5歳児の絵本!選び方と口コミで人気のおすすめ10選

5歳児の絵本!選び方と口コミで人気のおすすめ10選

Bu facebook
Bu twitter

子どもにとって絵本は身近な教科書のようなもの。大好きな絵本から色んな事を学んで成長していきます。5歳になると色んなことが出来るようになったり、頭を使って考える力もついてきます。

そんな子どもたちが自分で読んでも、読んでもらっても楽しめる絵本を実際の子どもたちの反応も含めて、保育士である筆者の目線で、子どもたちに読み聞かせなどをする反応も共に紹介していきたいと思います。

5歳の子どもが選ぶ絵本って?選び方のポイント

ストーリー性のあるもの

絵本を選ぶ5歳の少女,絵本,おすすめ,5歳

5歳になると色々なことができるようになり、「次はこうしてみよう」「こうすると、どうなるかな?」と想像する力がつきます。

ストーリーが展開すると「この後はどうなるんだろう。」とワクワクしながら次のページをめくりたくなるでしょう。想像力も豊かになります。

短すぎず長すぎず

自分でひらがなを読めるようにもなるので、「自分で読みたい」という気持ちも出てきます。しかし、あまりにも短いとすぐに飽きてしまいますし、かといって長すぎると疲れてしまい途中で諦めてしまうかもしれません。

もちろん個人差もありますが、お子さんがちょっと頑張って読めるものを選んであげたいですね。

社会生活に関するもの

友達づきあいも立派な社会生活の第1歩。友達と仲良くしたいのに上手くいかない。どうやって仲直りすればいいのか。絵本の主人公が同じ悩みを抱え、解決していく姿を見て学ぶことができます。

その他、大きな災害や障害に関する内容も理解できるようになってくるので、絵本を通して伝える事もできます。

プププッと笑えるもの

子どもは面白いことが大好き!だじゃれなども理解できるようになり「人を笑わせよう」という子どももいます。おもわず笑っちゃうような絵本は擦り切れるほど繰り返し読むことでしょう。

ユーモアも身についてクラスの人気者になれちゃうかもしれませんよ!

5歳の子どもにおすすめの絵本をご紹介します!

【1】おしいれのぼうけん|古田足日・田畑精一

あらすじ

おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1),絵本,おすすめ,5歳 出典:www.amazon.co.jp

お昼寝前にミニカーの取り合いっこをしていたさとしとあきらは、先生に叱られておしいれに入れられてしまいます。

おしいれの中で出会ったのは地下に住む恐ろしいねずみばあさん。ねずみばあさん2人をやっつけようと追いかけてきます。さとしとあきらは諦めず手を取り合って走り続けます。

この絵本は80ページと少し長いですが、ストーリー性のあるファンタジーな内容に、子どもたちは夢中になってしまうでしょう。また、友情や躾についても考えさせられます。

子どもが自分で読むのには少し長いですが、気に入った子は自分から何度も読もうとするほど中毒性のある1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*メーカー:童心社
*著作者:古田 足日
*ページ数:77

口コミ

・物語に出てくるねずみばあさんがあ恐ろしいのですが、子どもはその怖さにはまってしまったようで何度も読んで読んでとせがまれます。
・押入れの中で繰り広げられる世界に、忘れられないドキドキが詰まっています。ドキドキしたい子どもたちにおすすめです。

【2】どんなにきみがすきだかあててごらん| サム・マクブラットニィ

あらすじ

どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋),絵本,おすすめ,5歳 出典:www.amazon.co.jp

チビウサギがベットへ眠りに行く途中、デカウサギにきいてみたくなりました。「どんなに、きみがすきだか あててごらん」「こんなにさ」と腕を思い切り伸ばすチビウサギに「でも、ぼくはこーんなにだよ」とデカウサギ。お互いどんなに好きかを比べ合います。

同じフレーズが何度も出てくるので子どもでも無理なく読める1冊です。競い合っている内容が「どんなにきみがすきか」。言葉で伝える大切さも学べます。大人も子どもも心がほっこり温まります。

保育園では読んだ後、友達同士で「どんなにすきか」と比べっこを始める姿がありました。読み終わった後はぜひ、お子さんと比べっこしてみてください。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,404
*ブランド:子どもの文化普及協会
*メーカー:評論社
*著作者:サム マクブラットニィ
*ページ数:32

口コミ

・絵の雰囲気や色づかい、お話しの内容も、なんともかわいらしい作品です。ぜひいろんな方に手に取ってほしいと思います。
・大きいうさぎと小さいうさぎが飛んだり跳ねたりするのがかわいく、子どもも大喜びです。

【3】スイミー|レオ=レオニ

あらすじ

スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし,絵本,おすすめ,5歳 出典:www.amazon.co.jp

小さな赤い兄弟たちの中で1匹だけ真っ黒な魚のスイミー。ある日大きな魚に兄弟達が飲み込まれてしまいます。唯一逃げることのできたスイミーは広い海の中を泳いでいると、兄弟とそっくりな小さな赤い魚達を見つけます。大きな魚を追い出そうとスイミーは考え、仲間と力を合わせます。

レオ=レオニの描く、絵本いっぱいカラフルに描かれた海の中の様子に子ども達も目を惹かれ、想像力が育ちます。また、考えることや仲間と力を合わせる事の大切さもこの絵本から学べます。

少し長めのお話しですが、5歳の子でもでも少し頑張れば自分で読める1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 1,572
*メーカー:好学社
*著作者:レオ・レオニ
*対象年齢:4歳~8歳
*ページ数:32

口コミ

・小学校の教科書にも使われているだけあって、深い内容で、大人になった今でも考えさせられるお話です。
・読んだときの年齢や環境で感じ方が変わってくるお話だと思います。今1番子どもに読ませたい絵本です。

【4】しずくのぼうけん|マリア・テルリコフスカ

あらすじ

しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―ポーランドの絵本),絵本,おすすめ,5歳 出典:www.amazon.co.jp

水のしずくちゃんはバケツから飛び出し、冒険の旅に出ます。お日さまに照らされ水蒸気になり雲の上へ。雨になって地上へ逆戻りしたかと思うと、今度は氷に。最後はしずくに戻り川に流れていきます。

子どもたちに身近な水が題材なので、想像しやすいお話です。気温や場所によって変化する水の不思議を楽しみながら学べます。文もリズミカルなので声にだして読みたくなる作品です。

この商品の基本情報

商品情報
*参考価格:¥ 972
*メーカー:福音館書店
*著作者:マリア・テルリコフスカ
*ページ数:24

口コミ

・40年以上前に書かれた絵本のようですが、絵もお話も古さを感じない素敵な絵本です。
・しずくちゃんの冒険を通して、雨水はどこへ行くのか、氷はどうやってできるのかを理解できる絵本です。子どもに読ませるにはぴったりだと思いました。

【5】やさしいライオン|やなせたかし

あらすじ

やさしいライオン (フレーベルのえほん 2),絵本,おすすめ,5歳 出典:www.amazon.co.jp

ある動物園にみなしごライオンのブルブルがいました。お母さん代わりの犬のムクムク育てられたブルブルは、やさしいライオンになりました。

ある日、別の動物園に行くことになったブルブルは歳とったムクムクと離れ離れになってしまいます。ある夜、遠くの方からムクムクの子守唄が聞こえたのでブルブルはものすごい勢いで檻を破って飛び出しますが、それが”危険”とされ銃で撃たれてしまいます。

しかし大好きなムクムクを抱きしめたブルブルは幸せそうに倒れていきます。

アンパンマンで有名な作家・やなせたかしさんの作品です。悲しい結末ですが、それ以上にブルブルとムクムクの愛情でやさしい気持ちに包まれます。

保育園の年長児によむと涙を流す子も。悲しさの中にやさしい心が育まれる1冊です。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:フレーベル館
*著作者:やなせ たかし
*参考価格:¥ 950
*ページ数:32

口コミ

・幼稚園の頃、母に読んでもらった思い出があります。成長した今読むと、母子の愛情というものをより感じました。
・やなせたかしさんの絵本は内容もさることながら、絵のタッチや色づかいもよく、明るい場面でもどこか寂しげで心に残ります。

【6】さっちゃんのまほうのて|たばたせいいち

あらすじ

さっちゃんのまほうのて (日本の絵本),絵本,おすすめ,5歳 出典:www.amazon.co.jp

生まれつき右手指に欠損を持つ女の子「さっちゃん」は、幼稚園のままごとでお母さん役を取り合いになった時、友だちの「手のないおかあさんなんか変だ」という言葉に深く傷つき幼稚園に行かなくなってしまいます。

しかしお父さん、お母さんの愛情に裏打ちされた進撃な言葉と、幼稚園の友だち、先生との交流の中で静かな自信を取り戻していくストーリーです。

いろいろな障害がある事ももちろんですが、筆者はこの本を読んで、相手を傷つけない事を学んでくれるのではと思っています。何気ない一言が相手を傷つけてしまう、という事を学ぶいいきかっけになる1冊だと思います。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:偕成社
*著作者:たばた せいいち
*参考価格:¥ 1,296

口コミ

・子どもに読んであげるのですが、何度読んでも泣かずの読むことが出来ない、感動的なストーリーです。
・ひどい事をいってしまった友達が思いやりの気持ちを持つところ、さっちゃんが成長し強くなるところなど、子どもにも感じてほしい部分がたくさんありました。

【7】だじゃれ日本一週|長谷川義史

あらすじ

だじゃれ日本一周,絵本,おすすめ,5歳 出典:www.amazon.co.jp

47都道府県をだじゃれでぐるっと回ってみよう!各県の名物も随時に登場。旅行気分を味わえます。

”いいかげんに滋賀県”、”すっころんで大分県”など笑いながら都道府県を覚えることができます。内容もさながら長谷川さんの描く世界観も、インパクトばっちり。子どもの大好きなだじゃれで大笑いすること間違いなしです。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:理論社
*著作者:長谷川 義史
*参考価格:¥ 1,404
*ページ数:48
*商品サイズ:25cm x 21cm x 1cm
*商品重量:0.5kg

口コミ

・ダジャレで都道府県が紹介されているので、勉強にもなり、子どもは楽しく読んでいるようです。
・絵が意外とリアルで細かく、ダジャレと合わせて楽しく都道府県が頭に入ってきます。

【8】としょかんライオン|ミシェル・ヌードセン

あらすじ

としょかんライオン (海外秀作絵本 17),絵本,おすすめ,5歳 出典:www.amazon.co.jp

図書館には「ライオンが入ってはいけない」というきまりはありません。いつも静かな図書館にライオンがやってきました。大慌てで報告する図書館員に、図書館長メリウェザーさんは「図書館のきまりを守っているなら、そのままにしておきなさい。」といいます。

きまりをきちんと守りながら、かしこいライオンはメリウェザーさんのお仕事を手伝うようになり、やがて図書館に欠かせない存在になっていきます。ところがある日…。

図書館にライオン!?という表紙を見ただけで興味をそそられます。かなり長いお話ですが、ライオンは何をするの?どうなるの?と子ども達は絵本から目を離しません。

「きまり」は絶対に守らなければなりません。けれど、「きまり」より大切なものは何かを教えてくれる1冊です。ライオンに心を奪われ、優しさ、寂しさ、愛おしさを感じられます。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:岩崎書店
*著作者:ミシェル ヌードセン
*参考価格:¥ 1,728
*ページ数:41
*商品サイズ:1cm x 26cm x 30cm

口コミ

・暗すぎず、やさしさのわかる内容の絵本を探していたらこの本に出会いました。絵のタッチや色合いもきれいで、何度も子どもに読み聞かせしています。
・決まりを守ることについて、ユーモラスで説教臭くなく、引き込まれるので、子どもたちも飽きずに読んでくれました。

【9】りんごかもしれない|ヨシタケシンスケ

あらすじ

りんごかもしれない,絵本,おすすめ,5歳 出典:www.amazon.co.jp

テーブルの上にりんごが置いてあった。…でも…もしかしたら、これはりんごじゃないかもしれない。もしかしたら、大きなさくらんぼの一部なのかもしれないし、心があるのかもしれない。実は宇宙から落ちてきた小さな星なのかもしれない…。

「かんがえる」ことを果てしなく楽しめる、発想絵本。次々と出てくる「かもしれない」に子ども達は大ハマり。読み終わった後も「~かもしれないよね!」と影響を受けまくりです。

想像力も自然につく1冊です。ヨシタケシンスケさんの他の本もとてもおすすめです。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:ブロンズ新社
*著作者:ヨシタケシンスケ
*参考価格:¥ 1,512
*ページ数:32

口コミ

・子どもに読ませたら、「かもしれない」という言葉が気に入ったようで何度も言っています。イラストも繊細でそこも子どもは気に入ってくれました。
・ベストセラーも納得の、大人もハマれる良い絵本です。

【10】エルマーのぼうけん シリーズ|ルース・スタイルス・ガネット

あらすじ

エルマーのぼうけん 3冊セット (世界傑作童話シリーズ),絵本,おすすめ,5歳 出典:www.amazon.co.jp

9歳の男の子エルマーは、親しくなったノラ猫から、”どうぶつ島”でやばんな動物たちのとりこになっている、かわいそうなりゅうの子どもの話を聞いて、助けに行くことにしました。”どうぶつ島”に行ったエルマーはトラやサイなどの動物たちに捕まりそうになりますが、その度に機転をきかせて、危機を切り抜ます。

子どもの冒険心をくすぐる、ドキドキワクワク満載の物語。見返しに描かれた”どうぶつ島””みかん島”の地図が「エルマーと一緒に冒険に出かけよう!」と言わんばかりに物語の世界に誘います。

筆者自身、5歳の時に幼稚園でこの本と出会い、今も大好きな本です。童話なので字のみのページもありますが、子ども達の頭は想像でいっぱいになることでしょう。年長さんには毎年読み聞かせをしており、子ども達も「今日も続き読む?」と楽しみにしています。

この商品の基本情報

商品情報
*メーカー:福音館書店
*著作者:ルース・スタイルス・ガネット
*参考価格:¥ 3,888

口コミ

・子どもが大きくなってきて、読ませるものを少し複雑な内容のものに移行したい時期にぴったりです。
・ファンタジー溢れるエルマーの冒険に、子どもは興味津々で次の展開が気になる様子でした。

まとめ

いかがでしたか?プレゼントにもぴったりな絵本。親子が触れ合うためのアイテムでもあります。

小さい時に読んだ絵本は大人になっても覚えてたりしますよね。色んな絵本を読んで、お気に入りをたくさん見つけてください。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP