子どものための資産運用を考えよう。『ジュニアNISA』ってなに?

子どものための資産運用を考えよう。『ジュニアNISA』ってなに?

Bu facebook
Bu twitter
the-last-shirt-1515671_640

2016年からスタートした「ジュニアNISA」。 名前は聞いたことがあるけれど、実際は何のことやらさっぱり分からないというパパ・ママも少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、ジュニアNISAについて分かりやすく解説してみたいと思います。

そもそも「ジュニアNISA」ってなに?

ジュニアNISAは、2016年4月からスタートした、『未成年者少額投資非課税制度』のことを指しています。 NISA口座を通じて年間80万円分の非課税投資枠から得られた譲渡益や分配金・配当金に対して税金が非課税になるという、子供や孫の将来にむけた効果的な資産運用ができる制度となっています。 ただし非課税期間は投資した年から最長5年間です。

0歳から19歳までの子供の口座を開設することができ、その口座を通じての資産の運用・管理は、親権者や、親権者が指定した(口座開設者から見て)二親等以内の方がすることになります。

ジュニアNISAのメリットってなに?

ジュニアNISAのメリットと言えば、何といっても「非課税」で投資ができるということにつきるでしょう。投資対象は、上場株式、株式投資信託、ETF、上場REITなどと広範囲に及んでいます。 ジュニアNISAで運用した資産は税コストがゼロになるため、教育費など子供にかかる費用を戦略的に運用することができます。

また、ジュニアNISAは相続時の節税としても活用できます。 ジュニアNISAを利用し、祖父母の資産を用いて投資を行った場合、相続時にかかる税金を節約することも期待できます。このようにジュニアNISAには、未来を見越したメリットもあるので大注目されています。

ジュニアNISAのデメリットはあるの?

デメリットというよりも、利用する際に覚えておいたほうがよいポイントはいくつかあるようです。

まず、運用できるのは、口座開設者の二親等以内の親族という限られた人だけです。金融機関によっては、運用できる人を親権者に限定しているところや、範囲を限定しているところもありますので、事前に確認が必要です。 このように、運用・管理者が限定されているため、身近に資産運用に詳しい親族がいたとしても、管理や運用を任せるわけにはいきません。

また、子供が18歳までは払い出しができないという点にも気をつけましょう。 ジュニアNISAは非課税で投資ができるということが最大のメリットと申し上げましたが、利用者が18歳になる前に払い出しをした場合には、課税対象となり、「非課税」ではなくなります。 つまり途中で他の目的で資金が必要になったとしても、ジュニアNISAの口座からは引き出しができないと考えたほうがよいでしょう。

そして大人版のNISAと違い、ジュニアNISAは途中で金融機関の変更ができませんので 口座を開設する段階で、各金融機関のジュニアNISAをよく研究し、比較したうえで決定しなくてはなりません。

また、現段階では、ジュニアNISAは2023年までの期間限定制度です。延長制度が今後できる可能性もありますが、今のところはこの制度自体、期間に制限があるということも、あらかじめ知っておくべきでしょう。

それぞれの家庭に最適な教育資金の貯め方を見極めることが大切

ジュニアNISAには、注意すべき点さえしっかり理解しておけば、「非課税での投資」「相続時の節税」など、大きなメリットがありそうですね。 しかしながら、18歳までは引き出しができない、金融機関の変更ができないという融通がきかない面もあるのは事実です。

それぞれの家庭環境や経済事情、投資への知識の有無など、さまざまな面を検討し、その家庭にもっとも合う方法で子供の教育資金を作っていくのをおすすめします。

参照/ SBI証券「ジュニアNISA」 大和証券「ジュニアNISA」 マイナビニュース「ジュニアNISAが始まる! メリット・デメリット徹底解説常陽銀行「ジュニアNISAってなに?メリットやデメリットは?」

関連コラム

お金で釣るのは悪いこと?子供へのご褒美の与え方
今すぐ子供に教えたくなる!わかりやすい『お金の話』
子供に身に付けさせたい金銭感覚! いつから始める?お金の教育
子供限定のフリマ!『MOTTAINAIキッズフリーマーケット』が面白い

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP