離乳食初期のキャベツはいつから?簡単レシピや冷凍保存方法

離乳食初期のキャベツはいつから?簡単レシピや冷凍保存方法

Bu facebook
Bu twitter

離乳食を始めたばかりの頃は、どんな食材をどんな風に調理して食べさせたらいいのか悩むことがありますよね。

離乳食初期の5ヶ月~6ヶ月頃の赤ちゃんはまだ体も小さく、消化器官も未発達なため、この食材は食べさせても大丈夫なのか、アレルギーが出たらどうしようかと気になることも多いと思います。

実は離乳食初期でも赤ちゃんにあった量や調理方法でなら、赤ちゃんが安心して食べられる食材はけっこうあるんですよ。葉物野菜のキャベツもその1つです。

キャベツはくせがなく、加熱すると甘みも出るので、赤ちゃんにとっても食べやすい食材なんです。ここでは離乳食初期の赤ちゃんにいつからキャベツを食べさせることができるのか、繊維があるキャベツの調理法とおすすめの簡単レシピをご紹介していきます。

キャベツはいつから食べることができる?

離乳食初期(生後5ヶ月~6ヶ月)からOK!

離乳食初期のキャベツ,離乳食,初期,キャベツ

葉物の野菜って離乳食に使えるのかな?と思うママもいるかもしれませんが、キャベツは軟らかく煮てペーストにすれば離乳食初期から赤ちゃんに食べさせても大丈夫な食材なんです。

加熱すると甘みが出るので、比較的赤ちゃんでも食べやすい味です。ただキャベツの芯とすじは繊維が多く茹でても軟らかくならずにペースト状にしづらいので、離乳食初期には葉っぱの部分だけを使うようにしてくださいね。

またキャベツは野菜スープを作る時のだしとしても使えるので、離乳食の食材として大活躍しますよ。

キャベツに含まれる栄養は?

ビタミンCやビタミンUが豊富!

キャベツの離乳食,離乳食,初期,キャベツ

キャベツは淡色野菜に分類され、含まれている栄養素はビタミンCやビタミンU、それに食物繊維などです。

ビタミンCは体の免疫力を高めてくれるので風邪などにかかりにくくなりますし、また肌の調子を整えてくれるうれしい栄養素です。

またビタミンUはキャベツだけに含まれる珍しい栄養素で、胃や腸の粘膜を守ってくれる働きがあるんですよ。また食物繊維も多く含まれているので、便秘にも効果的です。

食べあわせの良い食材はご飯

離乳食初期にキャベツと食べあわせるなら、おかゆが1番お手軽です。いつものおかゆにペースト状にしたキャベツを混ぜるだけで、簡単に味に変化をつけたり、栄養価をアップしたりすることができます。

またキャベツは野菜スープを作るのにも向いているのですが、野菜スープをおかゆに混ぜると、簡単に雑炊風にアレンジすることができます。

キャベツを食べさせる際の注意点

最初はスプーン1さじから

離乳食スプーン,離乳食,初期,キャベツ

キャベツは比較的アレルギーが出にくい野菜ですが、ごくまれにアレルギーを起こすこともあります。

またキャベツは食物繊維を多く含んでいるので、まだ消化器官が未発達な赤ちゃんが一度にたくさん食べると、下痢をしてしまうこともあります。

赤ちゃんにキャベツをあげる時には、最初はスプーン1さじだけから初めて、アレルギーが出ないか確認してから徐々に量を増やしていくようにしてくださいね。

芯やすじは取り除こう

離乳初期の赤ちゃんはまだ自分で噛むことができないので、そのままゴクリと飲み込めるようにスープやペースト状のものをあげますよね。

キャベツをあげる時もペースト状にするのですが、キャベツの芯やすじは茹でても軟らかくなりにくいので、ペーストにするのには不向きです。

離乳食初期では、キャベツを茹でる前に芯とすじはあらかじめ切り取っておくようにしてくださいね。

葉っぱはしっかり洗って必ず火を通そう

キャベツの葉っぱには土や虫がついていることもあります。ですので離乳食に使う時には、葉っぱを1枚1枚しっかり水洗いするようにしましょう。

またキャベツは大人だったら生でも食べられる野菜ですが、生のままだと離乳食初期の赤ちゃんは噛み切ることができません。必ず柔らかくなるまでしっかり加熱したものを使うようにしてくださいね。

キャベツの選び方

重いものを選ぼう

畑のキャベツ,離乳食,初期,キャベツ

スーパーなどでキャベツを買う時、どこに注目して選べばいいのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。

キャベツは重い方が中までぎっりと葉がつまっています。また重いと水分の含有量が多く新鮮なので、選ぶ時は一度手に取って重さを比べてみてくださいね。

葉っぱの色が濃く芯が小さいもの

重さの次に注目なのは、葉の青さと芯の大きさです。たまに白っぽいキャベツを見かけることがありますが、じつはキャベツは葉がしっかりと緑色の方が新鮮でおいしいんですよ。

またキャベツを裏返して芯の大きさを見てみてください。芯が大きいと、葉っぱに占める芯の割合も自然と多くなります。芯は離乳食には不向きなので、芯の小さめのものでだいたい500円玉くらいの大きさのものを目安に選ぶとよいですよ。

キャベツの調理法/下ごしらえ方法

加熱の仕方は?

茹でたキャベツ,離乳食,初期,キャベツ

大人が食べる時にはキャベツは焼いたり炒めたりと色々な調理法が使えますが、離乳食初期の場合、茹でるかシリコンスチーマーに入れてレンジで加熱するのが基本の加熱方法です。

キャベツがくたくたになるまでしっかり加熱すると、ペーストにしやすいですよ。

冷凍できる?

キャベツは茹でてペースト状にしたものを冷凍しておくことができます。またキャベツは野菜スープの素としても使えますが、野菜スープも同様に冷凍しておくことができます。

離乳食を始めると、冷凍庫が色々な食材のストックであふれて飽和状態になってしまうことがありませんか?

そんな時は製氷皿に1回で使う分ずつ分けて冷凍し、あとから凍ったものをジップロックに入れておくとすっきり保存することができますよ。

調理に便利な調理道具は?

キャベツのペーストを一度にたくさん作る場合は、ハンディータイプのミキサー(ブレンダー)があると便利です。ミキサーで一度にかき回せてしまえば、簡単に時間をかけずにペーストを作ることができます。

おすすめレシピのご紹介

【1】離乳食@たっぷり野菜入りとろとろスープ

野菜たっぷりで栄養満点スープ

たっぷり野菜入りとろとろスープ,離乳食,初期,キャベツ 出典:cookpad.com

赤ちゃんに野菜を多く食べさせたい場合は、スープにすると一度に多くの野菜をとれて便利です。

キャベツなどの野菜を細かくカットします。キャベツの芯は硬いので避けてくださいね。細かく刻んだ野菜を沸騰した湯に入れて、柔らかくなるまで茹で、ベビー用の粉末和風だしを入れひと煮立ちさせます。

最後に水溶き片栗粉を加えてとろみをつけたら完成です。離乳食初期なら、野菜を茹でたあとハンドブレンダーを使ってペースト状にして作っても良いですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】【離乳食初期】高野豆腐とキャベツの魚あえ

レンジで簡単調理が可能!

【離乳食初期】高野豆腐とキャベツの魚あえ,離乳食,初期,キャベツ 出典:cookpad.com

次は栄養満点でなおかつレンジ調理で簡単に作ることができる高野豆腐と魚とキャベツの和え物のレシピです。

すべての食材をペースト状にして野菜スープを加えて混ぜた後、レンジで加熱したら完成なので、時間が無いときにもすぐできて時短にもなりますよ。

魚の種類をしらすにしたり、彩りを加えるために人参を入れたりなどアレンジも可能です。月齢が進んできたら味付けにお醤油や味噌、ベビー用コンソメなどの味に変えて変化をつけてもよさそうですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】*離乳食後期*野菜たっぷりポトフがゆ*

野菜の甘みがおいしいポトフ風のおかゆ

野菜たっぷりポトフがゆ,離乳食,初期,キャベツ 出典:cookpad.com

3つ目はキャベツのポトフ風のおかゆをご紹介します。キャベツや人参、玉ねぎなど野菜や肉をみじん切りくらいに小さくカットします。

深めの鍋に、コンソメを入れて、良く溶かし具材を入れます。弱火で蓋をしてじっくり20分くらい煮込みます。野菜の煮えた香りがしてきたら完成です。

少々時間はかかりますが、じっくり煮込んだ野菜は、とても甘くなります。具材は離乳食の時期に合わせて大きさを変えてあげてください。

このままポトフとして出してもよいですし、ご紹介レシピの様におかゆの上に乗せれば手早く離乳食をあげられますね。味付けを変えれば大人用メニューとしても出せますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】きゃべつポタージュ(離乳食~大人まで)

大人も食べられるから便利!

キャベツポタージュ,離乳食,初期,キャベツ 出典:cookpad.com

4つ目は、キャベツのポタージュです。野菜類はすべて小さくカットします。小鍋に野菜類と野菜スープを入れて火にかけ、トロトロになるまでじっくり煮込みます。

柔らかくなったら一旦火からおろし、ハンドブレンダーやミキサーでかくはんします。滑らかになったら粉ミルクを加え、ドロドロすぎるようでしたら水も加えて、再度火にかけたら完成です。

かくはんした後、赤ちゃんの分だけ取り分けておき、牛乳とコンソメの素を入れれば、大人用のポタージュが作れます。ほぼ同じ工程で大人の分も作れるので便利ですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

キャベツはビタミンや食物繊維がたっぷりで、味もほんのり甘みがあって食べやすいので、離乳食初期の赤ちゃんにもおすすめの食材です。アレルギーの心配が少ないところも安心ですよね。

芯やすじを取り除かないといけないので、下ごしらえは少し面倒ですが、一度にたくさん作って冷凍しておくと調理の手間が省けて便利ですよ。

おかゆの後、赤ちゃんが野菜の味になれる第一歩として、キャベツを離乳食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP