弁当男子がパパになったその後… 【#01:GMOペパボ/杉山寛さん(34歳)】

弁当男子がパパになったその後… 【#01:GMOペパボ/杉山寛さん(34歳)】

Bu facebook
Bu twitter


▲今回の共働きパパ:杉山寛さん(34歳)
GMOペパボ株式会社・プロモーション戦略グループ マネージャー。入社10年目。自社のインターネットサービスのプロモーションを、企画・分析まで行う。2015年以降はハンドメイドマーケット「minne」のプロモーションがメインに。現在はともに働く仲間の募集に注力中。

・奥さま  : 29歳。社内恋愛で結婚。いまも同じ会社で働いている。
・お子さん : 2人(6歳と4歳)
・平均帰宅時間 : 22時
【自己採点】杉山パパの「パパ力」……70点/100点
ママのコメントは文末(3ページ目)に!
※「パパ力(りょく)」とは、家事や育児へのコミット力のこと

■弁当男子がパパに! 社内夫婦円満の秘訣
【チェックポイント1:パパの自覚】
街で赤ちゃんがやたら目にとまり、パパの自覚が芽生えた


いまの奥さんとは職場で知り合いました。僕が27歳のときなので、奥さんは22歳でしたね。交際期間は半年で、いわゆる「できちゃった結婚」です。結婚願望や予定はなかったのですが、妊娠が分かったときに自然と結婚しようと思えました。

僕から見た奥さんは一見おっとりしているのですが、しっかりもの…というか、ちゃっかりしているという印象は結婚したいまも変わっていません。奥さんは現在も同じ職場で働いているので、僕が忙しいときなど、仕事に理解があるので助かっています。

――「パパ」の自覚はいつ頃芽生えましたか?

赤ちゃんが生まれて、首もすわって、一緒に外へ行くようになってからでしょうか。街の見え方が一変したんですよ。まず赤ちゃんがとても目にとまるようになって、世の中に結構赤ちゃんっているんだなと思いました。ベビーカーが通りやすいかどうか、いつのまにかチェックしてる自分に気がついて、父親になったんだな、と思いました。

【チェックポイント2:パパの家事】
なんと元・弁当男子! 炊事の目的は「コントロール」

【杉山パパの家事分担表】
---平日---
<朝>
・登園準備
・朝ご飯を食べさせる
・保育園登園

<夜>
・食器洗い
・自分のつまみをつくる

---休日---
<昼>
・習い事への送り迎え
・掃除洗濯の手伝い

<夜>
・子供たちとお風呂入る
・寝かしつけ

――平日に朝ご飯をつくられているそうですが、毎日ですか?



毎日ではないんですが、できるときは頑張っています。簡単なものばかりですけどね。

「弁当男子」って知っていますか? 数年前に話題になった、会社に自作のお弁当をつくっていく男性のことなんですが、僕、「弁当男子」だったので食事をつくるのは苦じゃないんです。

きっかけは独身時代のダイエットです。「ダイエットには食事制限だろう!」と、自炊をはじめました。最初はベーグルなんかをつくっていたんですけど、とにかく食事を「コントロール」したくて、昼ご飯も弁当をつくって持っていくようになったんですよね。

僕は残業も多いし、当日急に飲み会に参加することもあるので、絶対に家で食べることが分かっている日しか夕飯を用意してもらっていません。

でも、じつは帰りにスーパーへ寄って、夕飯の材料を買ったりするのは楽しみなんです。

――外で食べて帰ろうとは思わないんですか?

そうですね。食事を自分でコントロールしたいので、なるべくつくるようにしています。
 


■仕事好き夫婦「僕の方が優遇してもらっている」家事分担

――朝の「登園準備」はどんなことをされているのですか?

いま奥さんは、8時から17時までの時差出勤で働いているので、朝は一番に出かけていきます。だから、朝はなるべく僕がやります。子どもを着替えさせて、保育園の準備して、自分の準備をしてから、朝食を食べさせて、保育園へ連れて行きます。



夜は22時くらいに帰宅するので、子ども達もだいたい寝ているか、寝かしつけの時間です。自分の食事をつくって食べたら、そのまま家族の食器も洗って、洗濯物がたまっているときはたたみます。自分のシャツは自分でアイロンがけします。適当ですけどね。

――アイロン掛けまで、すごい!

自分のことは自分でやろうと思って。奥さんも仕事が好きなのに、家族の事情で早く帰ったりすることもあって、「僕の方が優遇してもらっている」という意識があります。だから洗い物や洗濯物が残っていたらイヤだろうな、と気がついたことはやるようにしています。

――最初から奥さんに協力的でしたか?

いまも協力的かといわれると、どうなのでしょう。家事の分担はとくに決まっているわけではなく、奥さんの様子をみて足りないことをしています。流しに洗い物が残っていたら気持ち悪いだろうなと思って洗ったり、洗濯をしたり。

でも奥さんには「なにも考えてない」とよく言われます。

一人目の子どもが生まれたころ、僕はとにかく仕事が楽しくて、朝まで飲んで帰ってくるような生活をしていました。しかも連絡をしないんですよね。悪いとは思っているんですけれど。それでたくさんケンカをしました。

そこから少しずつ変わっていって、僕の向いていることや、奥さんの苦手なものをやるようになっていきました。だからやっていてイヤじゃないんです。もしかしたら、向いていることだけが「残った」のかもしれませんけどね。

【チェックポイント3:パパの育児方針】
子育てについて「なにも考えてない」!?  小学校受験も知らなかった

子育てについても、奥さんに「なにも考えてない」と言われますね。指摘されると、たしかにそう思います。奥さんは子ども達に「いい経験をたくさんさせたい」と考えています。いろいろな習い事をさせたり、どこかへ行ったり。

一緒に過ごして、一緒に遊べればそれでいいって考えています。だから子どもとは友達みたいな感じになっていて、たしかになめられているかも。

だからといって、教育方針についてぶつかることもないです。習い事なども、奥さんが調べて、気づいたら申し込んでいて始めているケースが多いです。


GMOペパボ代表取締役社長の佐藤 健太郎さん(右)と子育ての話をすることも。


【チェックポイント4:ママへのケア】
毎週水曜日は奥さんとランチ。70点パパの胸の内とは

――ママへのケアで気をつけていることはありますか?

去年から、毎週水曜日は奥さんとふたりでランチをしています。小さなケンカが増えてきたと思ったので僕から提案しました。結局、ケンカが増えるっているのは話し足りてないんですよね。でもランチのときに話すことは、仕事のことが多いです。ふたりとも仕事が好きなんですよね。

スケジュール管理は社内のツールを使っています。ふたりの予定はプライベートモードで入力して。でも、社内恋愛で結婚しているので、もうスタッフ全員が家族みたいな感じで、温かく見守ってくれています。

奥さんも仕事が好きだと思うので、ある程度自由に働いて欲しいと思っています。僕もその方が気兼ねなく仕事をしやすいですし、社内には共働きのパパママも多く、会社もそれを支えてくれます。

――杉山パパの家事と育児は70点とのことですが



僕の家事や育児への協力度は、けっしてダメだとは思っていないのですけれど、良くて「70点」くらいかなと思っています。身近な社内にも、もっと出来ているパパもいるので。

でも、男性側の育児に関することを発言するのは、なかなか難しいですよね。僕ががんばっているつもりでも足りないものでしょうし。



先日、奥さんに予定があったので平日の夕方に、子どもの面倒をひとりでみたことがあったんです。

子どもを迎えに行って、ご飯をつくって、食べさせて、お風呂に入れて、寝かしつけて…。どれも1度は僕だってやったことがあります。でも、これらを一連でやったらとても疲れました。もう、想像以上に。

奥さんはこれを毎日やっているのだと思ったら、ありがたいなとしみじみ思いました。感謝のひとことですよ。たまに、僕のことも褒めてくれたらうれしいなと思いますが。(笑)

お互いになんとなく感謝の気持ちは伝えているのだと思うけれど、面と向かって伝えるのは、やっぱり僕も恥ずかしいですね。

ママからの評価コメント
ママから見た「パパ力」は……98点/100点

本人にも伝えたことはありますが、意外と高評価です。

休日にご飯を作るのが面倒だなと思っていると、なぜか察知して夕飯を作ってくれたり、公園に行きたがる子どもたちに対し、私が行きたくないなと考えているときは「疲れているでしょう」と察して連れて行ってくれるので、私は家で猫とゴロゴロ。

家事・育児は私が8割(本人はもっとやっているつもりのようですが(笑))ではあるものの、今以上は望んでいません。一緒にいる時に私の気分を察して動いてくれることが一番嬉しいですね。

【「パパの自覚」について】
じつは「パパ力」の-2点は「自覚」についてです。家の中はもちろん、バスや電車での移動中もずっとスマホゲームに夢中なのです。今後、子どもが同じことをしたときに堂々と注意できないから控えよう、という考えに至らないところが、父親としての自覚のなさを感じますね…。

【「パパの家事」について】
私の出勤時間が早いため、朝の支度と朝食に関してはほぼお任せしていて、とても助かっています。ただ、朝食に関しては「作っている」ではなく 、あるものを「出している」が正解なので、ふわふわのオムレツを作れるようになってから出直してほしいですね。(笑)

【「パパの育児方針」について】
本人の言っている通りですね。何も考えてなさすぎて、明日の持ち物や宿題、持ち帰ってくる手紙についてもほぼノータッチです。その分、習い事や勉強に関して、金銭面なども含めて制限されることもないので、子どもや私がやりたいようにやらせてもらっています。

【「ママへのケア」について】
本人が飲み歩いている罪悪感からなのかもしれませんが、仕事もプライベートも過干渉されることがありません。「あれがしたいのにできない、キーッ!」となることがないのは、本当にありがたいですね。もっと温泉に連れて行ってくれたら花マルです!


 
 

 
 
 
(コヤナギユウ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP