新婚夫婦の間に話し合っておくべきお金のポイント(共働き編)

新婚夫婦の間に話し合っておくべきお金のポイント(共働き編)

Bu facebook
Bu twitter

今までは、各々の収入で生活をしてきた2人・・・そんな2人が夫婦となって新婚生活を送るにあたり、避けては通れないのがお金に関する話。
ラブラブな新婚生活・・・がよもや一変なんてことは起こってほしくありませんよね。

それでは新婚生活を始めるにあたって、お金のどんなことを話し合っておけば良いのでしょうか。

■【POINT1】お財布の管理方法について話し合おう

管理方法は主に3つのパターンに分けられます。以下を参考に自分達に合った管理方法を見つけるとよいでしょう。

1)共通の生活費用口座を作る
おすすめ:自由に使えるお金をお互いに確保したいご夫婦

共働きであれば、ある程度ご自身のみで使えるお小遣いがほしいですよね。今までの独身時代でしたら「あまりお財布の管理はしていない。ある程度自由に買い物をしても、それなりに貯蓄もできていた」そんな方もいるかと思います。
新婚生活を迎えられた中で、急にお小遣い制になると息苦しい・・・・そこでこの方法を使います。

共通の生活費用口座を作る場合、共有の生活費以外はお小遣いになります。全額お小遣いとして使ってしまっては貯蓄が出来ませんのでご注意ください。
また生活費として入れる金額は、各々同額にしてしまうと収入の差がある場合には不平等になってしまいますね。お2人の収入割合から、適切な割合を判断すると良いでしょう。

2)支出項目別に割り振る
おすすめ:夫婦間でメリハリをつけて、管理したいご夫婦

支出項目別に分けてご夫婦で担当項目を決めます。固定費とその他の流動費で分けるとよいでしょう。

固定費は、家賃、通信費、光熱費など毎月大きく変動せずに掛かってくる費用です。流動費は、食費、レジャー費など毎月かかるお金が変わってくる費用のことです。

収入が多い方が金額が大きくなりがちな固定費を担当されることをおすすめします。もちろん固定費であっても、ご夫婦とも利用している携帯料金などは各自負担しても問題ありません。

一方、食費などの変動費は、買い物をよくする方が管理した方が良いでしょう。使いすぎたか否かが見えやすくなるためです。

3)どちらかに生活費を手渡しする
おすすめ:夫婦のどちらかがお金の管理が苦手なご夫婦

奥様が管理することを前提に考えてみましょう。
奥様の収入はないものとして、最初からご主人様の収入の中で生活する習慣づけをするのがおすすめです。働いているうちは、奥様の収入は臨時収入と位置づけて貯蓄しておくのが理想的です。

上記の3パターンをご紹介しましたが、まずは様々なパターンを試してみると良いでしょう。
そして、その中でお二人が納得のいくお金の管理方法を見つけていってください。

■【POINT2】 貯蓄方法と金額について話し合おう

さて【POINT1】ではお金の管理の仕方をご紹介しましたが、何度か出てきた『貯蓄』というフレーズ。ここでは貯蓄の考え方と目安について解説します。

[貯蓄の考え方]
貯蓄の考え方は2つのパターンがあります。

A)余った分を貯金する
収入-支出=貯蓄

B)最初から貯蓄に廻す分はよけて、余った分でやりくりする
収入-貯蓄=支出

2つを比較してみると一目瞭然です。(B)のパターンの方がより貯まりやすいですよね。
つまり『予め貯蓄する金額を決めること』、これがしっかり貯蓄をしていくための第1ステップです。

[貯蓄金額の目安]
一般的な目安としては、収入のうち20%と言われています。

2人の月々の手取りの合計金額が40万円だとすると、40万円×20%=8万円

8万円が月々の貯蓄金額の目安です。

まずはお2人の収入を合算して、計算することから始めてみましょう。

[貯蓄金額の決め方]
貯蓄の目安は収入の20%となりますが、具体的な貯蓄金額を決めるにあたって、ライフプランについて考えることは欠かせません。ライフプランとは人生設計のことです。
教育・住宅・老後などの人生における三大支出や自動車購入や海外旅行などが、「いつ起こりそうなのか?」「いくら必要なのか?」を考えていきます。
ライフプランを考えることで、将来から逆算して毎月いくら貯蓄していけば実現できる!という見通しが立てられます。

■【POINT3】 保険について話し合おう

実は今までのお話と密接にかかわってくるのが保険の話。
結婚したタイミングで医療保険や生命保険へのご加入を検討される方も多いのではないでしょうか。

自分達で貯蓄する自信が無い・・・というご夫婦は、貯蓄タイプの保険に加入されるとよいでしょう。保険には保険料が貯蓄になるタイプもあります。保障と貯蓄を同時にすることができるので一石二鳥です。
また既にご加入されている方で、生活費の内訳を見た時に保険料が結構高いという方におすすめなのが保険の見直しです。

見直しをするだけで何千円~1万円単位で削減できる方もいます。同じような保障内容にもかかわらず保険料は1.5倍もの差が出ることはよくあります。少しでも保険料を下げることで、その分貯蓄に廻すことができます。

まずは、きちんとご加入中の保険の保障内容と家計に占める保険料の割合を確認してみましょう。適正かどうかがわからないという方は、ファイナンシャルプランナーに相談するとよいでしょう。

楽しい結婚生活を送るために、夫婦のお財布についてきちんと話し合いをしてくださいね!

--------------------
執筆者:寺床 彩
(ブロードマインド株式会社の女性ファイナンシャルプランナー)
気になる教育・住宅・老後の話、家計のやりくりについてお答えしています。
セミナーでは難しいお金の話も分かりやすい!との声を多数いただいています。
--------------------

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP