夏休みの宿題の定番、読書感想文でアウトプット力を鍛える!

夏休みの宿題の定番、読書感想文でアウトプット力を鍛える!

Bu facebook
Bu twitter
読書感想文 アウトプット

ゴールデンウィークも終わり、子供たちにとって次に待ち遠しいのは夏休み。夏休みといえば、読書感想文の宿題がつきものですよね。文章を書くのが苦手な子供や、本を読む習慣がない子供にとっては、読書感想文はつらい宿題です。なかなかやる気になれず、後回しになってしまうことも多いようです。

しかし、読書感想文を書くことは、読んだ本の内容を自分なりに理解し、それを自分の言葉でアウトプットする訓練になり、将来的に小論文などの文章を書く力の基礎となるので、夏休みだけでなく普段から読書感想文を書くトレーニングを子供に積ませてあげると良いでしょう。

今回は、アウトプットする力を鍛えるための読書感想文の書き方についてご紹介しましょう。

楽しく読書感想文を書くには本選びから

読書感想文コンクールの課題図書というものもありますが、そこにこだわる必要はありません。子供の年齢に合っていて、子供自身が興味を持てる内容の本を選ぶことが大切です。

本を読みながら、子供自身が「おもしろかった!」「感動した!」「悲しくなった」など心が動かされるような本であれば、自然と感想文が書けるのではないでしょうか。その本のどこが楽しかったのか、本を読んでどんなことを考えたのか、子供が素直に表現することが、読書感想文を書くための第一歩であり、アウトプットの基本なのです。

小学校低学年の子供なら、挿絵の多い読みやすい本でも良いでしょうし、本を読むことが苦手な子供であれば図鑑などでも良いかもしれませんね。

読書メモをつけながら本を読んでみよう

読書感想文を書こうと思って本を読み始めても、1冊読み終わったときに、感動した部分や、考えさせられた部分の詳細を忘れてしまうことも多いでしょう。

しかし、その場面でどうして感動したのか、どんなことを考えたのかが、読書感想文を書く上でとても大切なことですから、本を読みながら、「ここだ!」という部分を忘れないようにメモしておきましょう。

子供に付箋を渡して、本を読みながら感動した部分にマークしていっても良いかもしれませんね。その付箋には「この場面を読んでどう思ったのか」メモしておくようにすると、読書感想文を書くときにとても役に立ちます。

効果的にアウトプットするには構成力が決め手!

読書感想文で、子供が本から感じたことをアウトプットし、より効果的に人に伝えるためには構成力が重要です。

子供たちは、まず読書感想文の書き出しに頭を悩ますかと思いますが、例えば、第一段落では、『その本を読書感想文の題材として選んだ理由』や『本との出会い』について書いてみましょう。

第二段落では簡潔に『その本のあらすじ』を紹介してみましょう。ここであまりに詳しく内容を書いてしまうと、それだけで字数が埋まってしまい、肝心な感想がしっかり書けなくなってしまうので注意が必要ですよ。

第三段落では、いよいよ内容についての子供の感想を書いていきましょう。ここで、先ほどご紹介した『読書メモ』が役に立ちます。

最後はまとめの最終段落。この部分では、本を読んだことによって、自分はどんな影響を受けたのか、どういったことを学んだのかを書いてみるようにしましょう。

どんな本にも作者が伝えたいことがあるはずなので、それを読み取るように心がけながら本を読むとより良いでしょう。しかし、読書感想文には「これが正解!」というものはありません。子供が素直に自分の思ったことをアウトプットできるようにすることが最も大切だということを忘れてはいけません。

書き終わったら終わりじゃない!読み直してみることを忘れずに。

読書感想文を書き終えたら、子供と一緒に読み直してみましょう。

“てにをは”がおかしくないか、主語と述語の関係が変になっていないか、誤字脱字はないか、子供が表現したいことが読み手に伝わる文章になっているかを確認しましょう。

文法や、文字の間違いは、子供自身が気づくこともできるかもしれませんが、読み手に伝わる文章かどうかは、子供には判断が難しいかもしれませんね。

そんなときこそ、パパやママがチェックしてあげて、ちょっとしたアドバイスやヒントをあげましょう。

読書をすることも、その感想を文章としてアウトプットする訓練をすることも子供にとってはメリットが多いことです。「宿題だから」と仕方なく読書感想文に取り組むのではなく、普段から簡単な読書感想文を書く練習をすると良いでしょう。

まだ小さい子供や、本が苦手な子供にとっては、一冊の本を読み切ることも、感想文を書くことも難しいかもしれません。

そんなときは、親がとなりで一緒に本を読んであげたり、「この場面では○○ちゃんはどう思った?」などと子供の感想が出てくるように促したりしながら、上手にサポートしてあげられると良いですね。

参照/ Z会作文クラブ「読書感想文4つの鉄則」 マーミー【小学生の読書感想文】本選びのコツ&書き方のポイント8

関連コラム

「子供のため」が逆効果に!先回り行動をやめて子供の力を伸ばそう
昔とは違う?今だからできる習い事
子供に宿題をやらせると悪影響ってホント?
試さないのはもったいない!音楽が子供に与える驚きのメリットとは

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP