イマドキ英語教育事情とは?子どもの早期英語教育はなぜ重要?

イマドキ英語教育事情とは?子どもの早期英語教育はなぜ重要?

Bu facebook
Bu twitter

[PR]

英語の授業が小学校でも行われるようになったことは記憶に新しいですが、2011年度には小学5年生から必修となり、2020年度には小学3年生からの必修化、小学5年生からの教科化が完全実施されます。

「必修」は必ず教えなければならないわけですが、「教科」とは異なり、教科書を使って成績をつける必要はないものです。これが「教科化」されれば、必然的にテストや成績がつくようになります。中学で受験をする場合は「英語」が加わる可能性も高くなるでしょう。保護者、学校、そして、進学塾での意識も変わり、小学生英語を取り巻く状況は一変し、加熱することが予想されます。

自分の学生時代には「英語」で苦労した苦い記憶の残る親世代ということもあり、自分の子どもには少しでも英語への壁をなくしてあげたい、将来いろんな選択肢を与えてあげたいとの希望から、幼少期からの英語教育に注目が集まっています。

なんと、現代では5歳までに約50%以上の子どもが何らかの英語教育をうけているといわれています。

早期英語教育はなぜ有効的?

baby-17366_1920

バイリンガルの基礎を作るには、0〜3歳児の脳が急成長する時期が最も大切。この時期は脳があらゆる可能性に対応できるゴールデンエイジと言われています。

通常、人の能力は生まれたときは未熟で、その後どんどん発達を遂げるものがほとんどですが、耳に関しては、実は逆

生まれたばかりの赤ちゃんは世界中、すべての言語のすべての発音を聞き分けることができると言われています。そして、生まれた後の生活環境の中で、学習によって必要な聞き分け能力だけが残っていくのです。一説には、母音の聞き分けに関しては生後10か月が臨界期と言われています。

早期から、正しい発音を耳にすることは、子どもたちの英語の聞き分け能力を維持し、さらに、正しくきれいな発音を身につけることができます。この時期に、脳の回路を日本語と英語の両方に対応できるようにしておくことによって、両方の言語でそれぞれ思考できるようになるのだとか。早く始めるだけでこれだけのメリットがあるわけですから、この時期を逃す手はないですよね。

早期英語教育におすすめな教材は?

とはいえ、小さな子どもを連れて英会話教室に行くのは、なかなか至難の技。また英語習得のためには2000時間が必要とも言われているため、より多くの英語を聞かせたいと思ったら、家でできる教材がベストです。

そんな時におすすめなのが、「ディズニーの英語システム」(以下、DWE)。かわいいディズニーキャラクターと一緒に毎日英語が楽しめる英語教材です。またこの教材、楽しいだけでなく、効果がある子ども英語教材No.1※に2年連続で選ばれたすごい教材なんです!
※イード・アワード効果がある子ども英語教材幼児の部No.1受賞/2015年、2016年

>>「ディズニーの英語システム」無料サンプルをためしてみる

今回は、そんなDWEのおすすめポイントをご紹介します。

おすすめポイント1. 歌で英語が覚えられる!

baby-428395_1920

DWEでは赤ちゃんでも楽しく英語の音に親しめるよう、様々な工夫がされています。中でも日常会話を歌詞にした英語の歌は導入に最適。子どもの頃に覚えた歌って、大人になってもちゃんと歌えたりしますよね。英語も同じなんです。

またDWEは、キャラクターボイス、ナレーション、出演する子どもたちの声など、そのすべての音声は、厳しい発音審査を通過したものばかりとなっています。早期から良質な英語に耳を慣れさせることで綺麗な発音を身につけることができるのです。

おすすめポイント2. 大好きなキャラクターたちと一緒に親子で楽しめる!

教材画像

©Disney

©Disney. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard.

DWEのような家庭教材では、小さな子どもが飽きるのではないか、親が教えなくてはならないのでは、という不安がつきものです。

DWEなら、そんな心配は不要です。大好きなディズニーのキャラクターと一緒に学習できるのが大きな魅力。子どもたちは飽きるどころか、どんどん夢中になっていきます。

また音の出るカードやタッチペン、多彩なおもちゃなどアクティビティも満載なので、成長にあわせて長く続けられます。

さらに、子どもが本来持つ本能的に言葉の意味や法則をつかみとっていく能力を活かした英語システムなので、親が教える必要もありません

それどころか、英語が苦手なご両親が一緒にお子さんと楽しんでいるご家庭も多いとか。

子どもたちだけでなく、親も一緒に子どもと遊んでいるうちに英語ができるようになるのも夢ではありません。

>>「ディズニーの英語システム」無料サンプルをためしてみる

おすすめポイント3. 実践的に英語を話す機会がたくさん!

記事㈪用DSC_0845

DVDなどで家庭でインプットをしても、アウトプットの機会がなければなかなか英語は話せるようにはなりません。

DWEならそんな心配も不要です。

DWEを購入した方をサポートする有料の会員制プログラム「ワールド・ファミリー・クラブ」では、実際に英語を使える場を数多く提供しています。英語のミュージカル・ショーなどの週末イベントや、国内外の宿泊イベント、電話レッスンなど、ネイティブの先生と英語でお話ししたり、一緒に歌ったり踊ったり生きた英語に触れられます。また、ユーザー同士の交流も可能です。

このように、家庭では教材でたくさんの英語のシャワーを浴び、イベントなどでは英語をアウトプットするという経験を通じて、本当に使える英語が身につくのです。

始めるなら今!

小学校からの英語教育が本格的に始まり、また、今後ますますグローバル化が進むことを考えると、是非とも、子どもたちにも英語力を身に付けさせたいと考えるのは親心。

子どもたちが大人になるころには英語でのコミュニケーションの場面もますます増えていくことでしょう。

英語を始めるなら、早いに越したことはありません。まずは子どもが興味をもって、楽しんで続けていける方法をいろいろ体験してみることから始めるとよいかもしれません。

「ディズニーの英語システム」が無料でためせる!サンプルプレゼントはこちら♪

Sponsored by World Family K.K.

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP