子ども同士のオモチャの取り合い、その時、親はどう見守るべき?

子ども同士のオモチャの取り合い、その時、親はどう見守るべき?

Bu facebook
Bu twitter


児童館や支援センターへ遊びに出かけるお母さん達が、お子さんの成長と共に抱える悩みの1つに「子ども同士のオモチャの取り合い」があります。
1歳、2歳の子どもは、自我が芽生え、イヤイヤ期がスタートする時期でもあります。
しかも、その月齢では「譲り合い」や「我慢」を理解させるのもまだ早いですよね。
「どうぞ」「貸して」という言葉を教えることはできても、子ども同士のことなので、渡したくない!という気持ちが強く、叩いたり、突き飛ばしたりするようなことに発展することもあります。
子どもが怪我をするようなことがあってはいけないので、親はしっかりその場を見守っている必要がありますが、このような状況で、自分の子どもと相手の子どもに対して、どのように接することが正解なのでしょうか。

多くのお母さん達がぶつかる悩み、ママスタの先輩お母さん達の意見をご紹介したいと思います。

■先輩お母さん達の対処法。

「いま遊んでるからもう少し待ってね」と言うかな。
そばにその子のママがいたら「すいません」でいいと思うけど。
貸す、借りる、まだ理解出来るか出来ないかって年齢だし、今一生懸命に遊んでいる物を他の子に貸すとしても、夢中になっている時は無理だわ。

うちはだいたい自分で「嫌!まだ使ってる!」って言うから「ごめんね、まだ使ってるんだって待っててね」って言う。それかミニカーとかキッチングッズとか数あるものならみんなのだからね、って諭す。
我が子からむしり取ってまで他の子に貸すようなことはしない。

まずは見守る。
自分の子がまだダメ!とか言ったら代弁する。
でも自分の子がずっとそのおもちゃを独占していたり、相手が自分の子より小さい子だったら、貸してあげたら?って言うこともある。

「お友達が遊びたいんだってー。どーぞ出来るかなー。」って言って娘の反応をみる。
いやって言ったら、相手の子どもに「ごめんねー。まだ遊びたいみたい。」って謝って、別のオモチャを渡してみる。
■トラブルを避けて、我が子に我慢をさせるのはNG

実際、子ども同士がおもちゃの取り合いを始めた場合、トラブルになることを気にしてしまいますよね。
著者もそうですが、つい我が子に「はい。お友達にどうぞしようね」と、我慢させるようなことを言ってしまいます。
しかし、そう言われた子どもは「どうして私が我慢しなくてはいけないの?」と理不尽さを感じるだけになるようです。
その理不尽さは、子どもにとって何の成長にもつながらないということを知り、対処法について考えるようになりました。

このような場合は、まずは子ども達の様子を見守ることが大切なようです。
叩いたり、怪我をさせてしまいそうな場合はもちろん注意をしなくてはいけませんが、子ども同士でどのように対応するかを見守りましょう。
1歳半を過ぎれば、まだ言葉は話せなくても、言われていることは理解できるようになるので、その状況を説明し、解説してあげることで子どもは理解していくことができるようです。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP