「今から準備」が成功のコツ!“年末の大掃除”をグッと楽にする方法3

「今から準備」が成功のコツ!“年末の大掃除”をグッと楽にする方法3

Bu facebook
Bu twitter

20160804・ソ1.jpg
大掃除ってどうしてますか?年末の寒い中、「あと○日!」と追われながらせっせとやっているでしょうか?

1年間の汚れを1日やそこらで落とすのは大変ですよね。そこで、今年は今から週に1回“1日1カ所掃除”を始めてみませんか?
大掃除がラクになるのはもちろん、例えばアクシデントに見舞われて「大掃除終わらなかった~」ということもなくなります。
しかも、寒くなるほど落ちにくくなる油汚れなど、今時期に手を打ったほうがいいものもあります。

というわけで、今から年末まで“1日1カ所掃除”のおすすめポイントがこちら!

1)夏服の衣替えついでに「クローゼット掃除」でダニを撃退!

秋は夏に繁殖したダニの死骸が増える時期で、アレルギーの原因になることも。衣替えのついでに、クローゼット内を拭き掃除しましょう。
寝室やベッドまわりにもダニが多いので同様に。また、衣替えで不要になった衣類は大掃除用のぞうきんにするといいでしょう。

2)頑固な汚れはプロに依頼するのも手。早期依頼なら割引も!
換気扇やエアコン、浴室、キッチンなど、自分では対処しづらい頑固な汚れは、プロに頼んでしまうのも手。
そのあとの掃除が劇的にラクになります! 年末は混むので、11月前半くらいまでに依頼するのがおすすめ。早期割引している場合もあるので要チェック!

3)年末の1日は「家族総出で大掃除をする日」と決める
年末の家族がそろう1日を「大掃除デー」にして、早めに予定を組みましょう。
この日はリビングを一気に掃除し、パパは高い位置の照明、子どもは机やいすの脚拭きなど、役割を決めておくといいでしょう。
家に対する感謝の気持ちがわき、家族の絆も強まります!
いかがでしたか? 「年末まで毎週掃除」と聞くと大変と思うかもしれませんが、掃除するたびに達成感を得られるため、案外気分よく続けられるもの。
寒くなるとちょっとツライ窓や水まわりの掃除も、早めに始めるといいかもしれませんね♪
 


参照:『サンキュ!』10月号「9月から年末までの整理整頓で成功するコツ」より一部抜粋 監修/髙橋敬子、イラスト/カトウナミエ、取材/草野舞友、文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP