「平等」は難しい? 結婚後の家事分担について

「平等」は難しい? 結婚後の家事分担について

Bu facebook
Bu twitter
女性の社会進出がすすみ、共働き家庭も増えた昨今。あなたは結婚したら、パートナーと家事を分担したいですか? 今回は、「結婚後の家事分担願望」について、社会人男女に聞きました。

Q.結婚したら家事は平等に分担したいですか?

したい……56.27%(229人)
したくない……43.73%(178人)

約6割の男女が、「結婚したら家事は平等に分担したい」と回答。それぞれの意見をご紹介します。

■女性の負担を減らす

仕事がある

・「仕事は少しでもやりたいから、2人で相談してできることをそれぞれがやりたい」(女性/23歳/学校・教育関連/その他)

・「私も働きにいきたいから。私はパニック起こしやすいので協力してほしい」(女性/34歳/食品・飲料/その他)

・「仕事もしたいし、子どもの世話はしたい。大きな子ども状態になられたら冷めてしまう」(女性/32歳/情報・IT/その他)

なぜ女性だけが?

・「女性にだけ負担をかけたくないから。子どもが産まれたらなおさら」(男性/37歳/医療・福祉/専門職)

・「自分だけがやっていると不満になりそうだから」(女性/36歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「男子、女子、関係なく家事や子育ては共同して行うことだと思うから」(男性/36歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

分担すれば家事は片付く

・「助け合えるところは助けあわないと、しんどくなってくるから」(女性/31歳/金融・証券/営業職)

・「家事なんて分担すれば休みの日にでもすぐに片付くし、毎日するのも分ければ早い」(男性/30歳/情報・IT/営業職)

・「結婚しても仕事を続けたいので、それぞれ得意な家事を分担にしてほしい」(女性/33歳/建設・土木/営業職)

共働き世代

・「自分の両親もそうだったから当たり前」(男性/32歳/医療・福祉/専門職)

・「現代は共働きが多いので、奥さんのみ仕事も家事もがんばらなくてはいけないのは不平等だから」(女性/34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「同じように正社員として働いているから」(女性/30歳/自動車関連/その他)

家事の負担はそうとうなもの。共働きしている夫婦にとっては、平等に分けたほうが不満や争いのもとにならないという意見が。

■家事の平等な分担は厳しい

難しいことは女性に

・「疲れてるから助けてもらいたいけど、人に任せるのは性格的に無理だから。横で私の機嫌をとってもらっていたい。それで喜んで私が全部するように仕向けてほしい」(女性/36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「料理は絶対苦手なのでできるだけやってほしい!」(男性/36歳/医療・福祉/専門職)

・「面倒なことはすべて私、最後までやってくれても完全ではないし、時間がかかりすぎる」(女性/34歳/医療・福祉/専門職)

家にいるほうがするべき

・「家にいる時間のちがいから、女性に家事をやってほしい。男性は、休日など時間があるときだけ、手伝う程度」(男性/29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「収入(=仕事量)に比例して分担すべき」(男性/34歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

・「仕事が遅いので、毎日定時上がりの彼女にお願いしたい」(男性/36歳/その他/事務系専門職)

男女には役割がある

・「家事は女性がすることだと思うから」(女性/30歳/その他/その他)

・「男の人に家事をしてもらいたくない。その姿が情けなく見えてしまう。自分の父親も家事はまったくしない人だったから、男の人が家事をするのは違和感。一緒に料理をするのはオッケー!」(女性/35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「男は元気で外がいい。女は家庭を守るもの」(男性/38歳/その他/営業職)

平等こそが不平等!?

・「量的に平等でなくてよい。平等、と決めたらそれに縛られて不満を感じたりしそう。自分と相手の得意不得意とその時々の負担でゆるく分担したい」(女性/29歳/情報・IT/専門職)

・「平等に分担すると、今日したくない家事やできない家事があっても、手伝ってもらえないし、やるって言ってやってなくて、責められるのがイヤだから」(女性/34歳/医療・福祉/専門職)

・「できる範囲ではやりたいが、すべてを半分するのはイヤだ」(女性/35歳/建設・土木/技術職)

一方、平等に分担してしまうことを窮屈に感じてしまう人も。それぞれが得意なものを担当し、そのときどきの状況でゆるく分担すべきという人もいました。

■まとめ

男女の家事分担は時々話題になりますよね。今回のアンケート調査では「結婚したら家事は平等に分担したい」派が多い結果になりましたが、量はともかく、男性にも家事をしてほしい女性が多いことが伺えますね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月26日~2月29日
調査人数:444人(22歳~39歳の男女)
※画像はイメージです

関連リンク
奥さんの妊娠出産によって、イクメンに変身した男性のエピソード16
働く女性の本音炸裂! 「専業主夫の増加」について思うこと4つ!
あなたは彼にとって“結婚したい女”?「嫁レベル診断」
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP