赤ちゃん家族の安心おそうじ術(1)リビング

赤ちゃん家族の安心おそうじ術(1)リビング

Bu facebook
Bu twitter

リビング

リビングで多い汚れは、「食べこぼしの油汚れ」「手肌からつく手あか」です。この2つはどちらも油汚れのため、酸性の汚れです。
酸性の油汚れに効果的な、重曹を使って掃除をしましょう。
その他にも、除菌効果のあるアルコールも活用できます。


講師: 本橋 ひろえ(そうじ研究家)
安心なナチュラル素材を使って、手軽に掃除できるといいですよね。
安全な素材であれば、すすぎや拭き取りも省くことができてラクラクです。
今回は、「安心」「早い」「ラクチン」な掃除の方法を紹介します。

床の拭き掃除

床の汚れが気になるときは、重曹水を使ってしっかり拭き掃除をしましょう。
市販の洗剤を使わなくてもきれいになります。
下記の分量で作った重曹水であれば、白い跡が残らないため、二度拭きも必要ありません。

<重曹水の作り方>

下記の分量で、お湯に重曹を溶かします。
・40度のお湯 1カップ
・重曹 小さじ1/2

▼拭き掃除など多めに作りたいとき
・40度のお湯 2リットル
・重曹 小さじ5

拭く布はマイクロファイバークロスがおすすめです。
細かいゴミやほこりも逃さず拭き取ることができ、便利ですよ。

<ワンポイント>

床の隅や、凹凸のある場所などは、割り箸にマイクロファイバークロスを被せて使うと、汚れが取れます。


カーペットや畳の拭き掃除

カーペットや畳などは、水分がしみこんでしまうとカビの原因になります。
固く絞ったマイクロファイバークロスに、アルコール水をスプレーして、拭き掃除をしましょう。
押入れの中も、アルコール水で拭けますよ。

アルコールは、何でも口に入れる赤ちゃんにも安心な、やさしい素材です。
また、「除菌ができる」「乾きが早い」「油汚れも落とせる」という特徴があります。

<アルコール水の作り方>

下記の2つを混ぜて作ってください。
・水 110nl
・アルコール 90ml
※アルコールは、消毒用エタノールとして売られているものを使いましょう。
※水を先に入れないと、容器を傷めるので注意しましょう。

<ワンポイント1>

電気のスイッチを拭くときは、乾いたクロスにアルコールをスプレーして拭きましょう。

<ワンポイント2>

クレヨンなどの落書きを落としたいときは、アルコールの原液で拭きましょう。
しつこい汚れは、メラミンスポンジを使うと落ちやすいですよ。
※アルコールの原液は、素材を痛めることがあるので注意してください。

<毎日きれいに保つために>

毎日雑巾がけをするのは大変です。
普段はアルコール水をスプレーし、ウェット用フローリングワイパーで拭きましょう。
赤ちゃんが寝ているときでも掃除ができますよ。


窓の掃除

窓の掃除は、窓ガラスの内側・外側、網戸の、それぞれにあった方法で掃除をしましょう。

<窓ガラスの外側>

外側に多い汚れは、土の汚れです。
重曹を使って掃除をしましょう。
▼使用するもの
・重曹水
・マイクロファイバークロス
・スクイージー
▼手順
(1)窓ガラスの外側全体に、重曹水をたっぷりスプレー。
(2)下の図のように、窓ガラスの上から下に向かってスクイージーで拭き取り、寄せられた水をマイクロファイバークロスで拭き取る。

<窓ガラスの内側>

内側に多い汚れは、ほこりや手あかです。
アルコールを使って掃除をしましょう。
▼使用するもの
・アルコール水
・マイクロファイバークロス
▼手順
(1)窓ガラスの内側全体に、アルコール水をスプレー。
(2)仕上げにマイクロファイバークロスでからぶき。

<網戸>

めったに掃除をしない場所ですよね。
重曹を使って掃除をしましょう。
▼使用するもの
・重曹水
・マイクロファイバークロス
▼手順
(1)マイクロファイバークロス2枚を重曹水で濡らす。
(2)下の図のように、濡らした2枚で網戸をはさんで拭く。
このとき、力を入れすぎないよう注意しましょう。

普段手軽に掃除をするために、重曹水やアルコール水をスプレー容器に入れ、「リビング用の掃除セット」を用意しておくと、気がついたときにすぐに汚れ落としができますよ。

ナチュラルな素材だと、子どもの毎日も安心です。
日々の掃除を、子どもと一緒に楽しんでやってみてくださいね。


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP