口コミで人気!アサヒビール茨城工場へ家族で見学に行こう!

口コミで人気!アサヒビール茨城工場へ家族で見学に行こう!

Bu facebook
Bu twitter

でき立てのビールを試飲できるビール工場見学。ビール好きのパパママにはたまらないかもしれませんが、ビールのできる工程や環境への取り組みなどは夏休みの自由研究にもぴったり。

アサヒビール茨城工場では見学も駐車場も無料、工場限定ショップでお土産が買えたりと、家族で楽しめるスポットとして休日は親子連れでにぎわいをみせています。

それでは、自然豊かなアサヒビール茨城工場で、親子で一日楽しめるプランについてご紹介します。

【1】アサヒビール茨城工場 見学の流れ

見て、触れて、飲んで、楽しみが3倍!

オリエンテーションシアター,アサヒビール,茨城工場, 出典:www.asahibeer.co.jp

広大な敷地に建てられたアサヒビール茨城工場は、水と緑あふれる自然豊かな工場です。工場見学は3面の大型スクリーンに映し出されるビールの取り組みについてのオリエンテーションシアターからスタート!

迫力映像の後は、ビールの主原料である麦芽やホップなどを実際に触れることができる展示スポットや、ビール作りを24時間管理している仕込室、醸造過程、瓶詰め・缶詰めの製造ラインなどを楽しく見学して行きます。

見学後は、地上60メートルのアイムタワーと呼ばれる展望台で、お楽しみの試飲タイム。ビールの試飲は20分で一人3杯までです。

ノンアルコールビールやサイダー、アップルジュースなどのソフトドリンクも充実しているので、子ども達だけでなく妊娠・授乳中のママや、運転手のパパママも安心ですね。

【2】アサヒビール茨城工場 その他の施設

見学以外の楽しみもたくさん!

ギフトショップ,アサヒビール,茨城工場, 出典:www.asahibeer.co.jp

工場内にはここでしか買えないノベルティグッズや、ビールやウイスキーにちなんだ商品、食品などが販売されているギフトショップが併設されており、見学後のお土産選びも存分に楽しめます。

また広大な敷地内にはオープン庭園が設けられ自由に散策できるので、小さな子どもがいても外に連れ出せるので安心ですね。

そして何といっても地上60メートルという試飲会場は、茨城工場ならではの魅力の一つ。天気の良い日は筑波山や富士山も遠望できる、三方がガラス張りのアイムタワーでゆっくりいただくビールは格別です。

試飲だけでなくおつまみや、子ども達用のスナック菓子、お土産の工場見学記念ノートなども用意されているので、見学後も家族でゆっくり楽しめますよ。

【3】施設概要、工場見学の申込みについて

見学には無料送迎バスを利用しよう

アサヒビール茨城工場,アサヒビール,茨城工場, 出典:www.asahibeer.co.jp

工場見学は年末年始、指定休日を除く9:30~15:00、所要時間は試飲時間を含む約90分、大人も子どもも料金は無料です。

見学の予約はインターネットと電話で簡単にできますが、土日以外に平日も製造ラインが稼働していない場合があるので、事前に問い合わが必要です。

工場へは、つくばエクスプレス・関東鉄道常総線(取手駅始発)守谷駅から無料送迎バスを利用すると約10分、行きのみ事前予約が必要なので見学予約の際に確認してみましょう。

併設の無料駐車場の利用も可能ですが、台数に限りがあるのでなるべく送迎バスを利用することをおすすめします。

ゴールデンウィークや夏休みには子ども向けのイベントなどが開催されることもあるので、ぜひホームページをチェックして家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

アサヒビール茨城工場の住所、TEL等の基本情報

【住所】
茨城県守谷市緑1-1-1

【アクセス】
つくばエクスプレス線 守谷駅から2450m
関東鉄道常総線 守谷駅から2460m
関東鉄道常総線 新守谷駅から2500m
関東鉄道常総線 小絹駅から3680m

【営業時間】
見学受付 9:30~15:00

【定休日】
年末年始・指定休日

【お問い合わせ】
0297-45-7335

【赤ちゃんデータ】
駐車場 ◯
雨の日 ◯
売店 ◯

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

子連れで行きたくなるおすすめの工場見学スポットをご紹介しました!ビールのできる工程や環境への取り組みなどは夏休みの自由研究にもぴったりな、アサヒビール茨城工場。ビールの試飲ができるのはパパママにとってもうれしいですよね!

今回ご紹介した内容以外にもみどころはありますので、ぜひご家族で茨城県守谷市のアサヒビール茨城工場へ行かれてみてはいかがでしょうか。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP