あなたのしつけ『押しつけ』になってない?チェックしたい5つのポイント

あなたのしつけ『押しつけ』になってない?チェックしたい5つのポイント

Bu facebook
Bu twitter
おしつけ

子供の育て方は、家庭によって千差万別。しかし、しつけが親の重要な役割であることは変わりありません。今回は、子供をよりよく導くための「しつけ」について考えてみましょう。

「いい子」ってなに?

誰しも自分の子供に対し、「いい子に育ってほしい」「他人からいい子だと思われたい」という願望があることでしょう。しかし、「いい子」の定義は人によりまちまち。危険なのは、親の言うことをよく聞く子供が「いい子」で、親の言うことを聞かせることが「しつけ」であると思い込んでしまうことです。

「うちの子は手がかからなくて助かるわ」 「聞き分けがよくてワガママなんて言わないの」

こんなお子さんは、一般的には「いい子」と思われるでしょう。しかしもしかしたら、親の顔色ばかりうかがって感情を押し殺しているのかもしれません。親の言いなりになることに慣れて、行動力が薄れ無気力になっているのかもしれません。これは「いい子」ではなく、親にとって「都合のいい子」であることを求めた結果なのです。

子供はそもそも、好奇心にあふれる自由奔放な存在。じっと我慢することは苦手で、大人に迷惑をかける方がむしろ自然です。子供の性質は十人十色で、「どんな子供もいい子」であることをまずは理解しなければいけません。

これってしつけ?それとも押しつけ?

それでは、しつけとはどうあるべきなのでしょうか。しつけとは、恥ずかしくない一人前の大人として、自立できるようにするための準備です。親にとって「いい子」であることを子供に強要したしつけは、「押しつけ」にすぎません。

自分のしつけが押しつけになっていないか、誤ったしつけをしていないか、以下の5つのポイントをチェックしてみましょう。

1.命令口調

「○○しなさい」という命令が口癖になっていませんか?子供の生活を支配し、管理するのはしつけではありません。

2.なんでも禁止してしまう

「危ないからダメ」「言うこと聞かないなら取り上げる」と何でも禁止してしまうと、子供の好奇心が削がれます。子供のチャレンジや楽しみを遠くから見守ることが大切です。

3.期待しすぎる

成績がいい、スポーツが得意、そんなお子さんに対し過度な期待を持って結果を求めることも禁物です。どんなに頑張っても「次はもっと上を目指そう」「あなたならできる」、そんな対応をされれば子供の意欲はすり減ってしまいます。「私はピアノが得意だったからあなたもできるはず」といった、自分本位の見栄や理想で子供を振り回すことはしつけとは言えませんね。

4.子供の価値観を無視

子供の考えが自分と違うからといって、頭ごなしに否定するのはよくありません。子供の話を常に受け入れないでいると、親に合わせることばかり考えたり、嘘をついたりすることが癖になってしまいます。自分で未来を切り開く強い心が育ちません。

5.手助けしてしまう

着替えに時間がかかるので毎回手伝ってしまう、友達となじめない様子の時はつい声を掛けてしまう……そんな方も要注意。子供には自分のペースがあります。良かれと思って手を出しすぎて、子供から達成の満足感や自立心、社会性を身に付けるチャンスを奪うことになります。

こんな時どうする?GOODなしつけ・NGなしつけ

子育てでよくある場面で、良いしつけ・悪いしつけの例をご紹介します。大切なのは、「子供の自我を尊重する」ことです。

おやつを際限なく食べたがる

【NG】 おやつを買うのを止めてしまう。泣きわめいているのに無理に止める。別のことで気をそらす。

【GOOD】 食べてはいけない理由を説明する。「夕ご飯が食べられなくなっちゃうよ」 ルールを決める。「虫歯になっちゃうから、おやつの時間だけにしよう」「1日○個にしよう」

友達に暴力をふるう

【NG】 頭ごなしに叱りつける。理由も聞かず相手に謝らせる。

【GOOD】 なぜ叩いたのかを根気よく聞き、叩く以外の解決法を教えてあげる。

片付けができない

【NG】 やり方も指示せずに「片付けなさい」とだけ言う。

【GOOD】 まずは、家が片付いているかチェック。他の場所が整っていれば、散らかっているところがよく分かる。子供でも片づけやすい工夫(ワンアクションで片付けられる、ラべリングなど)をする。片付いているとどんな利点があるか説明する。「忘れ物をしなくなる」「気持ちがいい」など。

公共の場で騒ぐ

【NG】 叱りつけて黙らせようとする。お菓子やおもちゃ、スマホで気をそらす

【GOOD】 出かける前に、公共の場所では騒いではいけないこと、その理由を説明する。「大切なお話をしている人もいる」「寝ている赤ちゃんもいるかもしれない」など。外出スケジュールの中にお子さんが思いっきり体を動かせる時間を作れるといいですね。

「しつけ」を「押しつけ」にしないためのポイントについてご紹介しました。子供のためにと思ってしていることが、実はマイナスになっていることも……。定期的に自分のしつけを振り返ってみることが大切です。

参考URL Casyジャーナル「「いい子」ってなあに?子供の自立心を奪う3つのしつけ方」 Wooris「実は大人にとっての「いい子」は将来の問題行動の前兆?」

関連コラム

習い事をはじめる前に!体験教室ではどこをチェックする?
どうする?仲間はずれにした・された時の対応
母親以外の大人がカギ!?子供の学習時間はこうして伸ばす!
子供の科学が学べるWEBサイト「コカねっと」

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP