おばけや鬼はこわくない?!読み聞かせにおすすめな絵本5選

おばけや鬼はこわくない?!読み聞かせにおすすめな絵本5選

Bu facebook
Bu twitter

おばけや鬼…。日本にはたくさんのこわいお話があります。子どもの時の感受性は高く、おばけのことを考えすぎて夜ねむれない…。そんな記憶、パパやママにもあるのではないでしょうか?

そこで、子どもたちがこわ~いと思っている、鬼やおばけ、オオカミの絵本の中には、とてもやさしい、そしてかわいい主人公たちがいるということを読み聞かせで教えてあげられる絵本をご紹介します。

【1】『おにはそと!ふくはうち!』 いもとようこ

実は、とってもかわいそうな鬼

おにはそと!ふくはうち!,絵本,鬼,おばけ 出典:amzn.to

まだまだ昔、もっと昔、おふくというかわいい子どもとおかあさんが畑に雨が降らずに困っていました。そこで、天に向かって雨を降らせてくれるよう、お願いしました。

鬼は、その願いを叶え、雨を降らせるかわりに、おふくは…。そして鬼は…。

おふくのおかあさんの言葉を信じ、ずっとずっと待ちぼうけをする、やさしくてかわいそうな鬼がでてきます。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【2】『おにたのぼうし』 あまんきみこ

ほんとうは心やさしい鬼の子

おにたのぼうし,絵本,鬼,おばけ 出典:amzn.to

節分の夜。みんなが豆まきをしているので、おにたは行くところがありません。ひとりさびしく人間の町を歩いていると、女の子と友達になりました。

女の子のお母さんは病気でした。2人のようすをみていたおにたは、女の子をよろこばせてやりたいと思います。

おにたは、悪気はなかったのですが、ともだちのためにしたことで豆をぶつけられてしまい・・・。怖い顔をしていても、本当は心のやさしい鬼の子のお話です。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【3】『おばけのバーバパパ』 アネット=チゾン・タラス=テイラー

ユーモアたっぷりのおばけ

おばけのバーバパパ,絵本,鬼,おばけ 出典:amzn.to

おばけのバーバパパは、いろいろなものに形を変えることができます。ある日動物園に連れられて言ってしまったバーバパパが、自分の形を変えて、街で人助けをするというお話です。

形を変えられることに気づいたおばけが活躍する、ユーモラスで心温まるお話です。形だけではなく、自分の気持ちを変えることで、人助けができることに気づくことのできるお話です。

【4】『おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ』 わかやまけん

目に見えているものだけが良いものではない

おばけのどろんどろん,絵本,鬼,おばけ 出典:amzn.to

おばけのどろんどろんが、ぴかぴかおばけと出会い、新しい世界を知り、一緒にもっとこわいものをやっつけます。

どろんどろんは、最初ぴかぴかおばけの正体を知らずに怖がっていました。でも、助け合うことで、お互いに仲良くなったというお話です。

目に見えるものだけを信じて、ぴかぴかおばけを怖がっていただけでは、仲良くなれなかったことでしょう。そんな素敵なお話です。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【5】『3びきのかわいいオオカミ』 ユージーン=トリザビス

本当は、仲良くなりたかったオオカミ

3びきのかわいいオオカミ,絵本,鬼,おばけ 出典:amzn.to

3びきのかわいいオオカミは、大きなぶたが怖く、ぶたに家を壊されるたびに家を頑丈にしていきますが、最後は仲良くすることを選びます。

3びきのこぶたとは、はんたいの結末になっていますが、どのようにしてぶたと仲良くなれたのでしょうか。

最初は大きなぶたを怖がっていたオオカミたちも、やり方を変えることで仲良くなることができました。自分たちを信じることを教えてくれる1冊です。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

まとめ

子どもたちにとって、とってもこわ~い、鬼やおばけ、オオカミのイメージが、この5冊の絵本で変わります!もしかしたら「おばけがでるから、はやく寝なさ~い」という呪文が、もうきかなくなってしまうかもしれませんね。

ぜひご紹介した絵本を子どもに読み聞かせをしてあげてみてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP