気になるブライダルチェックの費用とは?保険は適用されるの?

気になるブライダルチェックの費用とは?保険は適用されるの?

Bu facebook
Bu twitter

「ブライダルチェック」という言葉をご存知ですか?以前は「婚前検診」などとも呼ばれていた「ブライダルチェック」は、自分や相手が将来的に赤ちゃんを産むにあたって異常がないか、結婚前に健康診断のようなかたちでチェックできる検診のことです。今回は、そんなブライダルチェックについてお話したいと思います。

■気になるブライダルチェックの費用と内容とは?

一般的に、ブライダルチェックの費用は2万円~4万円くらいです。ただし、検査を受ける病院によっては基本検査料金があったり、どんな検査を受けるのか・追加(オプション)の検査はあるのかなどにより金額が変わってくるようです。検査を受けられる場所は、レディースクリニックなどの婦人科を受診できるクリニックや病院などです。女性医師に診てもらいたい!などの要望がある場合は、事前に確認しておくといいでしょう。

ブライダルチェックの内容に関してですが、主にどんな検査をするのか、以下にまとめてみましたのでご確認ください。

1.病歴・月経周期・生活習慣などについての問診
2.膣内・おりもののなどの状態を検査する内診
3.感染症ではないかを確認する血液検査
4.子宮・卵巣の超音波検査
5.腎臓病や糖尿病ではないかを確認する尿検査
6.子宮がん・子宮頸がん・乳がんなどの検査

ただし、検査を受けるクリニックまたは病院によって、超音波検査・がん検査などはオプション検査扱いとなったり、血液検査に関しても検査項目により料金が変わってきたりするようです。まずは一度、婦人科を受診のうえ、自分にはどんな検査があっているのか、何を調べたほうがいいのか、医師と話し合ってみてはいかがでしょうか?

■ブライダルチェックの重要性とは?

また、ブライダルチェックを受けたほうが良い理由については、以下のようなことが挙げられます。ブライダルチェックによって、「自分は妊娠しやすいのか、しづらいのか」や「生まれてくる赤ちゃんにとって、悪影響となる要因がないかどうか」をあらかじめ知ることで、たとえ検査の結果が悪かったとしても、早期治療や生活習慣の改善などに取り組むことができるためです。近年では、男性のブライダルチェックも進んできていますので、2人一緒に受診なんて方もいます。その場合の料金は、だいたい4万円~8万円ほどが一般的なようです。妊娠に関わるさまざまなリスク軽減につながりますので、結婚前にブライダルチェックについて話し合ってみると良いでしょう。たとえ結婚後であっても、なかなか赤ちゃんを授かれないな……という方は一度検診を受けてみてもいいかもしれませんね。

■健康保険は適用されるの?

ここまで、ブライダルチェックの費用や内容、重要性についてお伝えしてきました。なかには、「検診費用が高いな!」と感じた方もいらっしゃるかと思います。なぜブライダルチェックの費用は、検査だけにも関わらず、2万円~4万円と高めなのでしょうか?

実は、ブライダルチェックは健康保険が適用されません。一般的な健康診断と同じ扱いで、病気の治療ではないため、ブライダルチェックは全額自己負担となってしまうのです。先ほど挙げた検査内容のうち、子宮がん検診や乳がん検診など市区町村で補助金が出るものもありますので、市区町村が推奨しており補助金が出るような検査に関してはそちらで受けても良いかもしれませんね。もちろん、受診のタイミングによっては検査結果が出る時期にズレが生じてしまうかもしれませんが、検査しないよりはしておいたほうが安心できますし、安く済ませることができお得感もありますよね。

■ブライダルチェックを受けたら、保険加入時に申告しないといけないの?

いざ結婚することになった場合、多くの方が生命保険などの加入を検討しますよね。病気を持っていたりすると保険に入れない……なんて聞いたことがあるかと思いますが、ブライダルチェックで何かしらの異常が見つかった場合はどうなるのでしょう?やはり、保険への加入が難しくなってしまうのでしょうか?

実はその通りで、保険会社指定の病気を持っていたりすると、なかには加入が難しくなってしまうものもあり、加入前にそれがわかっている場合には必ず申告しなければなりません。よって、保険の加入を検討している方は、ブライダルチェックの前に、まずは保険のプロであるファイナンシャルプランナーに診断してもらいましょう。保険は、万が一に備えるものです。無事に赤ちゃんを授かれても、トラブルがあり帝王切開(手術)に……なんて時には給付を受けられる場合もありますので、自分はどのようなものに加入しておいたほうが良いのかなど、ぜひ相談してみてくださいね。

近年では、妊娠時に胎児に異常がないか・病気を持っていないかなどを調べる「出生前診断」や、不妊治療の進歩など、昔と比べて、無事に健康な赤ちゃんを産みやすい環境になっていると思います。たとえ、ブライダルチェックの結果が悪くても、やはりそのような現状を先に知っているのと知らないのとでは、心構えが違うのではないでしょうか。このコラムを読んで、ブライダルチェックを受ける勇気が出た!という方がいらっしゃいましたら嬉しいです。みなさんが、かわいい赤ちゃんを授かることができますように、お祈り&応援しております!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP