福井県立恐竜博物館で化石発掘体験ツアーも、恐竜グルメも!?

福井県立恐竜博物館で化石発掘体験ツアーも、恐竜グルメも!?

Bu facebook
Bu twitter

福井県勝山市にある「福井県立恐竜博物館」は、リアルな恐竜のジオラマをはじめ、恐竜の生きた時代を細かく再現した展示があります。

しかも、骨格化石の発掘体験までできてしまうという、恐竜好きにはたまらない博物館です!ドーム型の博物館の中は、「恐竜の世界」のほかにも「地球の科学」や「生命の歴史」についての展示もあり、大人でも知らないことがたくさん。

屋内なので雨の日も安心して、子どもと一緒に楽しく学ぶことができますよ。また、恐竜をイメージした、キュートなメニューが豊富なレストランもあるので、食事の心配もなく1日中遊べます。

館内にはベビーカーで入ることもでき、授乳室やおむつ替えシートなど、赤ちゃん連れのママパパにも助かる設備が整っています。今回は、家族みんなで楽しめる「福井県立恐竜博物館」の見どころについて詳しくご紹介しますね!

【1】ベビーカーOK!赤ちゃんウェルカムの博物館

赤ちゃん連れにも優しい設備が整っています

展示室内のスロープ,福井県,恐竜博物館, 出典:www.dinosaur.pref.fukui.jp

まずうれしいのは、博物館内はとても子連れ、赤ちゃん連れに優しいつくりであること!地上3階、地下1階からなる博物館内には2基のエレベーターがある他、展示室の1階から2階への移動には、スロープを使うこともできます。

ベビーカーでゆっくりとスロープを歩いていくと、展示されている恐竜骨格を違う角度から見ることができるのもおすすめですよ。ベビーカーは3階受付で貸し出しも行っています。

エントランスホール各階の身障者用トイレにはおむつ替えシートがついていますし、3階受付に申し出れば授乳室を使うこともできます。

博物館というと、ひっそりと静まっていて、赤ちゃん連れには入りずらいイメージがあるかもしれませんが、こちらの恐竜博物館はとても赤ちゃんウェルカムなんです。

また、もし途中で赤ちゃんがグズってしまったら、一度退館し博物館のある「かつやま恐竜の森」の公園をお散歩するのも手です。広い公園で赤ちゃんが安心できたら、もちろん再入館OKなのもうれしいポイントです。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】恐竜が暮らしていた時代へタイムスリップ!

全身骨格は大迫力!

「恐竜の世界」ゾーン,福井県,恐竜博物館, 出典:www.dinosaur.pref.fukui.jp

恐竜博物館は3階に入り口があります。まずはエントランスホールから展示室へと降りる、長さ33mのエスカレーターで、美しい化石標本の立ち並ぶ「ダイノストリート」のある地下1階へ降りましょう。

展示は下の階から上に向かって順に見学するのがおすすめです。タイムスリップに成功したら、次は1階の常設展示室「恐竜の世界」ゾーンへ。

こちらには43体もの恐竜全身骨格が展示されていますが、そのうちの7体は実物の骨格でできているというから驚きです。

ジオラマは、恐竜だけでなく枯れ葉までがリアルに復元されていて、恐竜たちの息吹を感じることができます。

また、同じく1階にある「地球の科学」ゾーンでは、生物の命の源といえる地球の姿について、化石、岩石、鉱物などの展示を見学しながら学ぶことができます。

この記事に関連するリンクはこちら

46億年もの生命の歴史について親子で学ぼう

「生命の歴史」ゾーン,福井県,恐竜博物館, 出典:www.dinosaur.pref.fukui.jp

迫力のある恐竜骨格の展示を見ながらスロープを歩いて1階から2階へ移動すると、そこは「生命の歴史」ゾーン。

こちらでは、哺乳類が絶滅と進化を繰り返しながら生きてきた様子や、恐竜への進化の道筋について、ジオラマで見ながら学ぶことができます。最近発見された、恐竜から鳥への進化の展示などもありますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】体験型展示の「ダイノラボ」では化石に触れることも!

体と頭を動かして恐竜博士を目指そう

ダイノラボ,福井県,恐竜博物館, 出典:www.dinosaur.pref.fukui.jp

1階、2階にある「ダイノラボ」は、子どもがわくわくする仕掛けがたくさんある、参加体験型の展示スペース。海外から到着したばかりの化石を研究する為の場所をイメージして作られています。

本物のティラノサウルスの化石や巨大なアンモナイト、マンモスの牙などを見て触れて学ぶことができるほか、恐竜に関するたくさんのクイズボックスがあります。正解を見るために扉を開けるなどの仕掛けも工夫されていて、子どもが夢中になって楽しめますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】混雑必至!「化石発掘体験ツアー」

専用バスで化石発掘現場へ!

化石発掘体験,福井県,恐竜博物館, 出典:www.dinosaur.pref.fukui.jp

恐竜博物館のイベントで大人気なのが、勝山市北谷町に2014年7月にオープンした「野外恐竜博物館」で行われる「化石発掘ツアー」!こちらは、恐竜博物館と野外恐竜博物館の間を専用バスで往復する1時間を含む、2時間のツアーです。

発掘現場の見学や化石調査の解説を聞き、そして化石発掘チームの一員になって発掘現場から持ってきた化石を叩く「発掘体験」ができます。気分は、恐竜博士ですね!

自分で叩いて発見した化石については、研究員から詳しい解説を聞くこともできますよ。こちらのツアーは事前予約制となっていて、HPの予約システムから申し込みをします。

料金は小・中学生が600円、高校・大学生が1,000円、大人が1,200円です。未就学児は0歳から参加OKで、料金はかかりません。発掘現場の建物内にはおむつ交換設備もあり、折り畳み可能のベビーカーならバスに乗せることもできます。

小さい子どもはハンマーなどの重い道具を持つ作業は出来ませんが、石を拾って観察するなどの体験ができますよ!非日常の雰囲気に、きっとわくわくすることでしょう。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】レストランやミュージアムショップも充実!

恐竜グッズがいっぱい!

ミュージアムショップ,福井県,恐竜博物館, 出典:www.dinosaur.pref.fukui.jp

館内3階にある「カフェ&レストラン DINO」では、恐竜が隠れているかわいいメニューが豊富!

恐竜の足型バンズを使ったハンバーガーや、ライスが恐竜の形をしているカレーライスなど、大人も子どもも見て食べて楽しむことができます。

同じく3階にあるミュージアムショップでは、恐竜のぬいぐるみや3Dペーパーパズル、歯ブラシのほか、なんと恐竜の化石まで販売しています!

トリケラトプスの歯やアンモナイトの化石、三葉虫の成長過程の標本など、恐竜好きにはたまらないグッズがたくさんありますよ。お勉強にもなるので見学の記念にぜひ見てみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するリンクはこちら

【6】「福井県立恐竜博物館」へのアクセス、駐車場、料金等の基本情報

1年に3回以上行くなら年間パスがおすすめ!

【住所】
福井県勝山市村岡町寺尾51-11 かつやま恐竜の森内

【アクセス】
えちぜん鉄道勝山永平寺線 比島駅から2970m
えちぜん鉄道勝山永平寺線 勝山駅から3390m
えちぜん鉄道勝山永平寺線 発坂駅から4060m

【営業時間】
9:00~17:00(入館は16:30まで)
※夏休み期間やシルバーウィークは延長あり

【定休日】
第2、4水曜日(祝日の場合は翌日休館、夏休み期間は無休)、年末年始(12月29日~1月2日)
※展示替えや施設の点検のため臨時休館あり、HPで確認要
 
【お問い合わせ】
0779-88-0001

【赤ちゃんデータ】
駐車場 ◯
授乳用スペース ◯
雨の日 ◯
ベビーカー ◯ 貸し出しあり
飲食物持ち込み ◯
レストラン施設 ◯
売店 ◯
おむつ交換台 ◯

【おでかけヒント】
■常設展観覧料 小・中学生 260円(年間パス770円)/高・大学生 410円(年間パス1,230円)/ 一般 720円(年間パス2,060円) ※未就学児、70歳以上は無料です。
■駐車場 「かつやま恐竜の森」の駐車場が無料で利用できます。

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら

まとめ

今回は「福井県立恐竜博物館」の見どころについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ご紹介した以外にも、まだまだ魅力がたくさんありますよ。

常設展のほかに、テーマを決めて開催されている「特別展」も楽しい内容が盛りだくさんですので、HPをチェックしてみて下さいね。3階の講堂では恐竜アニメ映画の上映も行っていますので、歩き疲れたら休憩がてらに観るのもいいですね。

また、博物館の外は「かつやま恐竜の森」という広い公園になっていて、モニュメントや遊具で遊ぶこともできます。天気が良い日のランチタイムは、お弁当を持ちこんで公園の芝生や休憩所で食べるのもおすすめ!

親子で1日遊んで学べる「福井県立恐竜博物館」、ぜひ足を運んでみて下さいね。ちびっこ恐竜博士が誕生するかも!?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP