ハッピーなだけじゃない!妊娠・出産に関するリアルが描かれた一冊です

ハッピーなだけじゃない!妊娠・出産に関するリアルが描かれた一冊です

Bu facebook
Bu twitter


「お産は人それぞれ。教科書通りのお産なんてないんですよ。」

破水後もなかなか陣痛が来なくて、3日目に緊急帝王切開になった著者が、出産時に助産師さんから言われた言葉です。

妊娠・出産は、経験しないとわからないことがたくさんあります。
ママになった友人達を見て「幸せそうだなぁ。いつか私もママになりたいな」と憧れていた著者ですが、人より重めのつわりや、切迫早産、子宮筋腫ありのハイリスク妊婦…と、妊娠生活だけでも、「なんじゃこれ~!」のオンパレード。

けど、聞けば、ママになった友人達も「つわりが辛かった」「切迫で入院しかけた」「逆子でずっと体操をしてた」など、楽な妊娠期間を過ごしていた子のほうが少なかったのです。

産後も、「赤ちゃんは、3時間毎におっぱい飲むんだ」「続けて寝るのは難しそうだな」「完母推進の病院だからおっぱい出るといいなぁ」という考えで臨んだら、まずは「乳首が死にそうに痛い!」「帝王切開の傷が死ぬほど痛い」「それでも赤ちゃんはおっぱいが欲しくて泣く」「ようやく寝れた…と思ったら、起こされる」
「何これ!?想像してたのと全然違う!!!!」
赤ちゃんはかわいいし、愛おしいし、ママになれた喜びでいっぱいだったけど、本当に本当に辛かった妊娠・出産・産後の日々。

つわりがスタートしてから、産後まで、著者は事あるごとに「こんなに辛いなんて聞いてない。誰も言ってなかった。教えてくれなかった―!」が口癖だったように思います。

「産んだら忘れると聞くけど、私は絶対忘れない!」

これも、何度も何度も言葉にしていた気がします。

産後2年経った今、確かにあの辛さを思い出すことは減りましたが、それでも忘れることはありません。
私の後に、妊娠をした友人たちには、「私の時はこういうことが起こったよ」と、恐怖を与えないように注意しながらも話すようにしています。

つい先日、妹のようにかわいがっている後輩から、妊娠の報告がありました。


へっぽこ妊婦時代の私を知る後輩が、「この本、先輩のことかと思いながら読んじゃいましたよ」と教えてくれた本があります。

それが、はるな檸檬さんの『れもん、うむもん!-そして、ママになる-』

1ページ目に「出産は、しんどかったです。」と始まる「まえがき」があります。

私はこの一文を読んでから、いっきにこの本を読みました。

決して、ネガティブな内容ではありません。

むしろ、妊娠・出産を経験したママ達は「そうだった!こうだった!」と、懐かしく感じる人の方が多いかもしれません。

不思議なことに、檸檬さんが綴ったマタニティライフは著者のものと似ていて、共感できる部分が多かったのも、この本に惹かれた理由だと思います。

帯に書かれた

『育児漫画業界初のマタニティぶりー漫画!』『この本のおかげで救われる人が必ずいます』の言葉に深く頷けます。

これから、初めての出産を控えた人には、ぜひ読んでもらいたいです。

産後、誰にも言えずにもやっとした気持ちを抱えてしまったママにも、ぜひ読んでもらいたいです。

こんなにも、妊娠・出産時のママの気持ちをリアルに描いてくれている本は、どんな本よりママ達の日々に寄り添ってくれるような気がします。

ライター 鈴木じゅん子
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP