「赤ちゃんはどこから産まれるの?」答えづらい質問にどう対応すべき?

「赤ちゃんはどこから産まれるの?」答えづらい質問にどう対応すべき?

Bu facebook
Bu twitter


子どもの成長するにつれて避けて通れないのが子どもの「なんで?」という質問攻撃。ママとしてはしっかりと答えてあげたいという気持ちがありますが、なんて答えていいのか困ってしまう…… ということも多いですよね。特に答えるのが難しい質問に、他のママはどう答えているのでしょうか?

■答えづらい質問って?

特に答えづらい質問について、「赤ちゃんはどこから産まれるの?」や、ママの生理についてなどが多くあげられました。そんな質問にどう答えているのか、ママたちの上手な「返し」を見ていざという時に備えておきましょう。
『テレビで、産道っていう赤ちゃんが出てくるためにある通り道からでてくるんだよって聞いて、なるほどと思った』
『どうやったら赤ちゃんができるかって質問には、「○ちゃんのぺちゃおっぱいが、お母さんみたいなぶっくりおっぱいになったら教えてね」って言われた』
『生理は赤ちゃんの栄養が今は必要ないから出てくるんだよーって教えた』
『生理について聞かれたから、簡単な生理の仕組みと赤ちゃんはママとパパが仲良くしていて、神様にお願いしたら赤ちゃんの種をもらえるって話をしたよ』
なるほど! と思える返しがたくさんありますね! とっさには出てこない回答かもしれませんが、こうした返しの中から「私ならこれを採用したい」と思えるものを参考にしてみてくださいね。

また、中には
「子どもはどうして生まれるの?」という質問に、つい「ママも知らないの。小学校に入ったら、学校で教えてくれるから、勉強してママに教えてね」と言ってしまいました。すると息子は「うん。まかしといて!」と力いっぱい答えてくれました。
参考サイト:http://baby.goo.ne.jp/member/comomama/shitsuke/07/

なんて意見も。
子どもに、逆に教えてもらう! なんて方法もあるようですね。

■「答えにくい質問」にも逃げない姿勢が大事

とっさに答えづらい質問をされてしまうと、どう対応していいか困っておかしな対応をしてしまうことがあるかもしれません。子どもの質問に対してやってはいけないことは「ウソをつく」「ごまかす」「パパ(など他の大人)に聞いて、と逃げる」「怒る」などがあります。

「いい答えを導き出そう」とせずに、子どもとしっかり向き合って答えることが大切です。ママが一生懸命考えている姿は、子どもの心にも残るはずです。ごまかしたり逃げたりすると、「聞いてはいけないことを聞いてしまったのかな」と子どもを不安にさせてしまうかもしれません。

いろんなことに疑問を持つことは良いことですよね。子どもの知りたい気持ちにふたをせず、これも成長だと質問を楽しむくらいの気持ちの余裕をもてるようになるといいですね。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP