子宮と卵巣、そして骨盤。産むために必要なカラダの仕組みって?

子宮と卵巣、そして骨盤。産むために必要なカラダの仕組みって?

Bu facebook
Bu twitter
前回】は、現代女性は昔に比べて生理の回数が増えたことで、産むために欠かせない健康な子宮と卵巣が危機に迫ることをお伝えしました。今回は初心に戻って、生理と妊娠の基本的な仕組みを振り返りましょう。はるか遠~い中高生のころに習ってすっかり忘れ去ったという人も、これを見て思い出してみてください!

生理とはおよそ1カ月に1回起こる、子宮からの周期的な出血です。女性のカラダは1カ月に1回、妊娠の準備をしますが、妊娠しないと生理になります。

生理は、卵巣から分泌される2種類の女性ホルモンによってコントロールされています。2種類のホルモンとは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」です。

>2.【生理後~排卵までの間に活躍する、卵胞ホルモン】

関連リンク
【産むためのカラダづくり】2.女性のカラダがストレスに敏感な理由は?
【OLひそひとトーク】ヒステリーな性格を漢方でなおせるってホント!?
【美レシピ】恋愛運を呼び込むスムージーのコツ「生フルーツ」「ピンク」
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP