使える常備菜!【ゆで鶏ストック】のおいしい作り方&アレンジレシピ

使える常備菜!【ゆで鶏ストック】のおいしい作り方&アレンジレシピ

Bu facebook
Bu twitter

IMG_3117.jpg
時間のあるときにまとめて作り置きできる常備菜。

おかずが足りない時の“もう1品”としてそのまま食べたり、ブラスひと手間かけて違う料理にアレンジしたり、忙しい毎日に常備菜を活用している人が増えています。
でも、常備菜自体を作るのに手間を取られたり、アレンジ方法が思いつかず飽きてしまう、なんてことも。
 
そこで、鶏肉をゆでるだけ!
メインディッシュになる!
なんかゴージャス!な「ゆで鶏ストック」を作ってみてはいかがでしょう?
 


【ゆで鶏ストックの作り方】

<材料>(1回分)
鶏胸肉 2~3枚
鶏もも肉 2~3枚
鶏手羽先 12枚
※いろんな部位をまぜてOK! 全部で2kgが目安です。

しょうが 2かけ(薄切り)
玉ねぎ 1/2個(縦半分に切る)
酒 大さじ3
塩 小さじ1/2

 

<作り方>
1.骨つき肉は下ごしらえする
手羽先には、裏から骨にそって切り込みを入れる。鍋に湯を沸かし、手羽先を入れてさっとゆでる。再度湯が沸騰したら手羽先を取り出し、ゆで汁を捨てる。

2.香味野菜と一緒にみずからゆでる
鍋に、胸肉、もも肉、手羽先を入れ、水8カップ(鶏肉が浸るぐらい)を注ぎ、すべての材料を入れて火にかける。沸いたらアクをすくい、中火にして10分ゆで、火を止めてそのままさます(暑いときは鍋を氷で囲って冷やし、なるべく早くさます)。

3.ゆで汁に浸したまま保存する
香味野菜を除いて鶏肉を保存容器に入れ、ゆで汁をこし入れて冷蔵庫で保存する。約1週間保存可能。

 
IMG_3144.jpg
 


こんな料理にアレンジできます!

「棒棒鶏(バンバンジー)」

鶏胸肉を手でさいて、ごまだれをかけるだけ
IMG_3530.jpg


「よだれ鶏」
鶏もも肉を薄切りにして、ピリ辛だれをかけるだけ

IMG_3536.jpg


「鶏のクイック照り焼き」
手羽先をこってりだれにからめて焼くだけ

IMG_3550.jpg


「すぐ揚がるクリスピーチキン」
大きめに切っても揚げ時間は2分でOK!
IMG_3583.jpg


さらに、ゆで鶏ストックを作ったときのゆで汁は、スープや煮もの、ラーメンなどに使えます!
ゆで汁でご飯を炊いて、ゆで鶏とたれを添えればチキンライスプレートも楽しめますよ♪
 


参照:『サンキュ!』9月号別冊付録「15分夏おかず31日分」より一部抜粋 監修/藤井恵、写真/高杉純、取材/春日井富喜、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP