【2歳オススメ絵本】絵本9選とその選び方、教えます!

【2歳オススメ絵本】絵本9選とその選び方、教えます!

Bu facebook
Bu twitter
リズムの楽しさを大切にしながら、少し世界が広がるような絵本を読んでみましょう!
【1】きんぎょが にげた


「きんぎょがにげた」「どこににげた」金魚鉢から逃げだした金魚は、カーテンのもようの中に隠れたり花の中に隠れたり。子どもたちの大好きな絵さがしの絵本。最後の方は大人も一生懸命きんぎょを探してしまいます。
きんぎょが にげた
【2】やさいのおなか


「これ なあに」何だか不思議な形のシルエット。これは、いったい何でしょう。さて、次のページを開くと…。そうです、やさいの断面なのです。やさいの「おなか」って、こんなに不思議な形だったんです。ネギ、トマト、タケノコ、レンコン、キャベツなど身近なやさい11種類の「おなか」が次々と登場します。
やさいのおなか
くだもの なんだ
【Point!】 子どもと一緒にゲーム感覚で楽しめる絵本はこの時期からがおすすめです。リズム感のある繰り返しがポイントです!
【3】わにさんどきっ はいしゃさんどきっ


歯医者さんが怖いワニさん、ワニさんにおびえる歯医者さん。 1人と1匹のせりふが最後まで全く同じ!リズミカルな言葉の繰り返しがおもしろい1冊です。
わにさんどきっ はいしゃさんどきっ
【4】ぞうくんのさんぽ


子どもには子どもの「笑いの世界」があるんだなと感じさせられる1冊です。 なぜ上に乗っかっていく!?
ぞうくんのさんぽ
【5】ちびゴリラのちびちび


森のアイドルちびゴリラのちびちび。 その愛情は、ちびちびが大きくなっても少しも揺らぐことはありません。 「大好き」が繰り返される心温まるお話です。
ちびゴリラのちびちび
【6】あかいかさ


動物たちを傘に入れてあげるにつれて傘がどんどん大きくなっていく、ほのぼのとしたお話です。 絵も素朴でたまごボーロのようなかわいさです。
あかいかさ
【Point!】 2歳になると単純なストーリーのお話も楽しめてきます。
【7】どこで おひるね しようかな


イラストは「ぐりとぐら」で有名な山脇百合子さん。 おなかいっぱいになったぞうさんやうさぎさん、しずかできもちのいい風のふく、おひるねの場所をさがします…。きょうもいいところが見つかるかな?
どこで おひるね しようかな
【8】せっけんつけてぶくぶくぷわー


ことちゃんは洗濯が大好き。今日も、せっけんつけて、もくもくもく、ごしごしごし…。そこへ、ねこのねえこやみいこ、りすくんやうさぎさん、くまさんも来て、みんなでいっしょに洗濯することになりました。ところが洗濯物を干したらすごい風! 飛んでしまった洗濯物をみんなで追いかけて、つかまえて、着てみると…あれれ?
せっけんつけてぶくぶくぷわー
きょうのおべんとう なんだろな
くまさんくまさん
【Point!】 ごはん、トイレ、おひるね、お洗濯など…身の回りのことや生活の様子が楽しく、そしてかわいく描かれている絵本は、あれもこれもやってみたい好奇心旺盛な子どもにぴったりです。絵本に出てくる動物たちのまねっこして楽しみます。
【9】ロージーのおさんぽ


“絵で語る”絵本です。 夕食前のお散歩をしている、めんどりのロージーとロージーを狙っている、きつねのお話。 かなり深いです。
ロージーのおさんぽ

Last 2
いかがだったでしょうか。この時期の絵本は「リズム」と「繰り返し」がポイントです!親子で楽しめる絵本がたくさんありますね。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP