子供に宿題をやらせると悪影響ってホント?

子供に宿題をやらせると悪影響ってホント?

Bu facebook
Bu twitter
宿題

学校や遊びから帰ってきた子供に『宿題をしなさい』『宿題は終わったの?』と何度も繰り返し声をかけて、子供にうんざりされた経験はありませんか?

子供から鬱陶しいと思われても、宿題をすれば、『子供の成績が向上する』『子供の頭が良くなる』と信じているからこそ、親は必死で子供に宿題をさせようとしますよね。

しかし実は、小学生にどれだけ宿題をやらせたとしても、それによって成績が向上するという証拠は見つかっていないのです。それどころか、悪影響になることも!?

今回は、宿題が子供に与える影響についてご紹介します。

宿題によって得られる利益は『年齢』に依存している

宿題に関する研究を行う第一人者、デューク大学のハリス・クーパー氏によると、宿題によって学術的に利益を得ることができるのは高校生になってからだそうです。

それも、1日2時間が限度。それ以上の時間を宿題に費やすと利益は少なくなってしまうのだとか。

彼の研究では、宿題によって得られる利益は年齢に依存していて、特に小学生の年齢の子供が宿題をどれだけやっても成績が向上するという証拠は見つかっていないと発表されています。

さらに、中学生でも宿題をすることが成績向上に良い影響をおよぼすことはないそう。

これは驚きですね。

宿題をさせることで、幼児や小学生の学習に対する興味を失わせる可能性も?

幼稚園や小学校への入園・入学は、子供の向学心を育てる良い機会のはずですが、親が宿題を無理やりさせたり、宿題をさせることを目的にしたりしていると、子供の学習意欲や勉学への興味を失わせてしまう危険もあるようです。

宿題は、学校での勉強の予習・復習を目的とする以外にも、子供の責任能力を養うことや、親との自宅学習ができることがメリットだと考えられています。しかしクーパー氏は、“子供にとって責任能力を養うことや、学校の勉強と同じくらい重要な『良い睡眠』『家族との時間』『遊ぶ時間』もとても重要であり、宿題をすることでこれらの時間を削るのはいかがなものか”と警鐘を鳴らしています。

子供が『楽しい』と感じる学び方がおすすめ

無理やり宿題をさせるよりも、親が子供と一緒に声に出して本を読んだり、子供が読書を嫌がるなら、親が本を朗読してあげたりすることの方が、子供には良い影響があるようです。

子供に、本を読むことや勉強することが『楽しい』と感じさせることが、とても大切なことなのですね。

クーパー氏は、子供たちが宿題のない文化の中で、放課後の時間を有意義に過ごしながら、楽しく学習できるようにすることを推奨しています。

たしかに、リラックスできるはずの家庭での自由なひと時を、宿題だけに奪われてしまうというのは少し残念なことかもしれませんね。


宿題を研究しているクーパー氏は宿題に大反対のようですが、実際に幼稚園や小学校で宿題が出たら、親としては全くやらせないわけにはいきませんよね。

そんなときは、子供に一方的に宿題をやらせるのではなく、親も一緒に宿題に取り組んでみてはいかがでしょうか。コミュニケーションを取りながら、『勉強は楽しいこと』と子供に思わせてあげるような工夫をしてあげましょう。

幼児や小学生にとっては、勉強だけではなく遊びも大切です。学校以外の時間に、勉強と遊び、家族とのコミュニケーションや十分な睡眠などの時間をバランスよく作って、子供の成長を見守りたいですね。

参照/ ライブドアニュース「子供に宿題をさせると悪影響しかない?驚きの研究結果 Gigazine「子供に宿題をさせると悪影響しかないことが明らかに」

関連コラム

試さないのはもったいない!音楽が子供に与える驚きのメリットとは
性格が関係ある?子供にむいているスポーツって?
メリットがたくさん!子供にさせたい習い事3選
なくし物トラブルをゼロに!?今すぐできる対策5つ

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP