抱っこで太くなってしまった二の腕をスッキリさせる簡単エクササイズ

抱っこで太くなってしまった二の腕をスッキリさせる簡単エクササイズ

Bu facebook
Bu twitter
二の腕を摘む女性

© hanack - Fotolia.com


赤ちゃんママの悩みとして、「抱っこで二の腕がたくましくなってしまうこと」を挙げる人も多いはず。「抱っこや重い荷物で二の腕に筋肉がついてしまった」という声もよく聞かれます。

そのまま放置していると、抱っこが必要なくなったときに、太さはそのままでたるんでしまうことになりかねません。簡単エクササイズで、スッキリ引き締まった二の腕を手に入れましょう。

■インナーマッスルを鍛えて、ほっそり二の腕を手に入れる
子どもの抱っこで筋肉がついてしまい、いつの間にかガッシリたくましい二の腕になってしまった…。そんなとき、ただ筋肉を落とそうとすると、筋肉の衰えとともに基礎代謝も落ちてしまうことに。脂肪もつきやすくなり、たるんだ“ふりそで状態”になりかねません。

大切なのは、体の深層部の筋肉(インナーマッスル)を鍛えること。ガチガチの筋肉である、体の外側の浅層筋ではなく、内側にある深層筋を鍛えれば、しなやかでほっそりとした、女性らしい二の腕を目指すことができるのです。

■家事や仕事の合間に 簡単ねじりエクササイズ
二の腕のインナーマッスルを鍛えるおすすめの方法が、1日5分でOKの二の腕ねじりエクササイズです。家事や仕事の合間に簡単にできるので、毎日の習慣にしてみてくださいね。

1.背筋を伸ばし、足を軽く開いて立ちます。

2.ひじを伸ばして、体からボール1つ分くらいを開けて両腕を広げます。手のひらを正面に向け、視線はやや遠くを見るようにしましょう。

3.鼻から息を吸いながら、二の腕をつかって手のひらが外側を向くように腕をねじります。

4.息を口から吐きながら腕を内側にねじって元の位置に戻します。これで1回です。

10回を1セットとして、1日2セット行ってみてください。二の腕だけでなく、背中のぜい肉や猫背の予防、デコルテの引き締めにも効果的です。
 

■荷物の持ち方をひと工夫して、二の腕を細く
子育て中のお出かけは、何かと荷物が多くなるもの。その荷物も、持ち方を少し工夫すれば、立派な二の腕エクササイズになります。

バッグは肩にかけるのではなく腕を伸ばして持ち、そのまま体のやや後ろに荷物を引きます。きつくなってから10秒ほどカウントしたら、反対側の腕に持ちかえて。左右交互に、同様に行ないましょう。
思い出したときに行なえば、子どもとのお出かけや通勤時間を、エクササイズタイムとして賢く活用できますね。

また、エクササイズに慣れてきたら、マッサージもプラスしてみましょう。入浴後などにオイルを使い、ひじから脇に向かって二の腕の筋肉をもみほぐすようにマッサージします。リンパの流れや血行が促され、脂肪もたまりにくくなりますよ。
(加藤 朋実)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP