赤ちゃんのお祝いごと(1)お七夜 お宮参り

赤ちゃんのお祝いごと(1)お七夜 お宮参り

Bu facebook
Bu twitter

「お七夜」と「お宮参り」

「お七夜」と「お宮参り」は、生まれて1か月までの間の主な行事です。


講師:三浦 康子(和文化研究家)

赤ちゃんのためのお祝いごとは、赤ちゃんが生まれて初めて知ることも多く、「お宮参りはどうすればいい?」「お食い初めって何?」など、わからないことばかりです。
赤ちゃんに関わる日本の行事は、家族の幸せを願う気持ちを形にしたものです。
そこで今回は、日本に伝わる赤ちゃんのお祝いごとを紹介します。

「お七夜」

「お七夜」は生後はじめての行事です。
身近な人に赤ちゃんの名前をお披露目する「命名式」を行って、お祝いをします。

<「お七夜」の由来>
医療が発達する以前は、赤ちゃんが命を落とすことが多く、生後7日目までは名前をつけませんでした。
無事に7日を迎えると、出産を見守ってくれた神様に報告し、名前をつける儀式を行いました。
これが「お七夜」の由来です。

<「お七夜」に用意するもの>
・「命名書」
「命名書」には、赤ちゃんの名前と生年月日を書きます。
(両親の名前や続柄などを書くこともあります。)

<ポイント>
・「お七夜」のころは、ママは退院したばかりで、赤ちゃんも生まれて7日しか経っていません。
形式にこだわらず、それぞれの体調を考慮しながら、無理せずにできることをできる範囲で行ってください。
・7日目までに名前が決まらないときは、決まってからでも大丈夫です。
・「命名書」は、親がわが子の名前に思いを込めて用意することに、大切な意味があります。
・今の「命名書」は、書き方も形式もさまざまです。それぞれ我が家のスタイルで作ってみましょう。

「お宮参り」

「お宮参り」は、生後1か月ごろに行います。
神社に子どもの誕生を報告し、健やかな成長を祈願する行事です。

<「お宮参り」の由来>
最近は有名な神社でお参りする人が多いです。
しかし本来は、「お宮参り」は地元で暮らす人々を見守る氏神様(各地域の守り神)に赤ちゃんの誕生を報告し、「氏子(地域に住む人)として見守ってください」と祈願するものです。
赤ちゃんが、その地域に仲間入りする儀式でもあります。

日本人は土地に根付き、暮らしを営んできました。
そのため、各地域のお祭りなど多くの行事が神社を中心に行われています。
人は1人では生きていけません。
自分たちを支えてくれる物事や自然の恵みに感謝する気持ちも、こうしたことから育まれていきますよ。

地域によってしきたりが異なることもあります。
地元の習慣やしきたりを確認してみましょう。

<「お宮参り」に用意するもの>
・祝い着
習わしとしては、背中の中心の縫い目、背縫いのない1つ身の絹織物です。
しかし、ベビードレスでもかまいません。

<ポイント>
・お宮参りでは父方の祖母が赤ちゃんを抱く習わしがありましたが、ママが抱くことも多くなりました。
・神社に参拝するだけでも良いですが祝詞奏上やおはらいをお願いする場合は、予約をするなどして神社に相談しましょう。
 
 
集まった祖父母と記念写真を撮ったり、食事会をすることも最近は多くなりました。
赤ちゃんの健やかな成長を願い、家族で記念になる1日を過ごせるといいですね。


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP