笑顔で老後を迎えるために、今からやっておくべき大事なこと5

笑顔で老後を迎えるために、今からやっておくべき大事なこと5

Bu facebook
Bu twitter

荳区ョオ繧ソ繧、繝医Ν蜻ィ繧翫↓繹ェ.jpg
65歳まであと何年ですか?まだまだずっと先なんて思っているかもしれませんが、案外そうでもないですよ!

より幸せな老後を過ごすためには、今と残りの人生、両方の“時間の使い方”を考えることが大切です。

そこで、人生の先輩たちのリアルな声も参考に、経済的にもメンタル的にもずっと豊かな老後を送るために、今から準備するといいことをお伝えします!

1)義兄弟と仲良くする
今、義父母との関係に努力しているかもしれませんが、この先重要な話をする相手は、実は配偶者のきょうだいや自分のきょうだいの配偶者なのです。親の愛護や相続などの問題をスムーズに乗り越えるためにも、今から少しずつでもコミュニケーションを心がけましょう。


2)自分がもらえる年金額を知る
日本年金機構から毎年、誕生月に送付されてくる「ねんきん定期便」や、24時間利用できるネットサービスの「ねんきんネット」で、将来受給できる「年金見込み額」を調べましょう。老後のお金についての漠然とした不安を解消するための第一歩です。


3)夫婦で1つずつ趣味を持つ
リタイア後の生活を楽しむためには、趣味を持つことが大事。夫婦共通の趣味もいいですが、「定年後は、ほぼ四六時中顔を合わせることになるから、別々のほうが時にはいい気分転換になる」とうい声も多いんです!


4)貯「筋」をする
「健康のために毎日筋トレしています」という人生の先輩は多いもの。しかし、年を取ってから筋肉をつけるのはなかなか難しいのも事実。今から筋トレを習慣にしましょう。豊かな老後のためにはお金の蓄えも大事ですが、筋肉を蓄えることも大事です。


5)「ありがとう」を口ぐせにする
誰だって、お礼や挨拶をきちんと言えないと好かれないものです。感謝の気持ちがあっても、素直に言葉にできない人は、今のうちから口ぐせに。夫婦の会話が少なくなったときも、「ありがとう」という言葉が2人の仲を取り持ってくれるはず!


いかがでしたか? 実際に年を取ってみなければわからないことって、けっこうあります。今はまだ実感がわかなくても、人生の先輩たちのリアルな声をしかと受け止めて、今から準備して、笑顔で老後を迎えましょう♪

 


参照:『サンキュ!』10月号「65歳までにやるべき8つのこと」より一部抜粋 監修/北見久美子、取材/村越克子、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP