ベビーパウダーの選び方と使い方!人気のおすすめ10選

ベビーパウダーの選び方と使い方!人気のおすすめ10選

Bu facebook
Bu twitter

デリケートな赤ちゃんのお肌を守るスキンケア用品はたくさんありますが、ベビーパウダーもそのひとつ。わたしたちが赤ちゃんの頃からずっと長く発売されているものもありますね。

ベビーローションやベビーオイルとはまた違ったスキンケア用品です。今回はベビーパウダーの選び方と、人気のおすすめ10商品をご紹介します。

ベビーパウダーとは何?成分や効果は?

原料について

トウモロコシ,人気,ベビーパウダー,選び方

お肌をサラサラの状態にしてくれるベビーパウダーですが、何でつくられているのでしょう?メーカーによって違いは多少ありますが、基本的には「コーンスターチ」と「タルク」が原料です。

コーンスターチは、トウモロコシからとれる植物デンプンです。料理にもつかうことがありますね。

このコーンスターチは、お肌表面の水分や油分を吸いとる効果があり、さらに吸水した水分を放出して、乾燥のしすぎを防いでくれる働きもします。

タルクとは、滑石(かっせき)という水酸化マグネシウムなどを含む鉱石です。わたしたちが使う化粧品にもよく使われている材質です。

タルクが入ることによって、パウダーをお肌にのせるとすぐにサラッとした感触がでるようになっています。

どんなときに使うといい?

裸の赤ちゃん,人気,ベビーパウダー,選び方

それではベビーパウダーは、どんなときに使うのでしょうか?お肌をサラサラにするパウダーですので、たとえば蒸れやすい赤ちゃんのおしりや、汗でべたつきやすい脇などに使います。

また、赤ちゃんはあごの下や首、太ももなど、お肉とお肉の間にシワができますね。汗でくっつきやすいところですので、そういうところにパウダーを塗っておくといいですね。

ベビーという名前ですが、もちろん大きくなってからも、大人も使えます。あせもの予防など、家にひとつあると便利です。

ベビーパウダーの選び方は?

粉タイプと固形タイプ

パウダー,人気,ベビーパウダー,選び方

ベビーパウダーは、粉末タイプと固形タイプがあります。粉末タイプは粉状のパウダーが容器に入っているので、手でとったりパフでとって使います。

一度で広範囲に広げてささっと塗ることができるので手軽ですが、粉がぶわっと舞ってしまったりすることもあるので、赤ちゃんが吸い込んでしまわないよう注意が必要です。

いっぽう固形タイプは、化粧品のプレスドパウダーのように、容器の中に固まった状態で入っています。パフでこすりとって使います。

一度にたっぷりとって塗ることはできませんが、粉が舞ったりこぼれたり、ということはありませんね。首元などに塗る時も、赤ちゃんが吸い込む心配がなく使えます。

赤ちゃんにおすすめのベビーパウダー

【1】シッカロールキュア|和光堂

シッカロールキュア 140g,人気,ベビーパウダー,選び方 出典:amzn.to

シッカロールはベビーパウダーの別の呼びかただと思っている方もいるのではないでしょうか?実はシッカロールは和光堂の商品名で、登録商標なんですね。それくらい有名な商品です。

こちらは粉末タイプ。粉とびの少ない良質パウダーを使用しており、ももの葉エキス(うるおい成分)が配合されています。無香料。パフ付きです。

[成分]有効成分:アルジオキサ、酸化亜鉛配合 、その他の成分:タルク、コーンスターチ、モモ葉エキス、BG
[参考価格]359円

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【2】シッカロールナチュラル|和光堂

シッカロールナチュラル,人気,ベビーパウダー,選び方 出典:amzn.to

先ほどの「シッカロールキュア」との違いは、原料にタルクが使用されておらず、コーンスターチや植物性スクワランなど植物性の原料でつくられている点です。

ナチュラルなスキンケア志向のママにはこちらがおすすめです。紅茶の香りも人気です。

[成分]有効成分:酸化亜鉛、その他の成分:コーンスターチ、植物性スクワラン、チャエキス(1)、ステアリン酸Ca、ベンゼトニウムクロリド、香料
[参考価格] 451円

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【3】薬用ベビーパウダー 弱酸性 ピンクパフ付|ピジョン

ピジョン 薬用ベビーパウダー,人気,ベビーパウダー,選び方 出典:amzn.to

こちらのベビーパウダーには肌の弱い赤ちゃんに適した弱酸性で、スクワラン・シリコーンオイルが配合されています。

プラスチックの容器を開けてパフを取ると小さな穴があいた内蓋があり、そこにパフを当てて容器を振ってつけるようになっているので、粉末タイプですが飛び散りを防止できます。

缶のタイプと違いしっかり蓋ができるので持ち歩きにも便利です。

[成分]有効成分:β-グリチルレチン酸、その他成分:マイカ、カオリン、無水ケイ酸、スクワラン、流動パラフィンメチルポリシロキサン、水素添加ホホバ油、クエン酸
[参考価格] 476 円

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【4】薬用固形パウダー 45g パフ付|ピジョン

ピジョン 薬用固形パウダー,人気,ベビーパウダー,選び方 出典:amzn.to

こちらはケースに入った固形タイプです。付属のパフでとって使います。コンパクトなので携帯に便利ですね。飛び散ることもないですし、少量ずつとって首などにも安心して塗りやすいですね。

薬用タイプであせもやただれを防ぎ、また肌に近い成分「スクワラン」も配合。赤ちゃんの肌をやさしく守ってくれます。

[成分]有効成分:酸化亜鉛、その他成分:タルク、無水ケイ酸、トウモロコシデンプン、流動パラフィン、スクワラン、ポリエチレン末、グリセリン、メチルポリシロキサン
[参考価格]280円

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【5】資生堂ベビーパウダー|資生堂

資生堂ベビーパウダー,人気,ベビーパウダー,選び方 出典:amzn.to

こちらも40年以上前から発売されているロングセラーの一品です。容器もちょっとレトロな感じでかわいいですね。

固形タイプですので飛び散りが少なく、付属のパフにとって使います。赤ちゃんだけでなく、大人のデオドラントとしても人気です。

[成分]有効成分:酸化亜鉛、その他成分:タルク、ポリエチレン末、流動パラフィン、ワセリン、精製水、クエン酸、リン酸二水素ナトリウム、香料
[参考価格]587円

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【6】ジョンソン&ジョンソン ベビーパウダー|ジョンソンベビー

ジョンソンベビーパウダー,人気,ベビーパウダー,選び方 出典:amzn.to

こちらのジョンソン&ジョンソン ベビーパウダーは粉末タイプで、原料は良質のなめらかなタルクと、赤ちゃんにやさしい香料のみ、とシンプルにできています。

プラスチック容器に入ったタイプもありますが、画像はパウダーがボトルに入ったシェイカータイプです。必要な分だけ手にとって使います。こちらも携帯に便利。

[成分]タルク、香料
[参考価格]227円

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【7】フリート ピコ ベビーパウダー|フリート

フリート ピコ ベビーパウダー,人気,ベビーパウダー,選び方 出典:amzn.to

こちらは生後6ヶ月の赤ちゃんから使える、ボトル入りの粉末バビーパウダーです。コーンスターチ・タルクに加え、ラベンダーのエッセンシャルオイルと天然香料が配合されています。

「にこにこ」タイプと「すやすや」タイプがあり、「にこにこ」にはカモミールローマンも配合。赤ちゃんだけでなく、塗ってあげるママもやさしい香りでリラックスできます。

[成分]コーンスターチ、タルク、ラベンダー油、カミツレ油
[参考価格]1,296円

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【8】アルジタル プロテクト ベビーパウダー|アルジタル

アルジタル プロテクト ,人気,ベビーパウダー,選び方 出典:amzn.to

アルジタルはイタリアのオーガニックブランドです。、防腐剤を一切使わず、100%天然由来の成分を使用しているこだわりのベビーパウダーです。

ミネラルや保湿成分を蓄えたグリーンクレイ(海泥)が配合されていて、キメの細かい赤ちゃんの肌に溜まった汚れと汗を吸収し、お肌にトラブルを起こさずサラサラにキープしてくれます。

[成分]フラー土、コメデンプン、酸化亜鉛、サンシキスミレエキス、エタノール
[参考価格]1,944円

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【9】コアラベビー オーガニック ベビーパウダー|コアラベビー

コアラベビー オーガニック ,人気,ベビーパウダー,選び方 出典:amzn.to

オーストラリアでつくられているベビーパウダーです。赤ちゃんを抱っこしながらでも使いやすいよう、片手でも扱える容器になっています。

98%のオーガニック成分と化学成分を一切使用しない高品質なベビーパウダーです。サラッと軽い使い心地なので、大人のメイクの仕上げパウダーとしてもおすすめです。

[成分]コーンスターチ、カオリン、ラベンダー花
[参考価格]1,620円

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

【10】ニールズヤード レメディーズ ベビーパウダー|ニールズヤード

ニールズヤード レメディーズ,人気,ベビーパウダー,選び方 出典:amzn.to

オーガニックコスメブランド・ニールズヤードの商品です。遺伝子組換えをしていないトウモロコシから作られた、オーガニックコーンスターチをベースに作られています。タルクフリー。

軽くさらりとした使い心地で、吸湿力が高いので、代謝が活発で汗をかきやすい赤ちゃんの肌をサラサラにしてくれます。

[成分]コーンスターチ、炭酸Mg、プロポリスエキス、水、変性アルコール
[参考価格]1,944円

住所や電話番号など詳細はこちら

まとめ

ベビーパウダーの選び方と、人気の商品を10個ご紹介しました。赤ちゃんだけではなく、最近は大人の女性用ベースメイクとしてもベビーパウダーは注目されています。

お風呂あがりや夏の汗ばむ時期にとっても役立ちますので、ぜひ使ってみてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP