離乳食のおやきレシピ|じゃがいもやかぼちゃをおいしく調理

離乳食のおやきレシピ|じゃがいもやかぼちゃをおいしく調理

Bu facebook
Bu twitter

離乳食もすすんでいくと、いろいろな食材を食べられるようになってきますよね。最初はドロドロだったものが後期には形になっているものが食べられるようになります。

自ら手にとって食べられる喜びはこの上ないですよね。そこで、今回は、離乳食におすすめの「おやきレシピ」を紹介したいと思います!

子どもが好きなじゃがいもやかぼちゃをおいしく調理しちゃいましょう!苦手な食材を混ぜてしまえば意外と一緒に食べてしまうかも!?

おやきとは何?なぜ離乳食におすすめなの?

そもそもおやきとは?

おやき蒸篭お茶,離乳食,おやき,レシピ 出典:Instagram: sachipochi511さん*写真はイメージです

おやきとは、もともと信州発祥の郷土料理です。小麦粉などを水で溶いて練りあげ、それを薄くのばし、中に野菜や餡を入れ、焼いた食べ物です。

手でそのままつかんで食べられることから、子どもの離乳食にも応用して使われています。離乳食で使う場合は、そこまで食材は使わず、シンプルに「おやき風」にして食べると言った方が分かりやすいかと思います。

離乳食におすすめの理由とは

離乳食子ども手づかみ,離乳食,おやき,レシピ 出典:Instagram: kyoko_6109さん*写真はイメージです

離乳食後期になってくると、自分で食べたいという欲求が出てきます。

そんな時、一口サイズに焼いたおやきは食べやすく、何よりまだ上手にフォークなどを使えない子でも手づかみで食べやすいのです。

自らごはんを食べる練習にもなりますし、食にあまり興味がない子も手で握って食べられるので、食が進みますよ!

離乳食におやきを取り入れたい時期はいつから?

生後8ヶ月以降の手づかみできる離乳食中期・後期から

手づかみ食べ子ども,離乳食,おやき,レシピ 出典:Instagram: yukapon0401さん*写真はイメージです

8、9カ月頃からは噛んで食べることが上手になってくる「カミカミ期」。

この時期は「噛む」という基礎を作り上げる時期です。食べやすいサイズと柔らかさのおやきは噛み切りやすく、栄養もあるので、「おやきメニュー」がとても役に立ってきます。

おやきを食べることで「練習」ができる

手づかみ食べおやき,離乳食,おやき,レシピ 出典:Instagram: ayuminririさん*写真はイメージです

おやきなら、歯や、上あごでちぎりながら食べることを覚えられますし、いろいろな食材をひとまとめにして食べられます。

さまざまな食材を混ぜられるため、バリエーションも豊富に広がるメニューなのです。

おやきのように手でつかんで食べられるメニューがあると、子どもも楽しくごはんを食べることができるので、食べる意欲が湧いてきて食べ物に手を伸ばすようになってきますよ。

材料はじゃがいもやかぼちゃがおすすめ!

じゃがいも,離乳食,おやき,レシピ 出典:Instagram: mizuki_akita_さん*写真はイメージです

そこでおやきにおすすめの材料は、ゆがいてつぶすだけで形になる「じゃがいも」や「かぼちゃ」です。そのほかにも、さつまいもや、バナナ、ごはんも使えますよ!

一緒に入れる食材によって味も変化してくるので、子どもも飽きずに食べてくれます。また、子どもが苦手な食材を一緒に混ぜてしまうことにより、嫌いな食べ物も克服できてしまうというメリットも!

冷凍もできるから忙しい日に大活躍!

おやきかぼちゃ,離乳食,おやき,レシピ 出典:Instagram: ayumi1871さん*写真はイメージです

おやきが良いのは栄養面や食べやすさだけではありません!冷凍保存ができるので、忙しい日にもあっという間に一品用意できます。

注意点としては、冷凍保存したものは1週間以内に使いきるようにし、解凍する場合は自然解凍ではなく、電子レンジなどどで一度熱を通すようにしてください。

もう一度フライパンやトースターで焼けば、カリッとした食感も楽しめます。

【1】じゃがいも&鮭 onlyおやき 離乳食

おやきデビューにはもってこい!

じゃがいも鮭おやき,離乳食,おやき,レシピ 出典:cookpad.com

じゃがいもと鮭だけを混ぜたらできるおやきは、初めてのおやき作りにもってこいのメニューです。

じゃがいもをつぶして、ほぐした鮭を入れて混ぜて焼くだけ!この場合、鮭は無塩のものを選ぶようにしてくださいね。

また、お刺身の鮭をゆがいて使うのもありですよ。骨がないから便利ですし、大人もお刺身を食べられますよ!

この記事に関連するリンクはこちら

【2】簡単離乳食☆野菜と豆腐のおやき

カラフルな見た目で、食欲をそそる!

野菜と豆腐のおやき,離乳食,おやき,レシピ 出典:cookpad.com

かぼちゃをつぶしてそこにお豆腐とミックスベジタブルを入れたおやきです。

色鮮やかで食べているだけで楽しい気分になれそうですよね!家にある材料でできるのもありがたい!

ミックスベジタブルは他の離乳食でも使い勝手がいいので、冷凍庫にあるととても助かるアイテムですね。

【3】 *離乳食後期* さつまりんごおやき

素材の味を生かして!おやつにも最適なさつまいも!

,離乳食,おやき,レシピ 出典:cookpad.com

さつまいもとりんごでできるおやきです。砂糖を使わずに作れるので、素材の味が生きますよ!

また、余っている粉ミルクなども一緒にいれるとさらにマイルドな味わいになるのでおすすめです。

さつまいもをゆでるのが大変な場合は、スーパーなどで売っている焼芋を使う手もあります!

兄弟がいる場合のおやつにもヘルシーで良いですね!

この記事に関連するリンクはこちら

【4】じゃがいもとしらすのおやき 離乳食後期〜

お魚が苦手な子もおやきにすれば食べられるかも!?

じゃがいもとしらすのおやき 離乳食後期,離乳食,おやき,レシピ 出典:cookpad.com

じゃがいもに細かくしたお魚(しらすなど)を混ぜて焼けば、お魚が苦手な子でも食べられるかもしれません。

もちろん、お魚だけではなく、ピーマンや人参など、子どもの苦手な食材を細かくして入れると、気付かずに食べてくれますよ。

青のりの風味で苦手な食材のにおいがやわらぐので、青のりを入れるのもポイントです!青のりはいろいろな料理で活躍してくれるのでおすすめです。

この記事に関連するリンクはこちら

【5】【離乳食後期】納豆ごはんのおやき

ねばねば納豆もおやきにすればべとつかない!

離乳食後期納豆ごはんのおやき,離乳食,おやき,レシピ 出典:cookpad.com

納豆は食べさせたいけど、ネバネバが大変でどうしても敬遠してしまう...なんて方も多いのではないでしょうか。

おやきにするとそのネバネバもなくなってしまうので、とってもおすすめです!ごはん(おかゆ)と混ぜて焼けば、主食にもなりますね。

子どもが食べた後にひとつひとつ落ちた納豆を拾う必要もなく、後片付けが簡単です。

この記事に関連するリンクはこちら

【6】離乳食後期★ヒジキと白身魚の里芋お焼き

もちもち食感がやみつき!

離乳食後期ヒジキと白身魚の里芋お焼き,離乳食,おやき,レシピ 出典:cookpad.com

里芋をゆでて、白身魚(カレイやしらす)とひじきを加えて焼いたおやきです。

じゃがいもと一味違う里芋はもっちり食感で子どもも大好きですよね!また、お魚がたくさん入っているところも素敵!

とくにこの時期は鉄分不足になりやすいですので、ヒジキは鉄分補給に最適です!

この記事に関連するリンクはこちら

【7】栄養満点!お野菜お焼き★離乳食後期~

ベビーフードもうまく使っちゃおう!

栄養満点お野菜お焼き離乳食後期~,離乳食,おやき,レシピ 出典:cookpad.com

じゃがいもと小松菜をゆでて、ベビーフードのレバーペーストを混ぜたらスプーンでフライパンに落として焼きます。

レバーはなかなか普段の食事からは取り入れづらいですが、おやきにしてしまえばとても食べやすいし、あげやすいですよね!

栄養があっても調理に時間や手間がかかる食材は、このようにベビーフードでうまく利用したいですね!

この記事に関連するリンクはこちら

【8】栄養満点おやき☆離乳食(後期、完了期)

栄養満点の「おから」もおやきにできますよ!

栄養満点おやき離乳食後期完了期,離乳食,おやき,レシピ 出典:cookpad.com

納豆とおからに大根おろし、しらすが入ったおやきです。大根おろしの水分も一緒に混ぜて焼いてしまいます。青のりも一緒にいれれば、風味も増しますよ。

おからは普通にスーパーで手に入りますし、何より安い!栄養面も申し分なしですので、是非おやきに入れたい食材です。

おからは食物繊維も豊富ですので、便秘がちの子どもにもおすすめですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【9】つかみ食べ離乳食☆ふわもち素麺おやき

余ったそうめんもおやきに早変わり!

つかみ食べ離乳食ふわもち素麺おやき,離乳食,おやき,レシピ 出典:cookpad.com

そうめんやおうどんなどの麺でできるので、食べ応えもあります。乾麺なら麺と具材を一緒に茹でられて時短にも!

具材を混ぜてお好み焼きのように焼き、食べやすい大きさに切ったら出来上がり!

ご飯炊いてない!なんて時や、ごはんに飽きてきたかな?なんて時、さらには頂き物のそうめんなんかがたくさんある時にもすぐに作れちゃうメインレシピです。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

おやきレシピはアレンジ次第で幅が広がります!いろいろな食材を入れて、子どものお気に入りを見つけてみてくださいね。

多めに作って冷凍できるのも、忙しいママにとってはうれしいです。おやきは外出の際にも持ち運びやすいですし、食べさせやすいというメリットもありますよね!

日々の食事に大活躍の「おやき」、ぜひ作ってみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP