【母子の絆は一生涯の宝物】へその緒のケア方法&保管方法まとめ

【母子の絆は一生涯の宝物】へその緒のケア方法&保管方法まとめ

Bu facebook
Bu twitter

赤ちゃんとママのパイプ役だったおへそ。産後、大切な役目を終えたへその緒を記念に置いておきたいというママは多いのではないでしょうか。へその緒の取れ方からホームケアの方法、保管方法までご紹介します。

気になる!へその緒がとれる時期

出産時に切られたへその緒。
赤ちゃんについているへその緒は、退院時までにポロっと取れる赤ちゃんもいれば、取れないまま退院する赤ちゃんもいます。一般的には、乾燥して産後3週間ほどで自然に取れることが大半です。

なぜ、取れる期間の長さがこんなに違うのでしょうか?
日本助産師会監修のホームページ「助産師マタニティサポート」にはこのように書かれています。
へその緒の血流が止まって血流がほとんど残っていない状態で切った場合は、へその緒がクリーム色をしています。
へその緒に血流が溜まった状態で切った場合、残っている血液がおおいのでへその緒が黒色をしています。
血流が多いと乾燥に時間がかかるため、黒いへその緒の方が、取れる日が遅くなる傾向があります。
なるほど!理由は、助産師によるへその緒を切る時の処置の違いのようですね。
へその緒が取れないからといって、気にする必要はなさそうです。

また、へその緒が産後3週間以上取れない場合でも、赤ちゃんの様子に気になる点がないようであれば、産後1ヶ月までは様子を見てください。産後3週間でへその緒が取れるというのはあくまでも平均的な数字です。もし、産後1ヶ月が経っても取れない場合は、1ヶ月検診でお医者さんに相談してみましょう。

助産師直伝!へその緒が取れるまでの正しいホームケア

では、へその緒が取れるまで、赤ちゃんのおへそについているへその緒はどのようにケアすればいいのでしょうか?
日本助産師会監修のホームページ「助産師マタニティサポート」にも正しいホームケアが書かれています。
へその緒が取れて乾燥したおへそになるまで、毎日アルコールで消毒します。
消毒する場所はへその緒本体ではなく、おへそとへその緒の境目。へその緒の根本です。
へその緒を少し持ち上げ、アルコールをつけた麺棒で、おへそとの境目をぐるっと一周拭くように消毒しましょう。
へその緒を少し持ち上るのが「怖い」とおっしゃる方もいますが、赤ちゃんのおへそを早くきれいにしてあげるために、勇気を出して、めくる様な感じで、ゆっくりそっと持ちあげましょう。
おへそをいじられて不快な表情をする赤ちゃんもいるので、必ず「おへそをキレイにするよ」と声を掛けてからへその緒を持ちあげましょう。
おへそが赤くなり、膿が出たり、赤ちゃんが痛そうにしている場合は、必ず出産施設に診てもらってください。
デリケートなおへそだからこそ、常に清潔にしてあげたいですよね。新米ママはぜひ、助産師直伝のこちらの方法を参考にしてくださいね。

記念に残しておきたい!取れた後のへその緒の保管方法

取れたばかりのへその緒は、まだじくじくと湿っています。そのため、まずは乾燥させる必要があります。十分に乾燥させる前に箱に直してしまうと、カビや腐敗の原因に。
まず、取れたへその緒は、清潔なタオルやガーゼの上に置き、湿気の少ない場所に置いておきましょう。10日ほどたつときれいに乾きます。乾燥させたら、へその緒ケースに入れて保管しましょう。
記念に残しておきたいへその緒。一生に一度のものだからこそ、最善の状態できれいに保管しておきたいというママに、おすすめのへその緒ケースを紹介します。

へその緒ケース(ディズニー)|通販のベルメゾンネット

3,324(税込¥3,589)
桐の箱で作られており、プラスチック製や布製の箱に比べて保管に優れています。低い湿度を保つことができるためカビが生える心配もなく、防虫効果も抜群。また、桐箱には焼き印でお名前と生年月日を記すことができ、桐箱をしまえるケースも付いているため、一生涯の宝物としての保管に大変おすすめです。

一生涯の宝物!へその緒は大切に保管しよう

へその緒は赤ちゃんとママがつながっていた証。将来、子どもにへその緒を見せてあげると喜んでくれるかもしれません。一生に一度のものだからこそ、最善の状態でへその緒を保管しておくことをお薦めします。

元のページを表示 ≫

関連する記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP