“アレ”を使えば丸めるのも簡単! 「チーズインライスボール」

“アレ”を使えば丸めるのも簡単! 「チーズインライスボール」

Bu facebook
Bu twitter
運動会や遠足などの行楽シーズン。

子どもとの行事やお出かけの際のお弁当にぴったりのご飯レシピを見つけました!

コロコロとまあるい形をコロッケのようにフライにしたライスボール。中から出てくるチーズとの相性もばっちり。

なにより、丸める作業が身近にある「アレ」を使えばびっくりするほど簡単に!

出来上がりだけでなく、作る過程もお子さんと一緒に楽しんでみてはいかがでしょう?


チーズインライスボール

調理時間20分 1個104Kcal

「アレ」を使えば丸めるのもカンタン楽しい!「チーズインライスボール」

レシピ制作:料理カメラマン 横田真未



<材料 6個分>
ご飯 200g
玉ネギ 1/2個
バター 5g
<調味料>
 パルメザンチーズ 大さじ1
 顆粒スープの素 小さじ1/2
 ケチャップ 大さじ1
 粗びき黒コショウ 少々
キャンディーチーズ 6個
小麦粉 適量
溶き卵 1個分
パン粉 1/2~1カップ
揚げ油 適量
ドライパセリ 少々


<作り方>
1、玉ネギはみじん切りにして耐熱ボウルにバターと共に入れてラップをし、電子レンジで2分加熱する。
「アレ」を使えば丸めるのもカンタン楽しい!「チーズインライスボール」

2、(1)のボウルにご飯と<調味料>の材料を入れて混ぜる。洗った卵のパックにご飯を半量入れ、くぼみにキャンディーチーズを入れる。
「アレ」を使えば丸めるのもカンタン楽しい!「チーズインライスボール」

ヒント! 
卵のパックは半分に切り離すと作業がしやすいです。


3、残りのご飯を片側の卵パックに入れて二つを合わせて軽く振る。丸くなったら手でしっかりにぎり、小麦粉、溶き卵、パン粉を付ける。
「アレ」を使えば丸めるのもカンタン楽しい!「チーズインライスボール」

4、180℃に熱した揚げ油に(3)を入れて、きつね色になったら器に盛り、ドライパセリを振る。
「アレ」を使えば丸めるのもカンタン楽しい!「チーズインライスボール」

コツ・ポイント ・電子レンジは600Wを使用しています。



玉ネギはレンジでチン。その他の材料や調味料もボウルで混ぜ合わせるだけなので、フライパンや火を使わずにできます。


(フジノアサコ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP