離乳食の進め方を解説!初期のスケジュールと献立もご紹介!

離乳食の進め方を解説!初期のスケジュールと献立もご紹介!

Bu facebook
Bu twitter

赤ちゃんが少し大きくなって、5~6ヶ月になってくるとそろそろ離乳食を始める時期ですね。

初めての赤ちゃんだと、何をどれだけ食べさせればいいのか、アレルギーにならないか、どうやって進めていけばいいのか…など不安や疑問がたくさんあると思います。

そこで今回は、離乳食の初期段階のスケジュールと簡単な献立について紹介しちゃいます!

離乳食初期っていつごろ?

生後5~6ヶ月の間で赤ちゃんの様子をみて始めましょう!

離乳食を食べる赤ちゃん,離乳食,初期,スケジュール

一般的に離乳食初期は生後5ヶ月~6ヶ月ごろといわれています。首がすわり、支えがあればお座りができる、大人の食べ物に興味を示したり、口をもぐもぐと動かして食べるまねをしていたらもう始めても大丈夫という合図です。

周りのお友達がもう始めているけれどうちの子は遅いかしらと心配になる必要はありません。それぞれの赤ちゃんにはそれぞれのペースがあるので、赤ちゃんに合わせて進めていってくださいね。

アレルギーがあるか心配な場合は?

一時期、アレルギーの対策として離乳食の開始を遅らせるのが有効であると考えられていた時期がありましたが、現在では効果がないという研究結果が出ているようです。

逆に遅らせすぎた方がアレルギー反応が出てしまう可能性が高まるという海外の研究結果もあるそうなので、あまり気にせず離乳食は始めるようにしましょう。

またアレルギーが心配な場合は食材が特定できるように1種類ずつ与え、アレルギー反応が出てもすぐに病院に行けるよう午前中に離乳食を済ますと安心です。

離乳食初期のタイムスケジュール

離乳食の初期は赤ちゃんの状態を優先しましょう

離乳食スタイ,離乳食,初期,スケジュール

離乳食はまず、10倍がゆをなめらかなポタージュ状にすりつぶしたものを1さじ(5ml)与えることから始まります。

1さじとは小さじ1のことで、これを赤ちゃん用のスプーンで5回ほどに分けて少量ずつ口に運んであげましょう。

離乳食を与える時間は1日1度、午前中の赤ちゃんが機嫌の良い時間にします。おおよその時間が決まっていれば、あとは赤ちゃん次第で時間をずらしてもかまいません。

離乳食の初期は食べ物を飲み込むことに慣れることが大切なので、嫌がるようなら無理に食べさせたりせず、赤ちゃんの状態を優先させて大丈夫です。

離乳食を食べ終わった後は、赤ちゃんが満足するまでたっぷりおっぱいやミルクをあげてくださいね。

離乳食 2回食はいつから始める?

離乳食を始めて1ヵ月経ち、赤ちゃんが上手に飲み込めるようになり毎回の離乳食をしっかり食べるようになれば2回食を始めても大丈夫です。

午前中に1回、午後にもう1回と1日2回に増やします。この頃には、食べられるものは欲しがるだけ食べさせてあげてかまいません。

初めてあげる食材だけ、1さじずつ少量から始めることを注意してください。

離乳食初期の注意点

味つけについて

裏ごし,離乳食,初期,スケジュール

離乳食の初期では、素材の味を味わう時期なので味つけは必要ありません。そのため味をつけてあげたい場合は、野菜から出る出汁や無添加の出汁パック、昆布などを利用しましょう。

出汁は離乳食に良く使うので、多めにとって冷蔵庫や冷凍庫で保管しておくと便利ですよ。

食材について

やわらかくつぶせる野菜ならなんでも与えてOKです。豆腐やしらす干し、鯛などのたんぱく質は野菜に慣れてきた頃より1さじから始めます。

なお、卵や乳製品、大豆製品、噛みきれない肉はもう少し経ってからになりますので注意してくださいね。

【離乳食初期の献立(1)】最初の1カ月目

初日

離乳食初日,離乳食,初期,スケジュール 出典:Instagram: aya.fukさん*写真はイメージです

まず10倍がゆをペースト状にしたものから始めます。10倍がゆは、炊飯器で大人のご飯を炊くときに耐熱性のコップを中心におき、お米大さじ1、水大さじ10を入れてそのまま普通に炊くと簡単に作れますよ。

残った分は冷蔵庫や冷凍庫で保管して、数日中に使い切るようにしてくださいね。水とお米の量を調節することでおかゆの量を増やしたり、10倍がゆから7倍がゆ、5倍がゆなどにステップアップするときにも対応できますよ。

1週間目

離乳食4日目,離乳食,初期,スケジュール 出典:Instagram: mogu2_yさん*写真はイメージです

ペースト状にしたおかゆを1~2日目は1さじ、3~4日目は2さじ、5~7日目は3さじというように徐々に増やしていってください。

もし途中で嫌がるようでしたら無理に全部食べさせなくてもかまいませんよ。

2週間目

離乳食10日目,離乳食,初期,スケジュール 出典:Instagram: 0908_sukeさん*写真はイメージです

2週目からは野菜を少しずつ増やしていきます。離乳食初期に良く使われる野菜としては、ニンジンやジャガイモ、ホウレン草、カボチャ、カブなどでしょうか。

これらはすべて、やわらかくゆでてからすりつぶしてペースト状にします。赤ちゃんが食べにくそうな場合は片栗粉でとろみをつけてあげるといいですよ。

野菜はおかゆ3さじにプラスする形で1種類、1さじから始めましょう。どの野菜から増やしていくかは、季節によって旬のものなど手に入りやすいものを使うのがいいと思います。

赤ちゃんは少量ずつしか食べられないため、ゆでたものを小分けにしてから冷凍しておくと便利ですよ。

3週間目

離乳食15日目,離乳食,初期,スケジュール 出典:Instagram: ttosssyさん*写真はイメージです

3週目に入ると、たんぱく質を少しずつ取り入れていきます。離乳食初期に使えるたんぱく質といえば白身魚か豆製品になりますが、まずは豆腐や黄な粉などがあたえやすいです。

白身魚でもタラはアレルギーを起こしやすいため、離乳食の初期は控えた方がいいでしょう。また、おかゆなどの慣れてきた食べ物はそろそろ多めに食べさせても大丈夫。

たんぱく質もおかゆや野菜同様、1さじからゆっくりと増やしてあげてください。たんぱく質を増やす日は野菜を増やさないことも大切ですよ。

おかゆと野菜が1~数種類、たんぱく質が1種類が基本の形となります。

15日目はおかゆ5さじ+カブ1さじ+豆腐1さじ、16日目はおかゆ5さじ+カボチャとカブを2さじ+豆腐1さじなど、増やすと決めた食材以外は今までに食べたことのあるものを自由にあげてくださいね。

4週間目

離乳食2回食,離乳食,初期,スケジュール 出典:Instagram: icchinmanさん*写真はイメージです

この頃は赤ちゃんもだいぶ離乳食になれてきます。とてもよく食べる赤ちゃんは、この時期くらいから2回食に変更しても大丈夫です。

食べるのがあまり好きではない赤ちゃんもあせらずゆっくり進めてくださいね。

【離乳食初期の献立(2)】2カ月目

2回食が始まるため、組み合わせてバリエーションを増やしましょう

,離乳食,初期,スケジュール 出典:Instagram: mil_taichuckさん*写真はイメージです

離乳食に慣れてくると赤ちゃんの好みも少しずつわかってきますよね。嫌いで吐き出すものやよく食べてくれるもの、様々あると思います。

でも嫌いなものも少しは食べてもらいたい!そんな時はおかゆに混ぜたり、好きなものに嫌いなものを少しだけ混ぜてみたりと、何種類かを組み合わせて食べさせてみてください。

この時期の赤ちゃんは食感で嫌いな場合も多いため、別のものに混ぜると食べてくれたりしますよ。

我が家の兄弟も、嫌いなものもおかゆと一緒なら喜んで食べてくれました。ホウレン草+おかゆやポテト+おかゆなどはおすすめです。タイやヒラメなどの魚もおかゆに混ぜると食べやすくなりますよ。

野菜スープは離乳食におすすめ

離乳食野菜スープ,離乳食,初期,スケジュール 出典:Instagram: mogcookさん*写真はイメージです

食べられる野菜も増えてくるので、複数の野菜を使ったスープも重宝します。玉葱やニンジン、キャベツ、大根など3~6種類程度の野菜を細かく刻んで鍋に掛けるだけで簡単野菜スープの出来上がりです。

こちらは離乳食初期から後期まで使えますし、野菜不足の解消もできていいですよ。玉葱は煮込むと甘みが出るため、入れると赤ちゃんの食べがよかったです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。1人目の赤ちゃんはゆっくりと、2人目以降の赤ちゃんは少し早めになることも多いようです。

実際我が家の兄弟も、1人目はとても慎重でしたが、2人目は私の目を盗んで食べさせる兄がいたため、少々ハイスピードで進んでいった気がします。

離乳食の進め方はあくまで目安となるため、参考にしつつも赤ちゃんとママのやり方やペースで焦らず進めてくださいね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP