双子連れ旅レポート「リゾナーレ八ヶ岳」で楽しむ!

双子連れ旅レポート「リゾナーレ八ヶ岳」で楽しむ!

Bu facebook
Bu twitter
1.ホテルのお部屋
丁寧な接客サービスで有名な星野リゾート、そして家族連れに人気のリゾナーレとあって期待高めで到着。 チェックインの手続きを済ませると、ロビーでウェルカムドリンクがいただけます。アルコールとソフトドリンク両方が用意されていました。

Dsc048801
ホテルのお部屋に入ると、こんなかわいい象さんがお出迎え。

Image1
宿泊したお部屋タイプは、ホテル棟スタンダード・デザイン。広々としたソファがあり、ベッドのデザインもモダンで素敵なお部屋で、 4歳子ども2名と、大人2名で一泊するには十分すぎる広さでした。

Guestroom8 thumb00
今回、4歳の双子は添い寝で宿泊しましたが、子ども用パジャマ・スリッパ・歯ブラシ、ブロックの用意をしてくださっていました。子どもたちは、早速ブロックで遊んでいました!
2.もくもく湯
温泉もくもく湯へは、少し外を歩いてたどり着きます。真冬はコートを着ていった方がいいかもしれませんね。

Poolspa2 thumb01
露天風呂は混浴で、出入り口にタオルが置いてあります。
3.サプライズなおもてなし
温泉から部屋に戻ると、何やら部屋のドアノブに紙袋がかけてありました。おそるおそる中を覗いてみると、なんとホテルからの粋な計らいが。

Image31
実はチェックインの際のゲストカードに、今回の旅の目的を教えてくださいという質問があり、いくつかの選択肢の中から筆者は「リラックス」に○をつけたのでした。 他にも、「観光」など色々な項目がありました。旅の目的に合わせて、サプライズでおもてなしをしていただけるのは嬉しいですね。
4.ライブラリーカフェ
温泉の後は、お待ちかねの夕食。予約時刻まで、少し時間があったので、ライブラリーカフェへ寄ってみました。

L3459500001912901
子供向けの絵本や、大人向けのおしゃれな本や雑貨も充実しており、子どもが寝た後にのんびりとコーヒーを飲みに来るのもよさそうでした。
5.レストラン
いよいよ夕食。今回は、「YY grill」にていただきます。

Cuisine7 thumb01 011
メインが牛肉・豚肉・お魚・ハンバーグなどの4種類から選ぶことができ、前菜や主食、デザートソフトドリンクはブッフェスタイルになっています。子どもも、メイン+ブッフェのコースもありますが、4歳の娘たちは、ブッフェのみ(1,700円)のコースを選択。 ブッフェの種類は本当に豊富でお皿に乗りきらないほど。子ども向けコーナーも用意されており、子どもカレーやポップコーンシュリンプなど子どもが好きそうなメニューや、おかゆの用意もありました。もちろん、子どもの食器や手口拭きの用意もありますよ。 私が気に入って何回もおかわりをしてしまったのが、バーニャカウダです。新鮮なお野菜と選べる3つのバーニャカウダソースのハーモニーが絶品でした。 子どもたちは、デザートブッフェに大興奮。ケーキやフルーツ、アイスなど盛りだくさんでしたが、中でもアイスは6種類もあり、子どもが覗きやすいようにと、踏み台まで用意されていました。
6.アクティビティー
今回娘たちが楽しみにしていたことの一つが、「自転車デビュー」というアクティビティーに参加することでした。リゾナーレ八ヶ岳には数多くのアクティビティーが用意されています。インターネットから検索し、事前予約することも可能ですし、当日空きがあれば参加することも可能。 今回はインターネットで事前予約をし、娘たちに、自転車体験をさせることに。インストラクターが初心者でも自転車に乗れるよう丁寧に教えてくれるアクティビティーです。

Dsc048931
まず、変身バイクのペダル無しバージョンで練習からスタート。ストライダーもほぼお初の双子ですが、2号は意外と上手に乗りこなし、1号はお世辞にも上手と言えない様子でした。双子でもそれぞれ違うのが面白いところです。カーブや坂道の練習をした後は、いよいよペダルありバージョンで練習です。

Image41
ここで予想外に、必要となったのが親の出番でした。よく考えれば子ども数人に対しインストラクターが1人なので当たり前なのですが、自転車を支えてあげてくださいと親の登場です。我が家は双子なので、もちろんママも駆り出されます。自転車を軽く支えながら一緒に進むのですが、これがかなりの重労働で、筆者はすぐにバテてしまいました。自転車に乗れるように練習に付き合ってあげるのって大変なんだなぁと痛感したアクティビティーでした。
リゾナーレ八ヶ岳 アクティビティーその他のアクティビティー一覧はこちらから
7.プール

Poolspa1 thumb00 01
今回娘たちがあいにく風邪気味のため断念した、屋内プール「イルマーレ」。 波の出るプールや、スパゾーン、子ども用プールなど、楽しみ方色々なイルマーレは、年間を通して快適に過ごせるプールです。 プールから温泉は離れているので、プール後はシャワーか、お部屋のバスに入るのがスムーズなように感じました。
8・ピーマン通り
リゾナーレ八ヶ岳にはピーマン通りなる通りがあります。石畳の回廊の両サイドにはオシャレなショップが軒を連ね、建築家マリオ・ベリーニのスタイリッシュな建物が外国に来たような気分にさせてくれます。

Image61
季節ごとに表情を変えるピーマン通り。

Section title2 1 image1 pc1
ハロウィーン

W600 bf2199fcdef53db8a12df3af2fae95b70bb50273aa4d3ecb1
クリスマス

03c0a581256d6af24e2c1950aafc74aa 1024x7681
春・イースター

Key1
夏・秋に開催される「八ヶ岳マルシェ」
☆おみやげ
チェックアウトの際、ブドウの香りがするソープを、お土産に頂きました。嬉しいサービスですね。

Image81
リゾナーレ八ヶ岳、今回初めての滞在でしたが、とても気持ちよく過ごせた1泊2日でした。子連れに優しいポイントが沢山あり、飽きずに過ごすことができました。ハード面の充実も子連れには重要な要素だなと実感。 今回パスしてしまった屋内プール「イルマーレ」や、今回体験していないアクティビティー、イタリアンレストラン「OTTO SETTE」など、次にチャレンジしてみたいと思う要素が沢山ありましたよ。 是非、ご家族みなさんで、リゾナーレ八ヶ岳に行ってみてはいかがでしょうか?
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP