時に体が正しく反応できるようになるでしょう。体を動かす際の基礎の動きを身につけるので、普段の生活でもケガをしにくくなります。

ケガをしにくくなるというのは、親にとってもうれしいことですよね。自分の体の可動域や、筋肉の左右差を知ることで、利き腕、利き足なども意識ができるようになります。

体操教室の効果

・自分の体の動かし方が分かる
・身体が強くなる
・いろんな運動が体験できる
・体力の向上
・持久力が付く
・ルールや順番を守ることで、社会性が身に付く
・団体行動をすることで、協調性が身に付く

代表的な教室|コナミスポーツクラブ

コナミスポーツクラブ|運動塾では、「とびばこが跳べるようになりたい」、「逆上がりができるようになりたい」などの運動する目的別のコースもあります。

また、年齢別に体操をバランス良く取り入れたレッスンも行っています。お子さんの得意分野を伸ばすのも良し。苦手な運動を克服するためにワンポイントで集中レッスンを受けられるのも良いですね。

お子さんに合わせたレッスン内容を選べるのも魅力のひとつです。

この記事に関連するリンクはこちら

受講料の目安

スポーツリトル(2歳6ヶ月~4歳対象クラス、週1)、キンダー(3歳~小学2年生、週1):8,362円

受講料は施設により異なる場合があります。詳細は、直接お問い合わせください。

まとめ

いかがでしたか?子どもの習い事にはメリットがたくさんあります。もちろん何種類にもチャレンジしてもいいとは思いますが、あまり詰め込み過ぎないようにしましょう。

また、子どもの習い事は「体験教室」といって、無料などで見学会や実際のレッスンをお試し体験ができる施設も増えている傾向です。

もし、積極的な募集をしていない習い事の教室でも、一度問い合わせてみる価値はあると思いますよ。習い事をさせたいけど、「この子に向いているか分からない」、「どんな教室なのか見てみたい!」という時には、体験教室をぜひ、利用してみてくださいね。

お子さんが楽しめるような習い事が見つかるといいですね。ぜひ今回の内容を参考にしてみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP