DIDYMOS(ディディモス)ベビーラップは新生児も使える抱っこ紐!

DIDYMOS(ディディモス)ベビーラップは新生児も使える抱っこ紐!

Bu facebook
Bu twitter

お出かけの必需品は何ですか?ベビーカー?抱っこ紐?ベビーカーは荷物も一緒に掛けることが出来るのでとても便利ですが、電車などの公共交通機関を使う時にはちょっと場所を取ってしまいますね。

上にお子さんがいるママは抱っこ紐をよく使うのではないでしょうか?少し重いですが、両手が自由に動くので買い物やお散歩にも楽チンですね。

こうした抱っこ紐は種類が多くて何を選んだらいいか分からない!という人の為に、今回は新感覚抱っこ紐「DIDYMOS(ディディモス)」ベビーラップをご紹介。まるで包まれているかのような安心感を与えてくれるおすすめアイテムです。

ベビーラップとは?

抱っこ紐は聞いたこと有るけど、ベビーラップはまだ馴染むがないのでよく分かりませんよね。ベビーラップとは赤ちゃんを抱っこやおんぶするための長い布のこと。抱っこ紐よりもママと密着するので、子どもに安心感を与えます。

また金具などがないので安心・安全巻き方は種類が多いので、自分に合った巻き方が出来ます。欧米を中心に人気が高まり、ここ数年で日本でも急激に広がりを見せています。赤ちゃんに直接触れるので、信頼出来るメーカーを選びたいですね。

DIDYMOSのベビーラップの人気の秘密

新生児から使える抱っこ紐って少ないんですが、この商品ならそれが可能。他にもこんなところがママに人気があります!

1.巻き方自由!密着する安心感

新生児の時には赤ちゃんがお腹にいたときのような姿勢にすることで、安心感を与えることが出来ます。ちょうどママの胸に赤ちゃんの耳が当たるので鼓動を聞いて落ち着くんだとか。また少し大きくなったら巻き方を変えることも。

ベビーラップの巻き方はいろいろあるので月齢毎に分けて使いこなしたいですね。

またべビ―ラップとして使い終わったら、ハンモックやブランコとして長く使い続けることが出来ます。膝掛けなど使い方無限大!抱っこ紐ではこんなに長くは使えないので驚きです。

2.肩や腰の負担が少ない

ベビーラップはママの腰よりも高い位置で結ぶので、産後の腰に負担を掛けません。また紐ではなく布なので、背中や肩などに赤ちゃんの体重が分散されます。一部分だけに負担を掛けないので抱っこしやすい設計ですよ。

ママも楽チンなので、愚図ったらまずDIDYMOSのベビーラップで抱っこしてしまうママも多いようです。赤ちゃんは安心して寝てくれるし、ママも子どもが落ち着いて一安心ですね。

3.パパが巻いてもおしゃれなデザイン

DIDYMOSのベビーラップは男女兼用のデザイン。そのため男の人が巻いてもおしゃれな雰囲気に。「チザ」のようなシックなデザインや、「楕円ブラック」のようなモダンなデザインまで男女どちらでも楽しめます。

もちろん女性におすすめな可愛らしいデザインも。洋服と同じようにベビーラップでおしゃれを楽しむのも良いですね。

オーガニックコットン100%の安心素材

抱っこ紐よりも多くの部分が赤ちゃんに触れるので、やはり安全な素材が良いですね。DIDYMOSのベビーラップはEUの厳しい審査を抜けたオーガニックコットンを使用。アレルゲン性が少ない原綿を使っています。

また特殊な技術を用いた厚過ぎない布を実現。これなら夏でも安心ですね。また伸縮性や耐久性があるので長い間いろいろな使い方が出来るんです。ベビーラップの巻き方の多くはDIDYMOS発祥

そのためサポートセンターや講習会、HPでも巻き方を学ぶことが出来ます。これなら初めての人でも使えますね。

出産祝いにもおすすめのベビーラップ

ベビーラップってすごい商品ですね。巻き方はもちろん、デザインや使い方もいろいろ。これ一枚あれば子どもが大きくなった後も長く使うことが出来ます。

出産祝いにもおすすめ。抱っこ紐はあるけど、もう一つセカンド抱っこ紐が欲しい!という人にも一枚あれば安心なアイテムです。デザインが多いので他の人と被る心配も少ないですよ。

今やお出かけの必需品!近い将来これなしじゃお出かけ出来ない日が来るかも!40年以上の歴史があるDIDYMOSだからこそ、安心して使えるアイテム。一度試してみませんか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP